母性本能

れおを我が家に迎えるにあたって、家族で何年も(大げさではありません。ほんと)話し合い、
誰がどのぐらい時間を割けるか、あるいは割けないか、できるかぎりシュミレーションして考えた。
すべては主婦である私が「よっしゃ、まかしとき!」と言えばたちどころに解決することだったが
そんなつもりは全くなかった。

私はやっとやっと自分の時間をとり戻しつつあり、
自分のためだけのタイムテーブルを手帳に書き込む喜びをかみしめているところだったから。
でもフレキシブルなスケジュールなのはイナメナイので
結局あれもこれも私、私の生活だけが大幅に変わる、というのは絶対にいや~!

それで、次女が中学に入り、自分のこともお手伝いも(前よりは)できるようになり
生活のリズムも安定したこの時期に、やっとOKを出した。

犬を迎えるとしてもそれは「我が家の犬」として、家族みんなが等しく自覚し責任を持ち・・・

なーんて言ってたのに~ れおの勝ち~❤❤
だってだってれおが、れお自身が私のことをママであり特別の人だって言うんだもの~
子供たちが赤ちゃんだったころ、つまり動物に近かったころの振る舞いと重なることがとても多い。

 れおをお留守番させて、家族で帰宅した時、
 先にれおのいる部屋に入ってきた家族にももちろん飛びついて喜ぶけどすぐに
 「ママは?ママも帰ってきたんでしょ?どこ?」と探し始め
 遅れてくる私が見えるとほかの家族の間を縫うようにしてビューンと飛んでくるし。

 ほかの家族が「お散歩に行こう~」と支度(ハーネス付けたり)させていると
 「ママは行かないの?」とこちらを見るし。

昨日のこと。娘が「ボール転がし」でれおを遊ばせていた。
れおは楽しい時の「ウォンウォン!」という声全開で超エキサイト。
楽しいとき夢中なときはママの方をチラとも見ない。
ところが突然「キャン!」と一声。痛いときの声。
ボールが鼻かどこかに当たったのだろう。
柔らかいビニールのボールだし娘が見てるし、と気にもせずにいたら
スタスタスタ・・・と必死な顔で私のところに来るれお。私の膝にマズルをのせる。
「痛かった痛かった。よちよち。もう大丈夫ね~」と頭やほっぺをなでてあげると
くるっと踵を返して娘の方に小走り。。。

あーまたやられちゃいました。ママはたまりませんよ。
困ったとき、痛いとき、悲しいときはママ。
そうよね~、私はれおちゃんのママだものね~
れおちゃんはママのれおちゃんだものね~
         
            
               タイルのこちらは立ち入り禁止 キッチンだからね
a0157174_10552827.jpg
                   まだお台所終わらないの?

by mamimi-loves-leo | 2010-03-25 18:13 | れお | Comments(2)

Commented by まろん at 2010-03-25 21:57 x
わかります!わかります!
レオもママが一番!
私も末っ子のレオが一番!
自分で、ママがね~って話しかけるので、
友達に「犬も産んじゃったんだ・・・?」て
笑われています。
レオは私が欲しくて欲しくてお迎えしたので
本当に可愛くて、大切です。
レオは今まで本当大人しかったのに、
最近走るものに興味が出てきたみたいです。
危ない兆候ですよね・・・。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-03-26 09:35
まろんさん♫

末っ子たまりませんよね!
うちは特に上がもう大きいので、可愛さがきわだっています☆
私も「産んだとしか思えない」ってよく言ってます。
友人も「なんだかんだ言っててもあなたが夢中になるのは読めてたけど
産んだとまで言い出すとは…!」と驚いてます。
ますます目が離せませんね、末息子たち(^^)