ぼくおちゃんの話 永遠の後悔

ぼくおが戻ってきてくれて間もなく、私は次女を妊娠、出産した。
一人目と二人目では、迎える気持ちの余裕が全く違う。母親としての覚悟ができているから。
そして、母親がゆとりを持って育てているためか、次女は簡単に眠る、手のかからない子だった。
ぼくおと次女が並んで眠るそばで、長女とゆっくりアンパンマンのビデオを見る。
あるいは眠る次女を母に託して、長女と公園に遊びに行く。
こうして二人の成長をゆっくりじっくり見ていよう。子育ての醍醐味、本当の喜びはこれから。

次女が三カ月に入り、長女が三歳になった八月。
余裕で子育てできている私を見て安心して、両親は恒例の夏休み旅行に出かけて行った。
3泊4日の北陸旅行。
「じゃ、行ってきますよ。」インターホン越しに言ってきた父を、外に出て見送ることもなく
「はいはーい。」と軽く返した。
そして、それが父との最後の会話になった。

旅先で父は、心筋梗塞を起こして急死した。帰ってきた父は冷たい亡骸だった。

それからのことは記憶が断片的で思い出せない。ただ圧倒的な悲しさ、寂しさ、虚しさ、後悔。
でも本当に辛かったのは、あまりのショックに自分を失い、別人のようになった私の母。
体も弱り、次の誕生日にはいないのでは、と心配でもあり、でも深刻なのは心。
一つ一つのことが全く間違って受け取られ、泣かれたりひがまれたり怒られたり、
今、母は普通じゃないから、と自分に言い聞かせても、やはりやりきれない。
「そんなこと言ってないじゃない。」「めちゃくちゃなのはママの方でしょ。」
繰り返す口論と、言い過ぎた後悔の繰り返し。私はまた余裕を失くしていった。

お決まりの口論。怖がって半泣きの長女。ぐずり始める次女。
そこに、開けて外に出して、開けて中に入れて、とひんぱんに出入りするぼくお。
「もう!ぼくおまで!いい加減にしてよ!!」と怒鳴ってしまう私。

そんなことを繰り返しながら、翌年の5月17日。奇しくも母の誕生日。
ぼくおは出かけて行って、そして二度と戻ってこなかった。
三日経ち、四日経ち。私は思い知った。とうとう取り上げられたんだ、と。

このときは、どこにも電話もしなかった。事実を直視するのが怖かったから。
これ以上傷つきたくなかった。どこかで大事にされているんだ、と、思いこもうとしていた。


ぼくおの話はここまでで終わってしまう。
献身的に看護して看取ったわけでもなく、半狂乱で探しまわりもせず。
私はぼくおのために号泣することもなく、ただ自分の心を守るために、
曖昧のままパンドラの箱に押し込んだ。ぼくおが選んでくれたママだったのに。
それが申し訳なくてならない。後悔が残って消えることはない。15年経った今でも。

れおが来た今、なぜかぼくおが思い出されてたまらないときがある。今更泣いてしまう。
ぼくおに謝りたい。謝りたい。ごめんね。ごめんね。ごめんね。。。
ずっと謝り続けるのだ。ごめんね。ごめんね。ぼくお、ごめんね。。。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-31 23:10 | ぼくお | Comments(12)

Commented by lilia109 at 2010-04-01 00:41
ぼくおちゃんのお話、心に封印していたはずなのに、よく書いて下さいましたね。
ぼくおちゃんって、特別な意味があって、まみみさんのところに来たのだと思いました。
ぼくおちゃんは、まみみさんを、ずっと見守っていたのです。
まみみさんに幸せな家族が出来て、、そしてちょっぴり、「自分はもう、居なくても大丈夫かな」と思ったりもして、、だからぼくおちゃんは、そっとお家を離れて行ったと思います。

今日のわたくしの話じゃないですが、、生命あるもの、、不思議なこと、度々ありますよね。
ぼくおちゃん、、多分、レオちゃんなんじゃないのかなあ。
Commented by けらら at 2010-04-01 02:08 x
ばっちりとお化粧してコンピューターの前に座ってこれを読んでしまいましたよ。目張りが取れてしまったではないですか!
liliaさんがおっしゃるように、もう一回ママとパパに可愛がってもらいたくて、そして今度はお兄ちゃんじゃなくて、末っ子としておねえちゃま達にも甘えられるようにぼくおちゃん、れおくんとして帰って来たのに違いない!
Commented by ふらりん at 2010-04-01 07:53 x
私も、ぼくおちゃんは、れおちゃんになって
帰ってきたのだと思います。
お父様が急死されて家族全員(特にお母様は旅行先で1人で・・・)
心の動揺、悲しみはここで書ききれるものではないほどだったとお察しします。

うちも旦那様が9年前に悪性癌で東京の癌センターで大手術を受け
奇跡的に生還した人間なので・・・その間に・・・犬にまつわる
とても悲しい出来事があったので思い出し・・・さめざめ泣きました。

もう、いいんじゃないかな?
ぼくおちゃんは絶対恨んでいないし、まみみさんを今でも愛しているよ。
れおちゃんを愛することで、まみみさんの心が救われますように。
Commented by まろん at 2010-04-01 08:09 x
まみみさんの気持ちを思うと切なくて。
書かれたことですっきりなさったでしょうか?
少し楽になりましたか?
そうだと嬉しいです。
ぼくおちゃんはきっと全部わかっていましたよ。
そう思います。
きっとまたまみみさんのおうちに
帰って来てくれたんだと思いますよ。
今度は気をつかわない、元気な末っ子として。
Commented by 甘栗 at 2010-04-01 08:16 x
つらかったですね。
感情の中で一番苦しいのは「もう取り返しがつかない」という後悔の気持ちでもんね。。。

私も数年前に母を亡くした時、いろいろな事情が重なり長いこと自分を責め続けることになりました。

でも先輩の女性にそれを話した時
「みんなそうなのよ」
「残されたほうには「こうもああもしてあげたかった」って後悔が残る。みんなそれを抱えながら生きてるのよ」
と言われてああみんなそうなのか、と少しだけ気持ちが楽になったんです。

誰もが理想的な状況で最後を看取れるわけではないですし、しかたがないこともありますよ。
ぼくおちゃんはまみみさんが普通の状態ではないことを、ちゃんとわかってくれていたような気がします。

自分を責めすぎないでくださいね。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 08:49
liliaさん❀

暖かいコメントをどうもありがとうございます。。
私もちょうどliliaさんの記事を読んで、通じる内容だったので驚いていました。
長い間の心のしこりだったので、書くことはずっと悩んだのですが、こんなに皆さんにわかっていただけて励ましていただけるとは、本当に嬉しい誤算、
感謝感謝です。
ぼくおが教えてくれたことをこれからの私の教訓として、
れおと、他の全てのワンちゃんネコちゃんのために役立てていきたいと思っています。
liliaさんの動物愛護の活動、心から応援しています。
私も自分にできることを考えて行動していきます。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 08:56
けらら❀

あの暗黒の30代後半のことは思い出すのもいやだったのよ。
でもこんなに皆さんに励ましていただけたし、思い出すことが一番の供養、ともいうので、書いて本当に良かったわ・・・
けらさんがアメリカ在住とは皆さんご存知ないのだから、
夜中の2時にお化粧してパソコン、って、
なにをしている方なのかしら~??
と不思議に思っておられることでしょう。ヒヒ。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 09:14
ふらりんさん❀

本当にあのときは、母も私もおかしかったと思います。
それはぼくおがいなくなった後も数年続いていたので、
振り返って悲しんで涙を流したのはずいぶん後でした。

ふらりんさんのご主人さま、そんな大変な経験をなさったのですね。
9年前と言えば、まだお子さんも小さかったのでしょう。
今お写真を拝見してもとてもお元気そう、完全に回復なさって本当によかったですね。
そしてそのときに、お辛いことがあったのですね・・・
誰でも悲しみのいくつかは心に抱えているのですね。
私は思い出さないことで自分を守ってきたけれど、
それでは癒されないことがわかったのでこれからは
れおを愛しながらぼくおのことを思い出し続けようと思います。
心にしみる優しいコメントをどうもありがとうございました。


Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 09:22
まろんさん❀

子供が小さいときに見た「青い鳥」の劇だと思うのですが
黄泉の国の住人が一番嬉しく輝くのは、
誰かがその人を思い出して懐かしんでいるとき、という
場面があったのを
今しみじみと思い出しています。
今回書いて、たくさんの方に知っていただいたことが
とてもよい供養になったと思います。
皆さんいろんなことを心に留めているのですね。
まろんさんが何度も励ましてくださったので、全部書ききれたと思います。
これからはれおを通してぼくおの思い出と触れ合っていこうと思います。
本当にありがとうございました。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 09:39
甘栗さん❀

みんなそうなのですね。
母も、私が父のことで悔むようなことを言うと、冷静なときには
「そんなのは当たり前のこと。パパは何とも思ってないわよ。」
などと言い切れるぐらいわかった人なのですが、
あのときは母も私も完全におかしかったです。
自分の息子、とまで言っていたぼくおを、どさくさまぎれのように失ってしまい、
そのことの大きさに気付いたのもずいぶん後でした。
ひどいことをした、と、石のようなしこりを抱えていたのですが
今回全部思い出して書いたことで、
楽しいことも多かった、幸せな時間も長かった、と
いいことも思い出すことができました。
こんなに長い文章を書いたのも、まして人様に御披露したのも
何十年ぶりですが、
思い切って書いて良かったと思っています。
読んで下さって、わかって励まして下さって
本当にありがとうございました。
Commented by けらら at 2010-04-01 11:20 x
あはははは、何時に書いているかが記される事なぞ忘れておったわい。夜中の2時にバッチリ化粧する女、そりゃあ気味が悪い!でも、お陰で今は一人で笑って、連れ合いに気味悪がられています。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-01 22:31
けらら❀

気味悪がらないでしょう?
もう彼は、けらさんが何をしても驚かないとお見受けしています。
いよいよ四月ね。ご帰国楽しみにお待ちしております。