京都お茶屋遊び体験記 その弐

京都、というとすぐ浮かぶ「一見さんお断り」というフレーズだが
これはごく一部の料亭と、そしてすべてのお茶屋のことらしい。
お茶屋のお客になるには必ず紹介者がいて、
なおかつ女将さんに気に入られることが必須だという。

私たちの水先案内人M氏は、仕事で知り合った「京都の師匠」に連れられて3年そこに通い、
4年めに入ってやっと彼自身のお帳簿を作ってもらえたという。
ここで初めて彼はそこの客となり、彼もまた誰かを連れていけるようになったのだ。

五花街にはそれぞれたくさんのお茶屋があってそれぞれの街に属した舞妓、芸妓がいる。
そしてお客は、一つの花街に一つのお茶屋としか関わってはいけない。一生に一軒。
中には大きなお茶屋で法人会員的に接待に使うところもあるらしいが
M氏が連れて行ってくれたのはこぢんまりした個人客のみのところ。
入ってすぐの暖簾の奥には飾り気ない「ホームバー」のようなカウンター。
ここは一人でふらっと来て、ちょっと飲んだりするところ。
私たちはお座敷遊び希望なので、狭くて急な階段を上がった二階に通された。
十畳ほどの板の間とそれより少し大きいお座敷。
お茶屋ではお料理は作らないので仕出しのお弁当と、
M氏があらかじめ用意しておいてくれたシャンパンをいただく。

a0157174_17202095.jpgそのうち階下に華やかな気配が…と思ったら、
いよいよ舞妓さん登場。
さきほどの舞台を終えて、
急いで駆け付けてくれるのだ。
さらに芸妓さん、お三味線の地方(じかた)さん、と、計3人。
彼女たちがいつものメンバーみたい。
しばし飲みつつ談笑して、さあ遊びましょ。               

a0157174_1723757.jpg          a0157174_17484057.jpg 

彼女たちはとても物腰柔らかく 
まったく気取っていなくって
でも落ち着いていてお品よく。
30日にも及ぶ公演の最中で
今日も4回の本番を終えてきたという疲れを全く見せずに
サービス精神満点で
盛り上げてくれる。               ♫とらと~らとーらとら♫

そんなこんなで3時間ぐらい、飲んで食べて大笑いしておひらき。

そのあと、次は上七軒に移動~ そちらにも一軒、お馴染みがあるという。
上七軒は最も歴史が古く、格もプライドも高い花街、ということなのだけど
地理的にか祇園の華やかさには比べようもない。
私たちの行ったお茶屋さんはそれこそ「秀吉が・・・」的老舗なのだが
現在の店主の意向で一部現代風にアレンジされていて
その新しき隠し部屋風洋室に通されて、上七軒の舞妓さんと芸妓さんが来て・・・
そしてなんとカラオケ・・! 意外・・

そこは2時間たらずで終えて、M氏と別れ、Y夫妻とホテルへ戻った。
「ふ~~ッ・・ いろんな世界があるものね~・・」
「部屋でビールでも飲みますか」
「そうしましょそうしましょ」    最後はいつものメンバーで、変わらぬ友情に乾杯!

これがヤミツキになるかならないか、本当に人それぞれだと思う。
最初の都おどりの例はささいなことだけど、
お茶屋さんを通すと通さないでは料理屋さんも一般価格とは違うらしいし、
昼間も舞妓ちゃん連れで「知る人ぞ知る」美味しいお昼を食べに行ったりできる。
こういうお馴染み感、特別感が安心で大好きな人がたくさんいるのだろう。
男性のみならず女性でもお客さんはたくさんいて、
カウンターにふらっと来て飲んで話していく。
私たちが帰る時も一階のカウンターにはアラウンド・シックスティな感じのご婦人がお二人、
ゆったりと女将さんと話していらした。
京都の女性のみならず、最近は東京の人も多いそうだ。

私はまだまだその「馴染んだ感」をまったり楽しむ域には入っていないよう。
一度経験できただけで私にはじゅうぶんだなぁ。。
でも今回の体験は本当に千載一遇のチャンス、百聞は一見に如かず。
後学のためにもこんな機会を下さったM氏には感謝感謝。
           

by mamimi-loves-leo | 2010-04-18 20:40 | お泊まり | Comments(4)

Commented by まろん at 2010-04-19 10:15 x
素敵~!
まさに山村美沙の世界ですね!
昔山村美沙の小説が好きで、読破したので
知識だけはあるのですが、なかなか遠い世界です。
素敵な経験をなさって本当に良かったですね。
うらやましい~。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-19 13:39
まろんさん♪
ほんの入り口だけだったけど、じゅうぶん特殊な世界でした。
世の中には色々な人がいるのですよね~!
祇園、もっとあちこちのぞきたかったんだけど、
なにしろ慣れたフリしてたので全然見れなかったー。
でも京都の町はやっぱり素敵なので、お寺を一か所ずつでも
機会を作って見て歩きたいです\(^o^)/
Commented by JINパパ at 2010-04-19 22:37 x
初めまして・・・JINパパと言います。ブログ村の参加メンバーの写真を見て可愛いなって思って見たらこの前から祗園の記事が有って読み逃げさせてもらってましたね。
私は歌舞練場の東側の辺りに住んでます。まさにうちの子のお散歩コースなので楽しませて頂きました。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-04-20 13:20
JINパパさま♪
初めまして! ようこそいらして下さいました(^^)
まあ、うちの子の写真がお目にとまったのですね☆
きゃー、すみません、知ったかぶり満載の京都の記事・・・
コメントまでいただいてどうもありがとうございました!
えーっ!祇園にお住まいなのですか?!しかもシェルティーちゃんと?!
私の大好きなシェルティーと大好きな京都が合体したブログ❤❤
すぐに伺わせていただきます!お知り合いになれて嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。