ワンコと暮らす喜びと・・・

パソコンが元気に帰ってきました! 
キーボード交換のみで1万6千円。 とりあえず一件落着。
実はそのほかにも、幸い大事には至らないまでもケアレスなアクシデント続きで
ほんとにしっかりしろな今日この頃。慎重に暮らさなくては・・・

気を取り直して。
公園に行ってもいつも野趣あふれる小道を選んで単独で遊んでいた私とれおが
実は同時刻、その公園の広場ではワンコ祭りが毎日開催されていることに気付いて3週間。
最初に見かけた数よりずっと多くのワンたちが通ってきていることがわかった。
たまに涼しい日など皆つい長居するらしく、第一団からたまっていくと
8時前には20匹ぐらいいるときもある。ちょっと壮観だ。

小型犬はもちろん人気で多いけど、大型犬もたくさん来る。

a0157174_1745074.jpga0157174_17404792.jpg

















上のこのコたちは別のおうちのコだけど、同じ犬種。
黒いコはまだ6カ月なので、体は大きいけど、ふるまいがまだ赤ちゃんぽくて可愛い~~。

a0157174_17501871.jpga0157174_1752855.jpg












他にも秋田犬やラブラドールやスイスなんとかや
まだ5、6頭(匹より合う感じ)はレギュラーにいる。


やはり大型犬を飼う人には覚悟があるというか、セミプロのように知識もあって躾も入れている。
私は勉強になることばかり。毎朝撫でまくりながらお話を伺う。

お一人、以前ラブを飼っていて亡くした男の方が毎朝犬を見にいらっしゃる。
60半ばかしら、今からもう一度飼う勇気が出ないと言う。

「大型犬の存在感はすごいんです。
 亡くした時は・・・ 変な話ですが、親のときより辛かった・・・」


ドキッとする言葉だった。
毎朝すべてのコの名を呼び、撫でてハグなさる。

昨日、水泳に行って、更衣室でワンコの話で盛り上がっていた。
50代後半かな、いつも明るく元気な方がおっしゃった。

「ラブを飼っていたのよ。16歳だった。辛くてね~。
 その後、リスを飼ったりフェレットを飼ったり。でも全然違うの~~!
 16年前の体力はないから、もう飼えないと思ったり、でも、と思ったり・・・」


同じようなお話なので、公園の男性の話をした。

「親のときより、っておっしゃるのよ。」

「そうよ。皆さんそうおっしゃる。私の友人もみんな。」

大型に限らず、ワンコとはそういうものなのだろう。
れおと暮らしてまだ一年足らずだけど、あまりに心の奥に入っている気がして驚く時がある。
こんな日を重ねて10年、15年。 そうなのだろう、、、

あんまりいろいろあったので、心が弱まったのかしら、私。
そのことはそのこと、今の一日をたっぷり満喫して丁寧に暮らしていこう。
梅雨も明けそうだし、来週はれおとお泊りだ!






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2010-07-16 18:29 | 考えたこと | Comments(4)

Commented by まろん at 2010-07-16 19:54 x
大型さん素敵ですよね!憧れちゃいます。
そうですよね。お別れ経験しちゃうと、先のことがわかっているだけに辛いことがあります。ふとしたときに思い出しちゃって・・・。そして、いつかレオとも・・・って思ってしまって。子供の頃、可愛がっていた猫が行方不明になってしまって(病気だったので多分いなくなったのだと・・・)1年毎日泣いていました。
心が弱っているとき、色々考えてしまうのはみんな一緒ですよ。
これからいっぱい楽しみたいですね!
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-07-16 22:16
まろんさん。
私は父が亡くなったとき、天地が消えるぐらいショックだったので
あれよりって・・・! と驚いたのですが
天寿を全うした親を覚悟して見送った場合のことだろうと理解しました。
まあ避けては通れないことだけど、だから今を感謝しましょう、ということですね。
ぼくおに関しては後悔でいっぱいなので、れおとはその分もしっかり向き合います。
そう、楽しいこと考えましょうね。どうもありがとう\(^o^)/
Commented by JINパパ at 2010-07-16 23:27 x
さすが東京って感じのセレブ犬?が多そうですね。名前の覚えられない難しそうなわんこ。今日夕方の散歩でお爺さんに捕まってお話しましたがコリーを飼われてたそうでさすがに大型犬はもう飼う体力が無いのでって思ってたけどこんなわんこがいるんですねーって目を輝かせてJIN君を撫でられてました。でも何回シェルティーって言ってもミニコリーって言われてました。寿命を聞かれて今飼ったら最後まで見てやれるかなーって悩まれてましたね。公園は犬を飼ってる方が集まるだけでなく、飼っていた方もわんこに合いに来られるのもありますね。私も昔飼ってたので会いに来させてねって仰られたり。わんことの出会いも楽しいですし、人との交流も楽しいですね。先代を亡くして気付いたのは、わんこは私達の一生より遥かに短いので時間を大切に過ごしてやりたいですね。一緒にいてるだけで喜んでくれ、何倍も癒しや喜びを与えてくれますからね。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-07-17 11:25
JINパパさん。
皆さん本当にそれぞれこだわりのワンコ達です。
秋田犬の方は、秋田まで探しにいらしたそうです。
それにつけても思うのは、皆さんどんなお宅にお住まいなのか、ということ。
2頭3頭連れている方もあるのです。
JINパパさんは一度お見送りを経験していらっしゃるんですよね。
ペットロスの辛さを語る方は多いのです。
今から飼いきれるか、と悩むのは皆さん同じですね。
ミニコリー(^^) コリーを飼っている方からはそう見えるのでしょうか。
でもJINくんを見て心揺さぶられたと思います。お気持ちわかる気がします。
公園メンバーズ(セレブ犬?)、他のコたちも機を見て写真を撮ってきますね。