心からの笑顔

母のお付き合いで、社交ダンスのさる重鎮(なのかな?多分)の
還暦祝いのパーティーに行ってきた。
午後3時から9時まで、途中ディナータイム1時間ぐらいを挟むけど、あとは延々ダンスを見る。
最初の1時間ぐらいは、御自身やお弟子さんたちの持つ教室の生徒、つまり素人と先生のペア。
何を隠そう、私の母もその一人。

15年前、突然父を失くして茫然自失、健康な、前向きな考え方が一切できなくなっていた母を
母の友人たちが社交ダンス教室に誘ってくださった。
なんとそれがぴったりとはまったらしく、母の心身の健康を取り戻すのにたいへん功を奏した。
のみならず、友人もさらに増え、毎日のように通うことで生活のペースメーカーにもなり、
今となっては確実に生きがいになっている様子。

他の生徒さんたちも年配の方ばかり。
やはり時間的、金銭的余裕がある程度ないと続かないのでどうしてもそうなるらしい。
母も「もう5年、せめて3年早く始めたかったと思うけど、そのころは絶対無理だった」と言う。
でも皆さん活き活きと、ビッグスマイルで、堂々と踊っていらしてカッコいい049.gif
人生精一杯頑張ってきて、今やっと好きなことを夢中でしている充実が全身から溢れている。

でもなんといっても圧巻は後半のプロたち005.gif

a0157174_22121869.jpga0157174_22132239.jpga0157174_22143618.jpg










(ろくな写真がない・・・008.gif


人間のからだって、なんて美しいのだろう・・・ 男も女も・・・
あんなにしなやかに優美に、あるいは力強くスピーディーに、軽やかに、重々しく、
つまり自由自在に動かして表現ができるなんて。 うっとりと、ただただ見入ってしまう。
プロって素晴らしい。これと決めたことをすべてに優先して生きること。踊ることが生きること。
顔の表現も素晴らしい。心がにじみ出る顔。訴えかける顔。挑む顔。誘う顔。恍惚。
そして笑顔。充実の笑顔。笑顔の力ってすごい、と改めて思う。笑顔は人を幸せにできる。

からだはもう諦めるしかないけど、笑顔なら真似できる。笑顔、笑顔。
「いつも微笑んでいなさい」とイエスキリストもおっしゃった。
いろんなことがあっても、疲れたなーと思っても、とりあえず笑顔、笑顔で次に進んでみよう。
a0157174_2237435.jpg


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2010-08-22 22:44 | れおとお出かけ | Comments(2)

Commented by JINパパ at 2010-08-22 23:52 x
お母さんも楽しみと新しい友人が増えて良かったですね。私の母も、父を亡くした後はやっていたボランティアに励んでそのお友達との交流が今の母を支えてると思います。気の合う仲間とあと何回行けるかって海外にも出かけてます・・・エジプト方面の時はちょっと不安でしたけどね。プロのダンサーの方の踊りは凄い物がありますね。私のいとこがフラメンコを仕事にしていとこがギターで奥さんが踊られてますが、人間の体で色々な事が表現できるのに驚きました。笑顔って大切ですね。私も父の死、会社が無くなる時、愛犬との別れなど色々な悲しみが続いた時、無理に笑顔を作っていれば自然に笑える様になる事を学びました。一人の笑顔が家族に連鎖する事もね・・れお君も笑顔の元ですよね。
Commented by mamimi-loves-leo at 2010-08-23 10:49
JINパパさん。
同じです同じです!うちの母も、「最後の」旅行を友人たちと楽しんでいます\(^o^)/
いとこの方、フラメンコダンサーなんですか!御夫婦でフラメンコを!すごーい。
フラメンコもものすごい表現力ですよね。なかなか日本人にはむずかしいと聞いたことがあります。
わー、拝見してみたいです。すばらしいですね、身近にそういう方がいらっしゃるのは。
無理にでも笑顔、って大切ですね。すっと楽になることもあるし、見方が変えられたりもして。
そう、れおも来てくれたし、笑顔を常に心がけていようと思います。