時間は止まらないけれど

先日のこと。

仕事をしていた頃(20年前!)の先輩が、
あるシリーズの仕事を続けていた仲間たち8人で新年会をするから
まみみも来ない?と誘ってくれたので、尻尾を振ってとんで行った。

企画自体は昨年12月初めにはあったのだけど、私以外の全員がもちろん現役、
バリバリ演奏活動をしている人たちだからなかなか予定が合わず
やっとやっと合ったのが年が明けてひと月もたったこの間だったのだ。

途中で何度か会っている人もいたけれど、ほんとに20年ぶりの人も。
でも一分でもしゃべれば何も変わらず、むかしのままの会話になる。
30歳の人が50歳に、40歳の人が還暦になるほどの時間のはずなのに、
まあ若干老けたと言えばお互い様だけど、表情も口調も以前のまま、
驚くほど変わらない。人って変わらないねー、って改めて驚く。

そのシリーズは、クラシックより少し軽音楽に振れていたことや
演奏の場所もほとんどホテルだったこともあって
さらに時はバブル。実にゆったりとしたスケジュールで、
大阪、京都、金沢などの一流ホテルに滞在させてもらいつつ
夕方から何回か小一時間ずつの演奏、みたいな優雅な仕事だった。

だから暇な昼間は観光で、神戸まで足を延ばしてみたりしたし、
終演後はスポンサーがご飯に連れて行ってくれたりして
私の仕事時代の思い出の中でいっちばん楽しくて、
お金をもらうなんて申し訳なくさえ思うシリーズだった。
ずっとずっとこのシリーズが続いてほしいなー、と思う仕事だった。

023.gif楽しかったー。那須のホテルのときは遊園地でジェットコースターに乗ったり、
札幌の時は支笏湖にドライブしたり。
元々旅行大好きな私にそんなことさせたものだから、
当時結婚はしていたけれど子供を持つなんてとーんでもない。
自分の行動を制限されるなんて考えられない!、
と自己中の塊りみたいになっていた・・・のだけど。
015.gif

そのメンバーは、私より年下は一人だけで皆年上、先輩だったけれど
とても優しい、寛大な、我慢強い人たちだったので
どんな事態になっても険悪になることは全くなく、
予定外の条件を出されても手違いで時間が大幅に伸びても
そのときは「仕方ないね」と言う感じで穏やかにのんでいたので
人間のできていない私はいつも
こういう人はすごいなー、と感心して、見習おうと思うばかりだった。

そして20年経ってその話をしたら、
「僕ね、今は言うんだよ、そういうとき。いやだ、って。」と決然と言う。
もう一人の、海のように寛大だったまとめ役の人も
「そうそう。言いますよ。断って帰ってくることもある。」と。

二人が異口同音に語るには
「もうあと何年弾けるだろう。何回演奏会ができるだろう、と思うと
 こんなつまらない、くだらないことやっていられるか!と思うんだよ。
 こんな奴の顔を立てたり付き合ったりしている時間がもったいない、と。」

20年経つ、ってこういうことなんだなー、と思った。
当時は、先のこと、タイムリミットなんて話題は出たこともなかったのに
しかもある意味、定年のない(オーケストラや教職にはあるけど演奏することには)
ライフワークとして広げていくこともできる仕事であっても、
それでも存在するであろう「最後」を意識し始めてしまう。
そういうジェネレーションなのだ・・・

じゃあ、あと何回会えるかわからないから、また春に集まろうね!と
結局は楽しい明るい話で終始したけれど
彼らのその言葉はけっこう印象的だった。

まだまだ早いわよ。そんなことを考えるのは。
政治家なんて、70でも80でも自信満々で立候補するじゃない。
50、60なんてまだまだ。まだまだ道は延々続いているわよ。

さっさと戦線離脱した、一番の若輩者が言う言葉ではないので言わなかったけど
ちょっと寂しいなー、と思いながら帰ってきた。

次は4月ね。必ずね。

a0157174_1759199.jpg




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴ、押して下さいー。押していただいた数が増えていると嬉しくて・・・感謝感謝です060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2011-02-05 18:01 | 考えたこと | Comments(6)

Commented by そら&りきママ at 2011-02-05 23:20 x
まみみさん、演奏旅行のお仕事していんですね。
楽しい良い思い出でもありますが、現役としてがんばって
いらっしゃる諸先輩方はまだ振り返ってはいられず、
先のことで精一杯なんでしょうね。

私の周りの50代、60代の仕事を持っている方も趣味に
熱中している方もまだまだお元気でキラキラしています。
自分もその年代になったときにそのようになっていたいなと
思います。
Commented by チップ&デールママ at 2011-02-06 06:54 x
確かに政治家先生はすごいパワーですよね!
80代でも現役で言いたい放題ですものね
私もあんな風に強くなりたいです(笑)

そういえば父は定年の前後にネガティブな事ばかり言ってました
これからは旅行でも趣味でも何でも出来るじゃん!と思ってましたが、長年続けてきた仕事から離れるのって寂しいものなんでしょうね
一方、60代の母は昔も今も変わらず自分の楽しみ追求中です(笑)
主婦って強いのかも?!
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-02-06 16:34
そら&りきママさん。
やはり経験を重ねてくると、お金のためだけでないモノを
一回一回の仕事に求めたくなるようです。
50代60代は技術的にも情熱的にも「円熟」の域に入っているので
演奏することが大切で愛おしいようで、パソコン入力で済むような曲は
あまり弾きたくないようです。
体力の低下をほとんど感じないでいられる方、本当に羨ましいです~
私は40半ばからひしひし感じています。
一人で弾く機会をいただくと、まず体調を整えることから心配。
前日に腰でも痛めたらどうしよう、とか、演奏以外のことが心配なんて
若いころにはありえなかったのに~!
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-02-06 16:48
チップ&デールママさん。
政治家の自信ってほんとにある意味驚きますよね。
寝食を忘れて取り組む激務を、80歳前後でも自ら名乗り出るんですもの。
本当にあんな風に強くなりたい!

違う意味だけど主婦って強いと思いますよ。
周りに振り回され合わせて生きながら自分のペースを築いて
バランス良く割り振って生活しているから
周囲の少々の変化には対応、順応できるんだと思います。
それができなくちゃ楽しく主婦なんてやってられませんよ。
家族のお手伝い、サポートをしつつ、自分もちゃーんと楽しむ。
主婦がニコニコなら家族もニコニコ、です(^^)v
Commented by sogno_sonyo at 2011-02-06 19:44
演奏をお仕事にされていたのですね!
まみみさんは何を奏でる方なのかしら?
と またまた過去記事を読ませていただきました。
やはり思ったとおり・・・イメージどおりのお道具でした!
そしてついでに まみみさんがなんでこれほど巧みに
文章を綴られるのかも知りました。多才な方ですねぇ。
それに何より生活を楽しんでおられるのが素敵です。


皆さん円熟期に入ると 幕の閉め方もイメージするように
なるのではないかしら。無駄な時間を過ごしたくないのでしょうね。
若いときはどんなときも 待ち時間であっても
経験となる材料が転がっていますから楽しめます。
そのへんが貫禄のある年代と違うのかもしれません。
まみみさんも 子育てを経て れお君と出合って・・
いろいろなご経験を積まれた上で 以前とはひと味違った音色で
演奏なさるのもすっごく魅力的だと思います。
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-02-06 21:34
sogno_sonyo さん。
多才・・・!? とんでもない。全部中途半端です・・・^^;

30歳で急に子供が欲しくなり、そこから10年近く全く人前で演奏することなくほとんど練習もせずにいましたが、子供の幼稚園で頼まれたのをきっかけに以降、一年に一度ぐらいですが演奏をするようになりました。そのときに聴いた方が本当に喜んで下さる様子を知って、始めて演奏する喜びを知ったように思います。
それまでは自分目線での演奏計画ばかりでしたが、プロでなくなって「奉仕活動」で弾くようになって始めて「どうしたら伝わるか、喜んでもらえるか」を考えられるように。
私にはあの十年の、弾きたくても弾けないブランクが必要だったようです。
おっしゃる通り、演奏以外の人生の経験も大切ですね。