まだ二日しか経っていないのに

東京は今日も絶えずゆらゆらと揺れていて、気が休まることはないのですが
それでもあの最初の日の恐怖感は早くも薄れている気がします。
この自分の鈍さが情けなくなります。

地震発生の日の夕方に大混雑のコンビニに行って以来、何も買わずにいたのですが
そろそろ買い出しに行かねばと新宿伊勢丹に行ってきました。
伊勢丹はいつもと何も変わらないきれいな色にあふれ、
地下の食料品売り場にはいつも以上の活気にあふれ
物も山盛り、人は満員電車のようで歩くのもやっとやっと。
特に各ケーキショップやスウィーツのお店の周りには何重にも列が取り巻いて
「最後尾」のプラカードを持った人がそこにもここにも立っていました。

明日がホワイトデーなんですね。すっかり忘れていました。
皆さんつい二日前に何時間も歩いて必死に帰宅したり、家族の身を案じたりしたのでしょうが
明日の月曜日にはやっぱりたくさんのお菓子を持って職場や学校に行くのですね。

家も田畑も、家族すらも流され、あるいはがれきに埋まって身動きが取れない、
命からがら避難所にたどり着いても
飲み水がない、炊き出しでやっとおにぎりだけ、横になる場所もない、
地球の裏側の話ではなくて
新幹線に乗れば2時間そこそこのところにそんな現実が広がっているのに
ここ東京ではきれいにラッピングされ宝石のようにきれいなお菓子が山盛りで
それをたくさん抱えた人たちが何十人も列になって会計しようとしている不思議・・・

私もそうです。
出かける前は余震におびえ、行こうか行くまいか悩むほどだったのに
いつものままの伊勢丹に足を踏み入れたらいつものままの気持ちになって
家族で美味しくお昼を食べて、美味しい食品を買い込んで
さらに今すぐ必要でもない洋服や靴のセール会場までじっくり眺めて帰ってきました・・・

帰宅してテレビをつけて、ああ・・・ と思い出す始末・・・

牛乳を買い忘れたので近所のスーパーに行ったら、なんと売り切れていました。
近くのコンビニを4件回りましたがどこも品切れ。

両極端の現実の中で、自分の感覚がおかしくなって行く気がします。
なんと乏しい想像力。人の身になって考えましょう、と育てられたはずなのに。
自分の頬を殴られないと人の痛みがわからなくなっている・・・

そしてテレビ局。
どこもここも同じような内容、新しい情報もないので何度も使い回す映像、
いたずらにあちこちの被災地の上にヘリを飛ばしてあんなだこんなだと言い合う。
電力会社を交代で止めるより、テレビ局を交代で閉めたらどうかしら。
ずらっと並ぶ日焼けしそうなぐらいの強いライトに照らされて
節電の協力をもっともらしく訴えるアナウンサーの後ろに
誰も見ていないつけっ放しのテレビモニターがずらっと並ぶ違和感。

この狭い国の中で起きた、本当に未曾有の大惨事。
自分の心のどこかには、ずっととどめて覚えておかなくては。




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴにクリック、お願いします。ありがとうございました~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2011-03-13 20:41 | 考えたこと | Comments(12)

Commented by まろん at 2011-03-13 21:00 x
本当そうですね。テレビをつけている間は涙もでて
落ち込んで、色々な事を思うのに、便利な日常に戻ると普通に生活している自分がいます。
家にいると不安もあったので、ちょこちょこ友達と
行き来したり、買出しに行ったりしました。
今日になってみたら、ますます物がなくて
愕然としてしまいました。
レオは余震が来ても熟睡していて、動じないので
可哀相な思いをさせないで済んだのが救いでした。
本当自分の心に残しておきたいと強く思います。
Commented by JINパパ at 2011-03-13 22:23 x
震災復興で翌日から泊まり込んで家に帰ればこれまた平和な事って感じでお隣の町の惨事が嘘のような光景が・・・凄く不思議に思えた事思い出しました。地震などの被害は、対処は経験済みですが、津波や原発の被害は想像を超えるもので想像すら出来ません。この教訓をいかさねばなりませんが・・・想定したものを越えてくる自然の脅威、世紀末の様相でしたね。決して奢る事無く想定範囲での防災施設をもってなおそれを越える物・・・今迄の基準が通用しない怖さを思い知らされました。
Commented by ハリー&ロンのママ at 2011-03-13 22:38 x
一日テレビを見ていると暗い気持ちになってしまうので
今日は時々確認する程度にしていました。
主人は地震対策で出勤したのでなんとなく家族は沈んでいます。
今の所、現地に赴くことはないと思うのですが。
気分転換も必要、そのうえで自分が出来ることを考えるしかないのかな…と思います。
地震の映像を繰り返し見ることでPTSDの心配もあるそうです。
Commented by まりっぺ at 2011-03-13 23:39 x
本当に変な感じですよね。本当に気が狂いそう…現実の世界が何なのかまったくわからなくなり、揺れる感覚も含めて全て麻痺してる。大地震の後は余震、そしてまた別の地域での地震の繰り返し。挙句の果てには放射能汚染…終わりが見えないこの恐怖、一体どーなっちゃうんだろうか…
Commented by 甘栗 at 2011-03-14 00:53 x
私も、いろいろ言ってもやっぱりピンと来てなかったのが、明日からの停電でいよいよ青ざめた、って感じです。
しかも来月いっぱいって、どうなっちゃうんだろう?
ブログのアクセス数とか、今まで気にしてたけど、もうこれからは全然意味もないし。

何より、ダンナが会社に行くのが怖い。電車で地震が来たら、会社で地震が来たら、私が地震にあったら、もう会えないかもしれないし、安全になるまで自宅待機して欲しいけど、そうもいかないらしいし。
Commented by ネオママ at 2011-03-14 01:53 x
本当に人間って勝手な生き物かもしれませんね。
被災地の映像を見て心を痛めるのも自分なら
暖かいコーヒーとクッキーを手にその映像を見ているのも自分・・・。
さすがにホワイトデーの事は忘れていましたが
東京のデパートではそんな華やかな光景があたんですね。

私は急に発表された今日の停電の為の準備で
こんな時間までかかっちゃいました。
空いた牛乳パックやペットボトルで
氷を作ったりしないといけなかったし・・・。
今は今日の停電で何か混乱が起きないかと心配しています。
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 15:55
まろんさん。
物はなくなってきましたね。昨日の伊勢丹は何だったのだろうかと思います。
現実と虚構とのギャップがどんどん埋まっている気がします。
レオくん大物ですね~(^。^)
うちも少し慣れたようで、それほどいちいち吠えなくはなりましたが
例によってヘリが・・・ 激しいんですよ、ブンブン。
だからやはりれおは落ち着けません・・・
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 15:59
JINパパさん。
優秀な専門家が誰も想像だにしなかったレベル、って
やはり自然にはかなわないんですね、人間は。
喉元過ぎれば、だった東京人たちも、だんだん現実に気付かされ始めました。
交通は運休だらけ、乾電池やガソリンは売り切れ、停電・・・
いつまでかわからないだけに不安が募ります・・・
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 16:03
ハリー&ロンのママさん。
私もテレビはなるべく消すようにしていますが、携帯から緊急の音がすると
慌ててつけて、そのまま見入ってしまう、の繰り返しです。
少し前までは目線を転じれば気分転換もできましたが、だんだん物がなくて
否応なしに現実に引き戻されています。
いつまで続くのでしょうね・・・
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 16:07
まりっぺさん。
揺れることには麻痺し始めましたね、確かに。
でもあの緊急地震速報の音だけは慣れません。ドキッとしてザワザワします。
自然の猛威だけで完膚なきまでにやられている人たちに、
さらに原発という途方もない恐怖まで与えて申し訳なさすぎます。
せめてそちらの方だけは人間が作ったのだから
人間がきちっと全力でコントロールすべきと強く強く思いますね。
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 16:12
甘栗さん。
この「計画停電」にしても、手際が悪すぎ、じたばたしすぎですよ。
するっていってしなかったり、やっぱりするっていったり、
それに連れて電車が運休するとかしないとか右往左往するし。
レンホウに作業着着せて芝居くさく語らせるよりきちんとマニュアルを煮詰めて
冷静に淡々と説明してほしいです。イヤとは言えないんですから。
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-03-14 16:18
ネオママさん。
虚構の城のようだったデパートも、そろそろ怪しくなってきたと思います。
ホワイトデーのお菓子を手に並んでいた人たちも、辛い気持ちの中で
ひととき現実を離れたかったのかもしれないですね。
停電も、命にかかわることに電気を使っている人もいればタダの無駄遣いで使っている人もいて、それらが一律にカットされてしまうのが・・・ なんかもっといい方法を考えておかなかったのかしら、と思います。危機管理が甘かったんですね。