箱根、こんなふうに楽しみました 2

「箱根翡翠」にて。
夕食は、予約時に「6時半」と予約しておきました。わくわく。
お食事処はロビー階の一つ下、一番下の階です。

中庭に面した広い食事処。いくつかの個室や半個室もあるようです。

(夕食の時は外が真っ暗だったので、翌朝の写真です。)
a0157174_19135845.jpg

布ナプキンの下に、御品書。
a0157174_19193869.jpg
お品書の全貌。(友情出演・れおの鼻)
a0157174_1923162.jpg


初めてのお宿。まだちょっと様子見というか、くつろぎきれずに飲み物を選びました。
友人の一人は即決で生ビール、もう一人が、
ビール飲みたいけどお部屋でも飲んできたし、焼酎も美味しそうだし、と悩みつつ
「生ビールのハーフサイズ、かな?」というと
注文を取りに来ていた若い感じのいい女の子がすかさず
「ほんとに小さいですよ。お米の計量カップより小さい感じ。」と。

思わず我々どっと笑いつつ、友人も「じゃあ普通の生!」と。

この、彼女のくだけ具合の塩梅が絶妙でした。
単なる「タメ口」、安居酒屋のノリにまでなっちゃったら絶対にダメだし、
こちらが愛想笑いしないとならないようなぎこちないジョークでもダメ。
すごくさりげなくて、このやりとりで、一気にその場が「ホーム」になったのです。
なんかすっかり馴染んだ感じ。

お食事中、彼女だけでなく何人かの男女従業員がサーブしてくれたのですが
それが全員感じいいのです。絶妙の距離感。
これで、美味しいお食事がもっとさらに美味しく楽しくなったことは間違いありません!

突出し  フォアグラ西京漬け 聖護院大根 芽蕪 銀餡 振り柚子  
        
         冬至南京葛豆腐 芹 玉南京 香茸 旨出汁 山葵   
a0157174_2017169.jpg
この最初の二つで 「・・・!」と思いました。
美味しい・・・ ここ本当に美味しいわね・・・ と囁き合いました。

椀盛   箱根湯葉擦り流し仕立て 雲子養老真丈 三つ葉 霰柚子
a0157174_20265472.jpg
     真丈の中の雲子(タラの白子)がトゥルルン。薄味で優しい~味の湯葉擦り流し。

造り   駿河湾活魚盛り合わせ  芽物一式
a0157174_2193322.jpg
      姉上、この大トロがそれはそれは美味しかったのよ・・・ 

焼物   鰤幽庵焼き 霙酢掛け 焼き葱 伏見甘長 菊蕪 松葉蕎麦
a0157174_21242136.jpg
脇に添えてある 
a0157174_21265819.jpg
をパクッと食べた友人が 「やだー、こんなのまで美味しい~!」と。
ええ~、大げさなぁ、と食べてみると、 本当なんです005.gif
こんな飾りのようなものにも絶妙な塩味が!まんべんなく、辛すぎず薄すぎず。
松葉だって美味しいんですよ。
a0157174_22393460.jpg
茶そばを揚げたようなもので。
軸の、茶色い粒粒は何ですか?と訊いたら水あめで作ってあるそうです。
日本人ばんざい、日本料理ばんざい、です。

進肴   海老芋玄米香煎揚げ 海老芝煮 青梗菜 干し海老の餡
a0157174_21383763.jpg


酢物   輪切り橙盛り吸 酢ゼリー掛け 子持ち昆布 寒〆法蓮草 蟹 折れ松葉大根
a0157174_21465468.jpg


温物   牛舌蕪蒸し 九条葱 共地餡 粒マスタード
a0157174_21493029.jpg


たくさんの食材、いろんな味、暖かいもの冷たいもの、たくさんでしたが
運ばれてくるテンポ、タイミング、そして一つ一つのポーションのちょうど良さで
実に気持ち良くお腹に収まっていきます。
うわっ、美味しそうだけど食べられるかなぁ・・・と思うことなく、美味しく食べられる。

食事   土鍋御飯 香の物 赤出汁
a0157174_21575347.jpg
「おこげを入れてよろしいですか?」と。

 もちろん!入れて下さい!
a0157174_2232269.jpg

お米がいいのかお水がいいのか、土鍋がいいのか炊き方がいいのか、
きっとそれ全部なのでしょうね。
なにかおかず残しておけばよかったなあ、と全く思わず。ごはんだけでパクパク。

水菓子   一遊陶箱  一、蜜柑のコンポート コアントローゼリー
                 一、抹茶の蒸しケーキ

a0157174_22114178.jpg


最後まで 美味しい!次は何かな、と思いながら食べられること。
そして終わった時に、ああ~美味しかった~、お腹いっぱい~♪と思えること。

旅館のお料理は、これがなかなか難しいことが多いです。

どうしてしょっぱなにこんな大きなお肉が!とか、
お刺身ばっかりこんなに食べられるか―!ってこととかあるし。
美味しいに決まってるものをみすみす食べ残す悲しさ。

お味はもちろんのこと、ここはその点でも素晴らしかった・・・

                                つづく。







にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴにクリック、お願いします。ありがとうございました~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2011-12-19 22:44 | お泊まり | Comments(4)

Commented by まりっぺ at 2011-12-19 22:58 x
あぁ~仕事の合間に息抜きと思って、まみみさんのブログにお邪魔したのですが…このお夜食の時間帯(もう直ぐ23時)に訪れなければ良かった。昨夜、食物によるアレルギーで、七転八倒したので、今日は控えめの食事…(っていつも粗食ですが)写真に刺激されたおなかがグーグー鳴っています。
Commented by チップ&デールママ at 2011-12-20 15:45 x
パパの会社の優待施設の冊子すてちゃったんです〜!!
どうせワンコ連れなんてないや!と思ってたんですが、次回届いたら隅々まで見てみます
でも星野リゾートはあったんです(あったはず)
まみみさんの夏の旅行記で覚えててチェックしたんですよ!

美味しい和食をいただくときって、日本人に生まれて本当に良かったと思いますよね(^o^)
おこげご飯も美味しそう〜!!
朝ご飯もきっとお腹に優しい美味しいメニューなんだろうなあ〜
続きが楽しみです♪
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-12-20 17:37
まりっぺさん。
よかった。おなかがグーグー鳴るほど回復したんですね!
蜆のエキスでダメだなんて。体が本調子じゃないからかしら。
翡翠のような、体に優しいものだけ食べていればいいのでしょうね。
お大事にして下さい~
Commented by mamimi-loves-leo at 2011-12-20 17:43
チップ&デールママさん。
私、いつでもどこでも「ワンコOKかしら」と探るクセがつきました。
でも、ワンコOKならどこでも楽しいわけじゃなくて
ワンコが楽しめるかどうかがポイントですから
やっぱり皆さんとのブログでの情報交換がいちばん大切です!

和食、美味しいですよね~ 
器もきれいでいちいち持ち上げて裏も見たりしました(^。^)
芸術ですね。目にも舌にも。