スカイツリ―を見上げながら

用事があって、
かつて私の祖父母の住んでいた場所に、本当に久しぶりに行ってきた。

祖父はまだ私が小学生の時に亡くなり、
後に残った祖母はそれから20年、その場所に暮らして
私が長女を妊娠しているときに亡くなった。

「妊娠中は火葬場へは行かない方がいい」と誰かに言われて
葬儀を終えて出棺していく祖母をその場所で見送って以来、
実に20年ぶりの訪問だった。

その葬儀の喪主挨拶で、人前で話すことが大嫌いだった長男である父が、
いつもと違う、何ともいえない表情で、それでもとても丁寧に祖母の人となりや、
祖母の長女である父の姉を先に失くして辛かったであろうこと、
その後は自分と弟(叔父)それぞれの妻が、実の娘以上にお世話をしたので
幸せな余生であったであろうことなどを話すのを見て、
いくつになっても、孫ができようとする歳になっても、
母親の死は深く辛いものなのだな、と当たり前のことながら思い知ったり、
でもその中でもママにもちょっとヨイショしちゃって、
祖母の最後の数年は実際かなり大変そうだった母も叔母もこれで報われるな、とか
そんなことを思ったのがはっきりと思いだされた。

そのときは、まさかそのたった三年後に父も亡くなるとは思いもよらなかったし
さらにその三年後に叔父まで亡くなって
母と叔母、二人ともかつての祖母と同じに、一人で暮らす時間が長くなってしまった。


20年ぶりの訪問でも、街のあちこちは変わってしまっても
なんとなく、そうそう、この道のもう一本向こう、とか思い出すぐらいの
面影は辛うじて残っていた。

でも圧倒的に違うもの。

私の住まいのゴミゴミとしたエリアとは違って、
下町の、道も広く高いビルもない、空の広い場所だったのに
祖母の家の前の道から真正面に
a0157174_1823352.jpg
                              スカイツリ―が!


こんなに間近で見たのは初めてなのでビックリ。
ほんとに何―もないところに、突然ニョッキリあるんですね。
今日はまた雲一つない晴天だったので青空に映えてとてもとてもきれい。
口をあんぐりと開けたまま(だっただろうと思う)カメラを構えていた私に、
「この向こうの公園から撮れば、電線のない写真が撮れますよ」
と教えて下さるのも下町ならではか。
a0157174_18342381.jpg

父が亡くなって16年、その間、我が家からは真正面に六本木ヒルズができて
ここにはこんな大きなスカイツリ―。
祖父も祖母も、そして父も、さぞ驚くに違いない。


いろんなことがまだはっきりと思いだされるのに、
やっぱり長ーい時間が流れたのだな・・・と、
スカイツリ―を見つめながらしみじみと、感無量な思いだった。





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴにクリック、お願いします。ありがとうございました~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2012-02-10 18:41 | 今日のできごと | Comments(4)

Commented by チップ&デールママ at 2012-02-10 21:24 x
あら〜奇遇です!
私も明後日スカイツリーのよく見える場所までいく予定なんですよ
父が両国の生まれなんですが、両親と一緒にその辺りに出かける用事があるです
晴れたらこんなにステキな写真が撮れるかな?
去年も同じ頃に出かけたんですが、その日は建設中だったし曇ってたんですよね〜
今年こそキレイに見えるといいな(*^^*)
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-02-11 19:03
チップ&デールママさん。
あらあ~、お父様両国ですか?うちの父も近くです。
晴れた日に見上げるスカイツリ―はとてもきれいですよ。
東京タワーとはまた違った佇まいです。
オープンしたらしばらくは大混雑でしょうけれど、落ち着いた頃に
一度登ってみたいなー、と思いました。
Commented by ハリー&ロンのママ at 2012-02-11 23:07 x
私も水曜日、スカイツリーが近くに見える場所に行きました。
錦糸町で二女の幼稚園時代のお友達の演奏会があったので。
春からドイツに留学するそうなので久しぶりに懐かしいママ友と
集まったんですよ。
夜はちょっとだけライトアップされてました。
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-02-12 09:05
ハリー&ロンのママさん。
スカイツリ―、今まではチラッと先っぽぐらいしか見ていなかったので
別にそれほど関心もなかったのですが
あれだけ間近でドドーンと見てしまうとやっぱり圧倒されます。
幼稚園時代のお友だちの門出をママ友たちも祝福したのですね。
しょっちゅう会うわけでなくても何かのときにはそういうふうに集まれる
御縁ってやはり大切ですよね。