セカンドソウル 世界遺産巡り♪

三日目の朝。
この日は、今回の旅行の大きなお楽しみの一つ、世界遺産巡りの日帰りツアーです。

少し(前日よりは)早起きして、朝のビュッフェを楽しんで
朝9時、お迎えに来てくれた旅行社のマイクロバスに乗り込みました。
今回選んだのは 「世界文化遺産 1日観光ツアー

似たようなツアーが各社たくさんある中でこれを選んだ決め手は
口コミ・Q&A を見てみたら

「最後に〇〇まで送ってほしいのですが」
  「この日はお客様だけなので大丈夫です」

的な、臨機応変そうな自由そうなところに魅かれたからです。

・・・そして、それは本当にその通りでした。いろんな意味で037.gif

最初に乗りこんだときは「今日は全員で14名です」と言われたので
春休みだし、貸し切りってことはないわよね、そりゃ~、と思ったのですが
「でも他の方は全員午前だけなので、お昼ご飯以降はまみみさんたちだけです。」と001.gif

そしてバスは、道が空いていれば15分ぐらいで着くという「宗廟」へ向かったのですが
「今日はソウルマラソンが行われているので少し道が混むかもしれません。
 でも時間はじゅうぶん見てありますから。」と。

「宗廟」というのは、朝鮮王朝の第1代から最後の27代まで、
全ての王と王妃の位牌が祀られている「聖なる場所」なので自由見学は許されず、
日本人は日本人の時間に、宗廟所属の日本語ガイドと一緒じゃないと入れないのです。

ところが宗廟の周辺はマラソンコースになっていて、道は全て通行止め。
a0157174_14295942.jpg
あー、ここもだめ、あー、こっちもだめ、とグルグル迂回する様子を見て

・・・全然調べてなかったの?!005.gif

と驚いたのですが、これこそが「自由な」ツアーの「自由」たるゆえん、と
だんだん可笑しくなってきました003.gif

時間はたっぷり見てあるはずが、最後は「もう間に合わない~!」となりバスを降ろされ

「人の途切れ目を見て、ここを横切ってくださーい!」と。
a0157174_14321993.jpg
阻止するおまわりさんも苦笑する中、走りぬけましたとも。

文字通りの走り込みセーフでなんとか「日本人の回」に間に合い、中へ。
韓国人である我々のツアーのガイドさんは一緒に入れません。
ピンクのコートの、とてもユーモアたっぷりなガイドさんの説明を聞きます。
a0157174_14362775.jpg

宗廟は、先祖を敬う儒教の国としては最も神聖なところです。
朝鮮王朝時代の施設ではここ以外の王宮などでも見られる三筋になった歩道、
a0157174_1442064.jpg
普通は、真ん中が王の道、
両脇が王以外の王族、あるいは大臣、などと決まっているそうですが
ここだけは違って
真ん中は先祖の御魂のお通りになる道、王でさえ許されなかったと。

「今は王制ではないので、王宮跡ではどうぞ皆さん真ん中を通ってけっこうですが
 ここだけは踏まないでください。御魂を敬うために。」
a0157174_1458360.jpg

日本の神社ともよく似ていますが、違うのがこれ。
a0157174_154767.jpg
屋根の上に必ずある魔除けがすごく可愛い♪
西遊記に出てくる動物たちで、立派な施設ほど多くなるそうです。
一箇所目にして、見学好き、説明好きな私としてはすごく満足、充実した気持ち~

次に、「昌徳宮」(朝鮮王朝第三代太宗が建てた王宮)へ。
実際に王と王妃が住んでいた建物には小さな寝室がいくつもあって、
その日はどこで休むべきか、毎日占い師が決めていたそう。
a0157174_15243580.jpg
朝鮮王朝の王宮は色彩が鮮やかなのが特徴ですが、
一角だけ地味な建物の集まるエリアが。
a0157174_15374696.jpg
派手なことが好みではない第24代憲宗が、尊敬する祖母と寵愛する側室のために建てた建物。
ここには多い時で80人ぐらいの人が住んでいたとかで、
障子で仕切られた小さな部屋がいっぱい並んでいます。

日本から嫁がれた李方子さんが実際に1989年までお住まいだった、と聞くと
「歴史上の建物」がにわかに現実的な「血の通った」建物に見えてくる不思議。

昌徳宮の後方には、広くて深い後苑が広がっているのですが
ここもまたガイド付きの特別拝観のみ許されているエリアなので今回はなし。
機会があったら行ってみたいなあ・・・

午前の部最後は北村、韓国古来の美しい建物の立ち並ぶエリアです。
a0157174_15554258.jpg

昔ながらのお金持ちが今も普通に住んでいるエリアなのに毎日山のような観光客!
あちこちの塀に「静かに」とハングルで書いてあるそうですが・・・うるさいだろうなぁ。
景観保護のため、内部の改築はいいのですが外観は変えてはいけないそうです。
それにしてもすごい坂道・・・ 雪の日は悲惨だそうです。
お金持ちも大変なのね。

ここまでの3箇所はソウル市内、明洞からもそれほど遠くありません。
とりあえずここで明洞に戻り、11人の方たちはさようなら、
私たちはお昼ご飯です・・・
                                         つづきます。






にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴにクリック、お願いします。ありがとうございました~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2012-03-22 16:06 | お泊まり | Comments(2)

Commented by JINパパ at 2012-03-26 12:20 x
私はソウルより釜山が好きで何度か訪れました。同じ様に世界遺産の慶州の方へ行きました。屋根のない博物館と言われる街ですが、なかなかのものでした。こちらの方が日本的ですね・・・慶州の方は屋根の反りが大き過ぎて違和感が有りました。
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-03-26 23:24
ちょうど知り合いからも釜山の良さを聞かされたところです。
何度もリピートなさるほど気に入ったんですね、JINパパさんも。
それはぜひ行ってみたいですね~、私も。
次回は釜山も入れてコースを考えてみようっと(^^)/