高千穂、不思議な「何か」

いつもの旅仲間4人で九州へ行くのはこれが2回目。
二年半前の前回は、瀬の本温泉「界ASO」と湯布院の「山荘無量塔」への二泊でした。

今回は私がどうしても行きたかった高千穂を組み込んで、
前回とはちょっと違う、でも楽しい旅にしましょうね!と、

5月15日、羽田から阿蘇熊本空港へと飛び立ちました。
・・・ちなみに皆、マイレージ利用。主婦の旅はやりくりの腕の見せ所です001.gif

お昼過ぎに着いて、すぐにレンタカーを借りて、高千穂を目指します。
「午後には上がる」という予報と違って、九州は雨。
阿蘇の辺りまで来ると、弱まってきた雨の代わりに霧が立ち込めてきて
a0157174_19591598.jpg
そのうちに視界数メートル、
ナビがあるからこの先の道がどう曲がっているかわかる、というぐらいの深い霧に。
「早くも神秘的ねー」「神話の国へ行く感じだわー」と言いながらゆっくり進みます。

だんだん霧も晴れてきて、高千穂町へのトンネルを抜けるころにはなんと雨も上がり
a0157174_2053547.jpg
「私たちあの雨で清められたのかしら・・・」と、
最初から不思議な気持ちに包まれての高千穂入りでした。

この日の宿は 旅館 神仙
高千穂地区でいろいろ探して、ここはお料理が美味しそうだし、
なによりもいつものごとく「一休」でお得プランを見つけたので決めました(^^)v
そしてそれは大正解!029.gif その理由はこのあといろいろ・・・

旅館の前の道に車が差しかかると、すぐに笑顔の男性が駆け出てきて誘導してくれて
そこから私たちの泊まる本館の門まで行く間に、何人の笑顔に迎えられたことか♪
門の前で車を停めると、どうぞ車も荷物もこのままで中へお入りください、と。

門をくぐると、またいくつもの笑顔でお出迎え・・・
a0157174_2128746.jpg
                                   暖かいお出迎えに旅の疲れもほどけていきます。

お部屋に通されて、お茶とお菓子をいただきながら説明を少し聞いて、
さあ!とすぐに出かける準備。私たちにゆっくりしている暇はありません!
最初に行ったのは、宿から車で15分の 「天岩戸神社」 です。

「天岩戸神社」は、岩戸川を隔てて西宮と東宮に分かれていて、
どちらにも拝殿があるだけで本殿はありません。
本殿は、西宮の裏の川を隔てた対岸の深い茂みの中にある「天岩戸」そのものなのです。
「天岩戸」は神域なので立ち入ることはできず、
西宮でお願いすると拝殿の裏へ案内していただけて、
対岸を眺めて「あの辺りです」と教えていただける(撮影は禁止)そうです。

私たちもまず西宮を参拝。
a0157174_20411684.jpg

その後、西宮から10分ほど歩いた河原にある
「天安河原(あまのやすかわら)」を訪ねました。

「天安河原」とは、天照大神が天岩戸に籠ってしまった時に、
八百万(やおよろず)の神々が集まってどうしたものかと話し合った、とされる洞窟です。
a0157174_20474574.jpg

雨上がりのしっとりと湿った空気、青々と茂った鬱蒼とした木々の中、
河原へと降りる道を歩きます。
a0157174_20551315.jpg

その先に、ぽっかりと口を開けた大きな洞穴・・・
a0157174_2141861.jpg

その周りにはたくさんの石積みがびっしりと並び、うす靄が立ち、
a0157174_2153180.jpg

シンと静まりかえって重々しい、身震いするような空気・・・
まさに八百万の神々の集いし所、
パワースポット、とさらっと言ってしまうにはあまりにも荘厳。

ここには何かがある、絶対に何かがある・・・とシャッターを押すと・・・
a0157174_20595921.jpg
                モニターにはっきりと写る「何か」・・・!

驚いて、さらに近付いて写すと・・・
a0157174_2172398.jpg

うす靄は立っていましたが濃淡は無かったし、光も差し込んでいなかったし
奥の岩肌に光を返す凹凸があるかと見てもそんなものはなく。
私と一人の友人のカメラには写って、もう一人のカメラには写っていませんでした。
a0157174_21114232.jpg
この川の左岸の上方、深い茂みの中にあるという天岩戸。
最初は物見遊山、見たい見たい!と思っていたのですが、
もはや見るのが畏れ多い気持ち。思いを馳せるにとどめました。

私たち4人は皆同じミッションスクールの同窓生、
それぞれの娘たちも同じ学校に通わせている「キリスト教寄り」のニンゲンなのですが
それでも「そこにある何か」を確かに感じ、この国の初めを思ってしまう、
そんな圧倒的なパワーを持った「聖地」でした・・・

「何か」に圧倒されたまま西宮を出て、次は東宮へ。
a0157174_21242384.jpg
ここも、高い高い木々に囲まれた厳かな雰囲気。
a0157174_21313775.jpg
拝殿の脇から湧き出る水は、御神水として大切に飲まれているそうです。

他の何物で代えることもできない「年月」というものの厳かさ。
a0157174_21373542.jpg
これらの木々の一本一本から発せられる精気をいただくべく、
思わず何度も何度も深呼吸をして、
鳥居の外から振り向いてもう一度礼をして、「天岩戸神社」を後にしました・・・
                                
                                             つづきます。

                        





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gifロゴにクリック、お願いします。ありがとうございました~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2012-05-18 21:51 | お泊まり | Comments(8)

Commented by そら&りきママ at 2012-05-19 09:20 x
たしかに写ってますね、たくさんのオーヴが!
自然に囲まれた場所、名所には人間が圧倒される
神々しさがありますよね。
九州はなかなか行く機会がありませんので、素敵な場所を
案内していただきました。
日本国内、まだまだ素晴らしい行ってみたい場所がありますね!
Commented by まろん at 2012-05-19 16:40 x
伊勢神宮に行ったときも圧倒的なパワーを感じました。そのときもこんな不思議な写真が撮れたんですよ。
うちの母も神社とか行って写真を撮ると、彼女の周りに沢山オーブが集まって、囲まれている写真になるんです。不思議ですよね。
お写真見ているだけで本当呼ばれてる気がしちゃいます。行きたいです。パワー充電したい!!
是非。
Commented by まりっぺ at 2012-05-19 20:02 x
でしょ?でしょ??でしょっ???本当に目に見えぬ不思議な何かってあるんですよ。こういう何かは、人生を努力して真っ当に生きぬく人には絶対にプラスに作用してくれるはず…駄目人間には邪悪な何かが作用するんだと私は信じてます。
な~んて書くと、ドン引きされそうですが…
私も高千穂は行って見たい場所のひとつです。
Commented by チップ&デールママ at 2012-05-19 20:12 x
ほんとだー!!すごーい!!
お写真を拝見させていただくだけでも、ご利益がありそうですね(^^)
新緑の季節だと、より一層パワーを充電できそうな気がします
行ってみたいなあ〜
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-05-19 20:48
そら&りきママさん。
オーヴっていうんですね、こういうの。
ググってみたら科学的な解説が出ていましたが、この場にいた身としてはそれだけではないパワーをひしひしと感じたので、
きっと「何か」だろうと確信しています。
日本は楽しい興味深い国ですね!
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-05-19 20:51
まろんさん。
やっぱり!こういう写真が撮れたんですね!
ああいう洞穴なら今までも行ったこと、見たことあるけれど
ここは空気が絶対に違ってました、他とは。
すごいところですよー、高千穂。パワー溢れてますよ!
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-05-19 21:03
まりっぺさん。
ほんとほんと。絶対に。確信しましたよ、改めて。
ここは、ゾッとするようなイヤな気持ちはまったくしないところでした。
自分がすとんとタイムスリップして神話の時代を垣間見たような、
そんな不思議な気持ちでした。
こういうことがあって、今を生きる自分達がいる、という気持ち。
東京にいると忘れがちですよね。
駄目人間・・・ ドキッ! 気を引き締めて頑張ろうっと。。。
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-05-19 21:07
チップ&デールママさん。
すごいでしょう?
たとえ科学で説明が付いたとしても、この場でこの写真が撮れたことに
何かを感じずにはいられません。
新緑ってそれだけでも若くてパワフルだから、
こちらに迫るものがぐいぐいいっそう力強いような気がします。