避けては通れないこと・・・

今年はまだ今のところ、朝の公園は涼しくて遊びやすい日が続いています。

  ただ・・・2、3日前からワーッと蚊が増えてきたので
  今日、とうとう今年初の「どこでもベープ」デビューはしましたが・・・

れおのお散歩も、少しずつ早い時間にシフトしています。
れおはたくさんのワンコにワンワン吠えられるのがとても嫌いなので
(あからさまにイヤ~な顔するのがすごく可愛いのー❤)
まだ人もワンコも少ない公園で、仲良しの数匹だけと遊ぶのは、れおには好都合。
a0157174_16595449.jpg
ちょっと「グルルル~」と言っちゃうときはあるけど、静かに(ときに激しく)
a0157174_17232993.jpg
ほんとうに楽しそうに遊びます。
a0157174_17245545.jpg
a0157174_17284120.jpg


このコたちはまだみんな若いから・・・


心配な話を聞きました。
昨日、一歳の元気坊や、柴犬くんが病院へ(ちょっとしたことで)行ったら、
奥で、友だちワンコのラブラドールくんが点滴を受けていた、と。

スペインから香港、そして日本と、パパの任地が変わるのについて引っ越してきたラブくん。
この公園が大好きになって、もうとろけそうなビッグスマイルで毎朝挨拶に来てくれるコ。
日本では少なくなった(らしいです)40㌔級の大きなラブくんで、愛嬌たっぷり。
毎朝公園の帰りに、交番のバケツに入っているお水を美味しそうに飲んじゃうので
最近ではおまわりさんもちゃんとお水を汲んでおいてくれるようになった、
というようなエピソードがすごくわかっちゃうような、本当に愛されるキャラクター。

でも十歳を過ぎていて、体の重さで足もちょっと引きずり気味。
こちらに来てから運動量が増え、体が締まって元気そうになったな、と思っていたのですが・・・

腎臓に問題が見つかったそうです。

その話を聞いたあと、公園の他の場所でのんびり楽しそうに歩いているラブくんを見つけたので
ああ良かった、重篤なことではないのかな、と思ったら

少し離れたところでラブくんを見ていた飼い主さんが、涙をぬぐっていました・・・
いつも明るいスペイン人ママ・・・

詳しい話は知りません。
投薬等でコントロールしながら、上手に付き合っていける病気かもしれない。
そうであってほしい・・・

「老犬には避けて通れないことなのよ・・・」

何匹もの犬を飼ってきたワン友さんが、その飼い主さんを見て呟きながら
そっと近寄って行って彼女の背中を撫でながら何か話をしていました。

私は・・・ 情けないことに、
何をどう話して良いかもわからず、自分も涙をこらえるので必死になっちゃって
遠くから会釈をするのがやっと。
避けては通れないことなのよ。
その言葉が、ずっと頭から離れません。
そんなことは百も承知で、れおと暮らし始めたのに。


明日は、楽しいお遊びの計画があります。
幸いお天気は万全のよう。
れおの一日を、またピカピカに光らせてあげよう。

明日が来る限り、毎日毎日をできるだけ気持ち良い一日にしてあげること。
二歳でも、十歳でも、十五歳でも。

公園でたくさん遊んで満足気に寝ているれおを見ながら、
あらためて自分に言い聞かせました・・・
a0157174_188144.jpg







にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2012-05-25 18:13 | 考えたこと | Comments(0)