出雲大社、そして松江へ

旅行の二日目。

チェックアウトの11時近くまで旅館でゆっくりしてから
いよいよこの旅行のメインイベント 「出雲大社」 へ詣でました。

湯の川温泉からは車で30分。
もちろん相当な混雑が予想されたので駐車スペースなど心配でしたが
「新門通り」という門前町の入り口近くにある大きな駐車場に誘導されて無事に停めることができました。

新門通りの奥、出雲大社の正門である、「木の鳥居」
a0157174_13353167.jpg
この奥に、山に向かって長い参道が続いています。
ただ平坦に伸びるのでなくてゆるやかなアップダウンがあって興味深い参道です。
a0157174_13453349.jpg
参道中ほどの太鼓橋「祓橋」を渡った先に「鉄の鳥居」、
a0157174_13523030.jpg
さらに奥の「銅の鳥居」をくぐると本殿、ですが現在は「御仮殿」です。
a0157174_1357783.jpg
a0157174_14174791.jpg

「平成の大遷宮」の最中で、本殿やその奥のいくつかのお社は拝観できませんでしたが
それでも全体のスケールの大きさ、地形、自然の豊かさ、
a0157174_1443919.jpg
いかにも「国譲り」の代償として建ててもらった、というにふさわしい佇まい。

ここはもう一度ぜひ訪れたい!できれば春夏秋冬、それぞれの姿を見てみたい。

この日に泊まった旅館の支配人が話して下さいましたが
第二次大戦後、天皇の神格化云々の問題もあって神話とか神様とかと言い辛い状況もあった、
でもこのごろようやく歴史・文化として見直されるようになってきた、と。

そう、神話が嘘とかホントとかじゃなくて、「神話」が存在し伝承され続けていることが文化。

たとえば、この「西十九社」
a0157174_14204125.jpg
神在月(旧暦10月)全国から集まる神々が泊まるお部屋。
そのときだけは扉が全部開かれているそう。敬虔なロマンにうっとりします。
a0157174_14292019.jpg
ぜひ遷宮の後、次は暑くないときにもう一度来て、隅から隅までゆっくり拝見したい。
                       また家族で来られたら最高だけど、それは無理だろうな・・・

参拝した後は、参道の脇に広がる広い芝生を横切るようにして
a0157174_14395619.jpg
隣にある「古代出雲歴史博物館」へ。
まずは、大きなガラスの向こうに見事な景色の広がるカフェでお昼ご飯。
a0157174_1444654.jpg
          チキンカレー、美味しかった!            ガムシロップ入れも可愛い♪
a0157174_14462589.jpg

昼食の後は、興味深い展示をいろいろ見て
a0157174_14522685.jpg
                 平安時代の本殿。まさに雲の上の神殿だったのですね。

ちょうど敷地内で開催されていた「神話博しまね」を少し見て、帰途につきました。

帰りは新門通りに立ち並ぶお店をいろいろ見ながら。
この通り沿いに 一畑電車の「出雲大社駅」があるのですが
現在の駅舎は一見、駅には見えないようなモダンな感じ。
a0157174_1561417.jpg
中にはカフェやレストランもあって、
a0157174_1592510.jpg
「縁結びラテ」だったかな?美味しかったです♪
a0157174_15112051.jpg

これで、出雲とはお別れ。宍道湖沿いに西へ、松江へと移動しました。

宍道湖、って、小学校で必ず習う湖ですね。
湖水の真水と、東隣にある「中海」の塩水が混ざり合う「汽水」の部分があって
そこでたくさんのシジミが取れるところ。
その程度のことを知って訪れたのですが、宍道湖も中海も、神秘的で素敵なところ。

二泊目の宿が宍道湖一望で、もうそれはそれは幸せな、安らぐお部屋、お風呂・・・
ずっと泊まっていたいわね、と家族全員ぞっこんの宿でした・・・ 詳しくは後日・・・

そして旅行の三日目は、まず松江観光から。車を旅館に置いたまま、歩いて街へ。

松江城を中心に掘川で囲われた、素敵な城下町です。
a0157174_15375582.jpg
a0157174_15381778.jpg
a0157174_15385756.jpg
旧日銀松江支店の建物を使った「カラコロ工房」
娘たちは記念に、それぞれ石を選んで「勾玉アクセサリー」を作りました。
a0157174_15454015.jpg
そしてもちろん 松江城
a0157174_15465869.jpg
天守閣からの眺めは最高です。
a0157174_15492423.jpg
a0157174_15501033.jpg

松江というのは、小泉八雲が英語教師として一年余り住んだところ、ということで
旧居も見学。
a0157174_160456.jpg
a0157174_1615683.jpg

その隣の出雲蕎麦やさん、八雲庵でお蕎麦を食べて。
a0157174_1633634.jpg
a0157174_1681248.jpg

歩きまわって疲れたので、そこからは周遊バスに乗って車窓の景色を楽しみながら
a0157174_16112639.jpg
車を停めていた旅館へ戻りました。

そして、そこから次の宿泊地へ・・・向かうはずだったのですが、
夫と次女の思いつきでもう一カ所、足を延ばしてドライブすることに。

そうすると旅館へ入る時間が遅くなって慌ただしくなるんじゃ・・・と心配だったのですが、
結果的に、いろんな意味で大正解でした003.gif

とっても有意義な、楽しい午後のもうひと遊びになりました・・・        つづきます。






                      にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
                      にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2012-08-18 16:24 | お泊まり | Comments(4)

Commented by チップ&デールママ at 2012-08-19 06:53 x
出雲大社はやっぱり10月がトップシーズンになるのかしら?!
私もいつか「西十九社」の窓が開いてるの見てみたーい!
日本人なら一度みたい光景ですよね!
しかし小泉八雲も宍道湖のシジミも出雲蕎麦も超有名なのに
全く行った事のないところばかりだわ〜と改めて思いました
まだまだ続きがあるんですね!楽しみです(^^)/
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-08-19 21:44
チップ&デールママさん。
10月は、集まった神様をもてなす行事がたくさんあるそうです。
行ってみたいですよね~ 来年以降。
山陰、ちょっと「遠い」イメージがありますよね。
むしろ九州の方が、行ったことある人多いかも。
でも飛行機があるから実は簡単に行けるんですよ。
今回思いきって行ってみて本当に良かったです(^^)/
Commented by 55aiai at 2012-08-20 23:18 x
こんばんは!
移動距離がハンパないですね!お疲れさまでした。
十九社には東と西があったと思うのですが、あれは出雲を中心に考えた「東」と「西」なんですよ。そうするとなんだか東のほうがずっと広い~?と思われるかもしれないのですが、神様の数が西に偏っているのでちょうどいい、と考えるらしいですよ^^
神在月は10月なので確かに10月はとっても人気の時期なのですが、本当は旧暦の10月なので今の11月も含まれます。
来年の5月の遷宮が楽しみですね~~~~♪♪すっごいきれいな屋根になるのがほんっとーに楽しみです!
Commented by mamimi-loves-leo at 2012-08-21 17:03
55aiaiさん。
読んでくださってありがとうございました。
55aiaiさんの記事はとても参考になって感謝しています。
行ってみて、文化も地形も特徴的な魅力的なところだと
あらためて思いました。素敵なところですね~
55aiaiさんが次にいらしたときの記事も楽しみにしています。
きっと、またもっと再訪したくなるのでしょうねー、私・・・