れおのクレートトレーニング・リベンジ編

もう何度も書いているけれど、れおは私にとっての「初犬」なので、
れおと暮らし始めるまで私は「犬」のことがぜーんぜんわかっていませんでした。

「飼おうか」と思い始めてから実際に「飼う」まで2年近く時間があったので
もちろんその間いろいろ「勉強」したけれど、そんなものは絵に描いた餅、
実際暮らし始めたら教科書通りになんて全然いかなくて日々体当たり、しっちゃかめっちゃか。
結果、次にワンコ育てすることがあったら、絶対にこの点は気をつけよう! と思うことが
いくつも残ってしまいました・・・

例えばトイレトレーニング。
れおはひと月も経たないうちに自分でトイレに行くようになって、以降ほとんど失敗なし。
その上、お外でも「ここで」と思うところでチーをしてくれるようになって万々歳!
・・・と思っていたら、気付くと家ではウン〇ができないコになっていました・・・
トイレシートも家でしかできないし、当初の目標だった
「いつでもどこでも、コマンドかければ自由自在」とはずいぶん違う感じに収まっちゃった025.gif

でも、それよりもっと痛切に
008.gif「最初にきちんと教え込んでおけばよかったーーー」
と悔やんでいるのは、クレートトレーニング!

私は、クレートトレーニングの意味を完全に間違えていて、
ハウス!と命じれば(おやつ欲しさに)クレートに飛んで入ることをして
クレートトレーニング成功!と思っていたのです。

そうじゃなくて!

クレートトレーニングとは、クレートの中に入っているのが一番の安心、と
ワンコに思わせることだったんですね・・・

「閉じ込めるのは可哀そうではなくて、
 犬は元来穴を掘ってその狭い中にいる動物だったから狭いところの方が安心する」

と、何度も読んだし聞いたけど、どうも信じられなかったのです。

現にれおはクレートに入っても、入口を閉めたとたん 出して出して! って大騒ぎしたし、
「出して、と騒ぐときは周囲が見えないように布をかぶせましょう」
と書いてあったけれど、一度ぐらいちょっと試して、やっぱり静かにならないから
そんなわけないじゃない!と諦めて・・・ 
クレートとケージを合体させたところに閉じ込めたのが精一杯、
a0157174_21483887.jpg
そうするとれおはいつもクレートの外、トイレトレーの上にいたので
a0157174_21503571.jpg
このコは並はずれてクレートが嫌いなんだわ、戸を閉めて布をかぶせるなんてとーんでもない、と
無知なカイヌシは思い込んでいました。

それが間違いだと、本に書いてある方が正しいのかも、と思い始めたのはつい最近・・・

れおが唯一、今でもクレートに閉じ込められるのは車に乗るとき。
ちょうど良く背もたれを倒せるので、クレートをそこに設置しているのですが
a0157174_2156030.jpg
これももちろん、れおは大嫌い。
疲れ果てた帰り道なら眠りますが、行きはとにかくごそごそ歩いたりカリカリ周りを引っ掻いたり
そのうちキュンキュン言い出して終いには吠えたりすることもありました。
この頃はさすがに慣れたのか普通に走行中には吠えはしませんが、
明らかに不快そうにゴソゴソしっぱなしだしバイクの音がすれば中で大暴れ、
ギアをバックに入れたり減速したりすればもう停まるのかと思って出せ出せワンワン。
こちらも慣れたので、ごそごそしようがキュンキュン言おうが全く無視していたのですが。

実は昨年末の、家族4人で軽井沢からの帰り道、
いつもはれおのクレート分狭くなった後部座席に娘二人、きつきつで乗っていたのですが
その日は買ったものやら何やら荷物がすごく多くて、後部座席にも置かざるを得なくなり
ええい!騒ぐなら騒げ!とばかりにクレートの前の背もたれを上げて、
れおのクレートを前の見えないようにしてみたら、

005.gifなんとビックリ!

れお、事故渋滞に巻き込まれていつもの倍、4時間以上もかかった道中、
ただのひと声も発さないばかりか、ゴソゴソもカリカリもせず、
そればかりか隣にすごい音のバイクがいようが、PAに停めてトイレ休憩しようが、
れお本当に乗ってるの?・・・生きてるの? と思うぐらい静か。

家に着いて背もたれを倒したら ・・・あ、ついたの? と言わんばかりに顔を上げてゆっくり起き上がります。 

それ以来、先日のスキ―旅行も含めてすべてのお出かけで背もたれを上げているのですが
まったく静かなのです。落ち着いて眠っているらしい。

それを見て、夫と私は深く考え込んだのです。やはり、専門家の言うことは一理あったのだと。
れおは、なまじ前が見えて、動く景色や私たちの様子がわかるほうが落ち着かないのです。
周りを囲まれた「自分の穴」の中だと、何も気にしなくてよくて気持ちも休まるようなのです。

三歳になって、掃除機やフードプロセッサーのときはクレートで待てるようになったり、
少しずつれおも私たちもクレートの何たるかがわかってきたことと関係があるのではないかしら。
これをもっと最初に徹底して教えてあげれば、れおも私たちもずいぶん楽だったはずなのに。

それで数日前からですが、大震災以来、夜はまったくフリーにリビングで寝ていたれおを
クレートに入れて入口を閉めて寝かせるようにし始めました。
私より遅く寝る娘がしているのですが、
クレートに入れて小さなおやつをあげれば閉めてもその後もウンともスンとも言わないそうです。
夜中にリビングに入っても、何も反応しないそうです。
(朝、私がリビングに行くと、カリカリ引っ掻いて「出して出して」って言うんですけどね。
  理想は、それすらも言わないぐらいリラックスしてくれることなんでしょう・・・)

これを続けていって、クレートにもっともっと慣れてくれないかな。
そうすればお泊まりに行っても、いつも寝る場所が安心できてれおも楽なはず。
         三歳半からのクレートトレーニング・リベンジ編。 さあ、どうなることでしょう・・・





                      にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
                      にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2013-02-19 22:42 | れお | Comments(2)

Commented by キース家のまりりん at 2013-02-19 23:13 x
うんうん、遅くないと思います!!絶対今後役に立つことですもん、もちろん震災のときだってクレートに入ってくれたら一緒に避難できますしね、やっぱり一番落ち着いて寝れるところはクレート、と思ってくれればこちらも誤飲や事故の心配もなく留守番させられますし。
うちは家の外で車の中が一番静か(笑)
うちも車にバイクに吠えまくる犬なので。。。
車では家より一回り小さいバリケンに入れてますが「キース入れた??」って思うくらい気配消してます(笑)

家でも皆が寝るときもバリケンです。毎日8時間留守番してますが、バリケンの中なんです。可哀想とも言われますが、フリーにしていては気になって仕事にならないし、たぶんずーっと寝てます^^

れおくんもきっと大好きになりますよー。家族がちょっと頑張るところなのかもしれませんね。ファイト!
Commented by mamimi-loves-leo at 2013-02-20 22:07
キース家のまりりんさん。
う~ん、なかなか苦戦しているんですよ・・・
れおも、車の中ではまさに「気配を消す」ことができるようになったので
パピーのときにクレートに閉じ込めたときとはずいぶん違うだろうと
希望を抱いての再チャレンジだったのですが
・・・夜に関しては、あまり前回と変わっていない様子(-_-;)
でも考えると、上手く入った躾は全て「どうしてもこれだけは!」って
こちらが強く思ったものばかりなんですよね。
家やカフェで粗相をしない!とか、掃除機の邪魔をしない!とか。
できればこの方が・・・ぐらいの気持ちで教えたものは入らない。
だから今回は腰を据えて、長ーい目で見て頑張ります。
今年中に「眠くなったらクレートに入るんです」って言えるように、
そう、れおと私の「今年の抱負」にします!