新しいお隣さん

お隣に新しく建つ建物の「説明会」に行ってきました。

高さ10メートル以上の建物を建てる場合、
冬至の日の日照図で蔭に入る建物の住民に説明会を開いて理解を得るようにすることが
条例で定められているそうです。

一昨日知ったショッキングなことを始め、
実は最近私にとって良くないニュースが続いていたので
なんだか今日も参加するのが気が重くて・・・支度しながらため息なんてついたりして。

「どうしたの」と訊く次女に、

「こんなことじゃダメね。
 新しいことに直面するのがシンドイというのはまさしく心が歳をとった証拠、
 10年前の私だったらきっと新しい展開にドキドキワクワクして行ったに違いないわ。
 きっと案ずるより産むが易し、悪いことばかり考えていてはダメね。」

と話し、
そうよそうよ、と励まされて・・・行ってきました。

住民側で参加したのは私たち夫婦と、反対側のお隣のYさんの奥様と若奥様、
それと裏のアパートの管理会社の人。

先日ちょっとご挨拶にみえたときも好印象でしたが、
施主さんも設計家の方もやはりとても誠実そうな物腰の柔らかい良さそうな方。
法律的には何の問題もないのだからもっと毅然とされてしまうかと思ったら
とても真摯に私たちの意見を聞いて下さいました。

Yさんもうちも、心配は賃貸部分に住む人と、プライバシーの問題。
こちらの心配を汲んで下さって、窓の位置や形状を一つ一つ確認、摺り合せ。

ホッとしたのは施主さんファミリーも小学生のお嬢さんがいらっしゃるということで、

「すごく嬉しいです。
 うちも娘が二人、心配することをご理解いただけますね。」


と言うと、はい、はい、それはもうもちろん、と
何度も大きく頷きながら言ってくださいました。

管理会社の方も(これは営業トークかもしれませんが(^^ゞ)
入居者の調査もきちんとするし、要所要所にカメラも付けるし、
ご近所のためにも施主さんのためにも自分の会社のためにも
「変な人」は絶対に入れません、と。

良かった、やっぱり案ずるより産むが易し、でした。
帰って母に報告して、母もちょっと安心した様子です。
思えば奇しくもちょうど一年前、お隣がお引越しすことが決まって以来
ずっと頭のどこかに引っかかっていた心配な気持ち。
それが、現実的な中ではいちばんいい形でおさまった気がします。
また、良い隣人関係が築けそうな気がしてきました012.gif

東京は今日も北風が寒かったけれど、日差しの明るさはすっかり春色。
a0157174_18463469.jpg
                      季節も変わるように、私も新しい明るい気持ちで新年度を迎えられそうです♪





                      にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
                      にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2013-03-02 18:49 | 今日のできごと | Comments(2)

Commented by くーまたん at 2013-03-02 23:02 x
お隣に建つ建物の関係の方たちよい方々で、いい説明会になりよかったですね♪
ここのところ大変なことが続いて、辛いお気持ちになられていたのだと思いますが、もうすぐ春ですもんね☆
明るい気持ちで、新年度を迎えたいですよね♪
まみみさんもそんなお気持ちになってきて、よかったなぁ…なんて思っています^^

Commented by mamimi-loves-leo at 2013-03-03 21:36
くーまたんさん。
ありがとうございます(^^)/
春はやっぱり明るい楽しい気持ちで迎えたいですね。
きっといいようになる!と信じて、新しい年度、新しい生活の準備を
楽しく始めようと思っています♪