れおの足のこと

ワンコは痛みに強くて、
さらに、多少痛くても我慢して普通に振る舞おうとする、
と、読んだりすると、
002.gifああ・・・ 今回のことはすべて私のせいなのではないか・・・  と思えて仕方ありません。

11月末に私が痛めてしまったれおの足は、順調に回復したように見えていたし、
その後、忘年会の準備や、私がぎっくり腰になったことで、
幸か不幸かお散歩も短め、運動少なめの日が続いていて、
れおの休養もじゅうぶん過ぎるぐらいだと思っていました。

最初に あら? と思ったのはいつだったか。
はっきり覚えているのは、ケガから一か月近く経った奥日光雪遊びの時、
着いてクレートから出して、すぐに走り出したれおの足取りがちょっと ・・・?だったこと。

でも、すぐに普通になったし、冷たいフカフカ雪のお散歩だから大丈夫かな、
れおもこんなに喜んでいるし、と、その日はそれですっかり忘れてしまう程度のことでした。

その後も何日かおきに、ちょっとおかしい?気のせい?と一瞬思うことが数回。
でも元気いっぱいにお散歩に行きたがるし、外の工事の騒音に家中走り回って怒るし、
あんまり、全然、心配していなかったのです。
佐野の山歩きの日も、気を付けて見ていましたが一度もそんな様子を見せず、
終始先頭に立って張り切って小走りしていました。

大晦日、
ソファーの上でぐっすり寝ていて、起きて立ち上がるときにガクッとなって、
その後に2,3歩「ビッコをひく」ことがあって驚いたのですが、
それでもすぐその後はいつものれおだったので
ソファーのクッションに足をとられたのかな、と、まだそんなふうに思っていました025.gif

ところが一昨日の日曜日の朝、
私が起きて、クレートの入り口を開けると、
いつものとおり、待ちかねたように中から飛び出してきたれおが・・・ひどいビッコ005.gif
ごはんごはん!と纏わりつくのはいつもどおりでも、その足取りは明らかにアンバランス。

とりあえずごはんを食べさせて、休ませて、次に歩いた時は落ち着いていたのですが、
ウ〇チのために外に出て歩き始めると・・・やっぱり少しおかしい・・・

有難いことにれおの病院は、お休みは元旦だけでもう開いていたので
お電話で経過をお話して、すぐに連れて行きました。

返す返すも、あのいちばんひどい様子を動画に撮っておくべきでした。
病院でのれおは、ちょっと変?程度。
でも、起き抜けにビッコを引くのは関節炎の特徴、とネットでも見ていたので
先生にも「起きたときがひどい」とお話ししました。
先生は、まず注意深く捻挫やケガではないかを診て、ケガではないですね、と。

体重のバランスなどから、かばっているのは右前脚と特定して(私もそう見ていました)、
レントゲンを撮っていただきました。

私としては、私が踏んだ後遺症、という考えがぬぐえないので足首が心配でしたが、
足首は骨も関節もとてもきれい。
肘も肩もきれいなのですが、強いて言えば、肘の裏側から撮った写真に写る一か所が
やや、なめらかでないようにも見える、軽度の関節炎ですね、と。

あああ・・・ やっぱり・・・

消炎鎮痛剤を5日間飲んで、治ってしまえばそれでOK。
それでも変わらなければ、さらなる検査をしましょう、とのことでした。

もっと早く事の重大さに気付くべきだった。
いつの時点でそんなことになっていたんだろう。
そして、何が原因?やっぱり私が踏んだこと?

帰り道、いろいろ考えて、トボトボ歩く私の隣で
ちょっと高いところにピョンと飛び乗って、楽しそうに遊びながら歩くれお。
a0157174_18315018.jpg
心配させないようにしてくれているような気すらします007.gif

先生のお話を思い返しながら、できること、すべきことを考えながら帰りました・・・
                                          
                                                  つづきます。




                      にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
                      にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2014-01-07 18:44 | れお・体のこと | Comments(9)

Commented by まろん at 2014-01-07 20:02 x
れおくん心配ですね。
もしかしたらちょっと足が弱いのかな?
レオのお腹がちょと弱いように・・・。
まみみさんのせいじゃないですよ。
元気出してくださいね!はやくよくなりますように!
Commented by チップ&デールママ at 2014-01-07 20:26 x
シェルティって、割と関節の弱い子多いんですよね
もしかしたら、れおちゃんもほんの少し関節がゆるいのかな?
いずれにしてもママのせいじゃないですよ〜
ひとまず消炎剤で治したら、今後は寝起きチェックは欠かせませんね!
今は高性能レーザー治療や水泳治療や良く効くサプリやら色々あるので、もし関節に問題があったとしても、打つ手はたくさんありますよ!
でも、やっぱり一過性のものであって、何でもありませんように!とお祈りしてます!
Commented by チップ&デールママ at 2014-01-07 20:31 x
連続すみません!!
関節治療中は、寝起きの様子、お散歩中の様子など
普段の動画をたくさん撮っておくことをオススメします〜
私達が気づかなくても、獣医さんなら気づくこと多いですよ
どうぞお大事にしてくださいね
Commented by Fomalhaut at 2014-01-08 11:23 x
 ウチの場合は、動くと痛くなるパターンで、レントゲン上は全く何も分からなかったのだけれど……CTでおや?な部位が見つかって、関節内視鏡であのような事態が発覚してしまったのでした。
6歳半まで気付かずにいた我が家に比べれば、何があってもまだ軽度だと思います。
 どうかどうか、駆けっこ大好きな腕白末っ子のれお君のあんよ、大したことありません様に!(⊃д⊂)
Commented by wendymilfy at 2014-01-08 13:39
遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します。

私も、まみみさんの心配されている件とは、関係ないと思います。
関節の心配は、シェルティには珍しく無いと言いますし、
ウっちも思い起こせばちょこちょこと、色々有ったように思います。
ゴルの股関節もそうですが、上手く付き合って行く事が大切で、
一過性の場合も含めて、あまり神経質にならない方が良いのかも知れませんよ。
でもね、お気持ちはお察しします。心配ですよね。

何はともあれ、れおくんの症状が早く改善されますように・・・!
Commented by mamimi-loves-leo at 2014-01-09 15:57
まろんさん。
れお、これでもう3,4回目だものね。弱いと思います。
これからはそう思って、もっと早く異常に気付くようにしなくっちゃ。
幸い大事に至らずに良くなりそうです。
今年はレオくんとたくさん遊べますように!
Commented by mamimi-loves-leo at 2014-01-09 16:09
チップ&デールママさん。
今まで足を痛めるたびに、その時その時の原因ばかり考えて
「そもそも関節が弱い」とは考えてませんでした。
でも今回はそう思わざるを得ませんね。
これからはそういう意識を持って、歩き方を気を付けて見ていようと
思います。
足を引きずりながらでもハトは追いかけるしバイクの音には
窓に飛びつくし、外に行きたくてドアの前で切なく鳴くし、
ほんとにもっと早く気付いてあげれば早く治ったのに、と後悔です。
先生も今回の程度なら完全に治ると言って下さったので、
今後できることすべきことを考えて関節を手なずけながら
上手くやって行こうと思っています。
ご心配いただいてありがとうございました!
Commented by mamimi-loves-leo at 2014-01-09 16:33
Fomalhaut さん。
ピースくんの記事を読んでいるときは、私自身の長引く腰痛を抱えつつ
れおの足の私が踏んだ後遺症(?)を心配しているときだったので
全然ひと事じゃなくて。
今回、鎮痛剤を五日間飲んでも症状が変わらなかったら
もっと詳しい検査のできる病院に、と言われた時も
ピースくんのことを読んでいたので私にしては驚くほど冷静に、
そうでしょうそうでしょうと受け止めました。
今のところ良くなったように見えますが、れおも何ともないと思ったら
ふとおかしかったりするので当分要観察です。
れおもこれからずっと関節は要注意、目が離せません。
頑張るピースくんを見習って、
れおもれおらしく頑張ってもらおうと思います。
ご心配いただいてありがとうございました。
Commented by mamimi-loves-leo at 2014-01-09 16:47
wendymilfyさん。
関節炎になりやすい種、のところにシェルティーは必ず入ってますね。
あんな寒いところで羊を追いかけている犬なのに。
れおはどうやらその「なりやすい」方に入っているようです。
ママさんのブログでコラーゲンのことを伺って、サプリを始める前に
まずは、と思って手羽先を買い込んでおいてよかったです。
牛筋も、我が家ではあまり馴染みがない食材なのですが、
これを機にヒトもワンコもいただくようにしようと思っています。
ママさんのブログを教科書に、れおのアンチエイジングに励みます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>