時の流れに身をまかせ

ニューヨーク旅行記を書いていた週末、
私はまたしてもお出かけをしておりました。

夫の研究室(大学院)時代から、30年近いお付き合いの続いている友人(先輩)たちと
草津に行っていました。
昨年末、久々に「忘年会」ということで集まったときに
酔った勢いもあってトントン拍子に話が進み、
そのときは、我が家のニューヨーク旅行もプランこそあったけれど
次女ちゃんの受験の首尾如何によっては行かないという可能性もあったので

みんなの予定が合うならその週末でOK!行こう行こう~003.gif
と、決定していたのです。

結果的に、幸いなことにニューヨークに行けることになったので、
私は帰国してから山のような4人分のお洗濯物や留守中の分の雑事に追われ、
夫は一週間も仕事を休んだ後ゆえに木、金の二日は大忙しの上に金曜は泊まり勤務、
しかも双方なんとなく時差ボケも継続中、という決してベストとは言えない体調の中ながら
火事場の馬鹿力とでも言いましょうか、楽しく元気に温泉旅行をしてきたわけです。

今回泊まったのは、湯畑に程近い 奈良屋 さん。
a0157174_1825156.png
木造で、古い旅館によくあるように建て増しして複雑な構造になっています。
入ってすぐのロビーも、真ん中の板敷のところはモダンに改装されているけれど
a0157174_18384970.jpg
奥のソファのところは昔懐かしい「洋間」の設え。

客室も、改築されたらしい新しい素敵客室もあるようですが、
私たちが泊まった「通常客室」は昭和の香りの漂う、ザ・温泉旅館な雰囲気。
a0157174_18382081.jpg
窓の外も温泉街な感じで
a0157174_18395870.jpg
素朴な湯治感をたっぷり楽しむことができました♪

お湯は、さすがです!素晴らしいお湯。
源泉が近くてフレッシュなためか、硫黄の匂いもそれほどキツくなくて
ぬるすぎず熱すぎず、でもちょっと熱めの私好みのお湯が、湯船になみなみ溢れていました。
ここは、やっぱりなんと言ってもお湯を楽しみに来るところですね。

私は草津に3、4回来たことがあるのですが、なんと夫はスキー以外では初めてとのこと。
そう言えば、夫と来たことはなかったな~ と今さらびっくり023.gif
着いた日、土曜は素晴らしいお天気だったので、草津初心者の夫のために、
ここの近くに別荘まで持ってる草津エキスパートの先輩と一緒に
湯畑、賽の河原、と、主要処をお散歩して回りました。
a0157174_19225449.png

夫と先輩、20代半ばからの友人で、
結婚以来私も一緒にいろんなところに遊びに行っている仲ですが
50過ぎて、みんなそれぞれ責任あるポジションでお仕事をしているのに
こういう集まりだと話すこともすることも当時のまんま。

賽の河原でも、熱そうな危なそうなところを見るとわざわざ触りに行くし、
そこは歩くところじゃないって!危ないから駄目だって!!と言ってるのに
a0157174_18572388.jpg
良い子は決して真似しないでね、の振舞い・・・015.gif


二日間、たくさんしゃべってたくさん笑って、でも真面目な話もちょっとはして、

この顔ぶれになると何もかも昔のまんま、と言いたいところなのですが、
みんなそれぞれ激務の合間に時間を作って来ていることもあって
夕食時からどんどん威勢よく飲んでしゃべっては昔のままだったのですが
早くも11時過ぎには・・・そろそろ寝ようか、と。

039.gif昔は寝ずにハワイに着いたその日だって平気で2時3時まで飲んで遊んでいたのにね・・・

と、ちょっと「寄る年波」を感じてしまったりもしたけれど
それでもとても楽しい小旅行でした012.gif

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2014-03-31 23:00 | お泊まり | Comments(0)