熱海へ・・・

観音温泉「ピグマリオン」のバスで下田駅まで送っていただいた私たち。

天気予報によると、この日も「陽が射す時間もある」程度の曇りがち予報だったので
日焼けしている場合じゃないお年頃の私たちなのに
日傘もお帽子も持ってきていない者三名。(含む私)

ところがこの日の伊豆は「カンカン照り」、
下田駅近くの喫茶店で、電車の時間を待つ間に
代わる代わる近くの「しまむら」に行って帽子を買う、という、
楽しいオマケ付きで006.gif 下田を後にしました。

真っ青な海を眺めながら
a0157174_20543527.jpg
踊り子号で向かった先は、熱海です。
a0157174_20593367.png
帰りの電車の切符は、
お天気次第で帰る時間も変わるからと、取っていなかったのですが
この青空を見て「二日めもたっぷりと遊ぶ♪」ことに決定003.gif

まずは、お昼ご飯をいただきに、熱海通のK代さんのご提案で
大人気店、わんたんやさんへ。
いつでも必ず混んでいる、という口コミ通り
a0157174_217027.jpg
もう2時近かったのに行列が。
強い日差しの下でしたが、しまむらで買った帽子があるから大丈夫。
30分ぐらい並んで、念願のワンタン麺にありつけました。
a0157174_21174067.jpg
私は意欲的に「チャーシューワンタン麺」 ああ、今見ても美味しそう~♪ また行きたいです~012.gif
a0157174_21163453.jpg

美味しい大満足ランチのあとは、少し歩いて
朝ドラ「花子とアン」で、仲間由紀恵の嫁いだ先のお屋敷として外観が使われたという
起雲閣へ。
a0157174_21335898.jpg
a0157174_21343044.jpg
とても興味深く楽しく見学して、
a0157174_21465531.jpg
a0157174_21401426.png
最後に、素敵な喫茶室で休憩。
居心地の良いソファ席に座って
a0157174_22384229.png
美味しいコーヒーを飲みながらいろーんなことを話して
さあ、ではそろそろ帰りましょうか、と駅の方に戻りました。

最後にもう一度お土産を探しましょうと、駅前のアーケードをあっちこっちウロウロして
脇に入る角を曲がってみたら、Y子さんが ・・・あ、、、 と。
そこにあったのは、
体調を大きく崩される前のご主人様と彼女が最後に入ったカフェだったのです。

実はこの旅行、皆で計画、相談したのですが、
とても忙しいY子さんには「下田に泊まる」と言っただけであとはお任せしてもらい、
彼女は熱海に寄ることも知りませんでしたし

私たちも、彼女の最後の家族旅行が熱海だったことは知らずに
起雲閣に寄ることなどを決めていて

起雲閣のすぐ向こうに、その旅行のときに泊まった旅館が見えたときに
彼女は感慨深げに「あそこが最後の・・・」と話してくれて
私たちはなにか不思議なものを感じずにはいられなかったのです。

そして、最後にアーケードを歩くことも、脇道に曲がってみることも
しゃべりながら適当に決まって行った行程なのに
そこにその思い出のカフェがあったなんて。
家族四人で旅行したけれど、娘さんたちはひと足先に東京に帰って
ご夫婦二人で入ったそうです。

混雑するアーケードの脇の小さなカフェでしたが、入ってみると
不思議なぐらいぽっかりと六人掛けのテーブルが空いていて

「あそこに座ったの」と彼女が指さす先の、ちょっと奥まった二人席も空いていて・・・
ご主人様がそこにいらして、にっこりこちらを見ている気がしました・・・

「コーヒーが美味しいわね、素敵な店ね、って話したわ」と聞いて、
ああ絶対にご主人様がもう一度彼女と来たかったんだなあ、
下田に行くって聞いて、帰りにこちらに寄り道するように導かれたんだわ、
だからこの晴天・・・? と、考えれば不思議なことばかり。

旅行中、笑いっぱなしで楽しんでくれて、
そのカフェでも心に思うことはたくさんあったでしょうけれどしんみりし過ぎずに、
明るく楽しく旅行を続けていた彼女を見て喜んでくださったでしょう。


熱海からは、新幹線ではなくて東海道線に乗って
最後の最後までゆっくりたくさんおしゃべりしながら帰ってきました。

二年ぶりの旅行。
ただの二年じゃなくて、特別の二年ぶり。そして、特別の旅行だったような気がします。
最初から最後まで、心に沁みる、とてもいい旅でした・・・




                      にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
                      にほんブログ村    ぽちっとしてね・・・zzz

by mamimi-loves-leo | 2014-07-02 23:01 | お泊まり | Comments(2)

Commented by nanayumi723 at 2014-07-04 14:58
とても素敵なお話でした。
Commented by mamimi-loves-leo at 2014-07-04 20:41
nanayumi723さん。
私も父を亡くした後、いろいろ不思議なことがありました。
必ず「なにか」があるのだと思っています。
コメントもたくさんの「イイネ」も、どうもありがとうございました(^^)/