有終の美・・でも「終わる」ことはやはり哀しい・・

私が12年間、週に二回ずつ通い続けた
「こどもの城・レディーススイミングクラス」

今日が最後のレッスンでした。
何だか未だに全く納得できない理由による「こどもの城」閉館に伴うものです。

今日の抜けるような青空にひときわ輝くシンボルツリー「こどもの樹」
a0157174_18284565.png

何度も書いていることですが、40過ぎて初めて体験したぎっくり腰の恐怖から
救いを求めるように始めた水泳。
カナヅチだった私に続けられるかどうか、まったく自信がなかったのに
今では水泳は生活の一部、
悩みがあって気鬱でいても、体調が多少悪くても、とにかく泳ごう、泳げばなんとかなる。
私の心身の安定を保つために不可欠なものになりました。

閉館のお知らせを受けたときは、
この先どうしていけばよいの・・・と、暗澹たる気分になったけれど、
幸いにも各先生方のご尽力でこれからも場所を変えて、同好会のような形での水泳会や、
その他、ランニング、ストレッチなど、いろんな催しを定期的に開催して下さることになり、
ああ良かった、路頭に迷うことなく、私たちのさらなる老後のQOLはなんとか保てるかも、と
みんなでホッと胸をなでおろしています。

それにしても・・・
返す返すも「事業ナントカ」!
廃止!閉館!と切っていくのがそんなに楽しかったの?と、恨み言が・・・出てしまいます。
幅広い層に活発に有効に利用されていてペイしていたのに。
耐震補強の予算が出せない、との理由が付いたそうですが、結局身売り先も未定、
壊すのにも耐震補強以上のお金がかかるからオリンピックまではいじれないとか、
信じられないような話が聞こえてきています。何が真実かはわかりませんが。

定期的に手を入れてまだ十分きれいだった施設が、
本当にみすみす廃墟か瓦礫の山になるのかと思うと・・・  もったいない!

今からでもどなたか、ホワイトナイトがやってきて、
より良い施設に、発展的に利用、継続するプランを打ち立てて下さらないかなあ・・・

レッスンのあと、長年水の中で苦楽を(?)共にしたメンバーたちと
お昼をご一緒しました。
それぞれ、最初は子どもの親として通い、子供が成長してからは自分のために通い、
こどもの城とは20年の30年のお付き合いの方も多くて、本当にしみじみ、感無量。

せっかく築いてきたご縁、これからもいろんな形でつないでいきましょうね、
とお約束して、ささやかな打ち上げとしました。

ああ~ 春が来るというのに。
今年の春は、あれこれ心に抱えて、複雑な思いで迎えることになりそうです・・・



                         にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2015-03-12 19:00 | 今日のできごと | Comments(0)