ベンメリア・・畏怖と恐怖

シェムリアップでの最後の日は、「選べる観光」の日。
東南アジア最大の湖トレンサップ湖でクルーズ、国立博物館、
アンコールよりさらにひと時代前の王都・ロリュオス遺跡など、
ツアー会社からいくつか提案された中で私たちが選んだのは
「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われている ベンメリア でした。

シェムリアップから70㌔、一時間ちょっとのドライブ。
観光都市の外の、郊外の景色も見ることができました。
a0157174_15454381.jpg
今年は雨が少なくて、お米の生育が悪いそうです。ガイドさんが心配していました。
a0157174_15534414.jpg
この辺りの住居は高床式が基本。
a0157174_1556795.jpg

シェムリアップからたった5~60㌔の村でも、電気がなかったり、
アンコールワットを見たことがない(見に来ることができない)人がたくさんいる、そうです。

そして、ベンメリア。
アンコールワットとそっくりの造りであったというここは、
やはり低層の仏教寺院の例にもれず、木々に纏わりつかれて崩壊寸前。
a0157174_16135081.jpg
a0157174_16154220.jpg
a0157174_16232762.jpg
a0157174_16313928.jpg
がれきの一つ一つを良く見てみれば、こんなに細かい彫刻がぎっしり。
a0157174_16253025.jpg
a0157174_17202468.png
a0157174_17163338.jpg
ああ、ここにも乳海攪拌!
a0157174_1626749.jpg
ガイドさんに導かれて探検気分です。
a0157174_16441469.jpg
a0157174_1647289.jpg
a0157174_16395561.jpg
アンコールワット周辺でたくさん遺跡を見た後でもなおインパクトの強い見ごたえのある遺跡でした。
全てを包み込む自然の力を見せつけられました・・・

が、いちばんゾゾッと衝撃的だったのはこれかも。
a0157174_16495462.jpg
手前の立札は 「地雷撤去済み」 の札だそうで、
例えばベンメリアへのアプローチ、こんなにきれいに観光地として整備してある場所でも
a0157174_16522493.jpg
一歩周囲の森に入ったら地雷がまだ埋まっているから、決してルートを外れてはいけません。
a0157174_16565824.jpg
まだそんな恐ろしい現実と表裏一体の場所なのかと、
安心して暮らせる真の平和が一日も早く来ることを願うばかりです・・・

これで、我が家のシェムリアップ・遺跡巡りの旅は全部終了。
三日間ずっと一緒だったガイドさん、ドライバーさんに空港まで送ってもらって
お名残り惜しみつつ、カンボジアを後にしました。
お二人には本当に感謝。お仕事以上の気配り、真心で案内していただけたと思っています。
お二人が望むような方向に、カンボジアの国が変わっていきますように・・・

あとちょっと、おまけのバンコク編で、やっと旅行記も終わります~012.gif



                     にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2015-09-08 17:21 | お泊まり | Comments(0)