かの地から、あの事件のバンコクへ

今夏の家族旅行記、最終日のバンコクのことも、備忘録です( ..)φメモメモ

シェムリアップまでは日本から直行便がなくて、バンコク乗り換えが一般的。
アンコールワットのツアーを選んだらバンコクの一日は自動的に付いてきました。
シェムリアップでのことばかりワクワクと考えていて、
バンコクの滞在はホテルもあらかじめ決まっていたし、
ほとんどノープランで全然調べても考えてもいなかったのですが
出発直前になって起きた、あの爆発事件。

俄かに、自分たちがどんなところに泊まるのか、どのエリアなのか気になって調べたら
まさにあのエリア、現場とは目と鼻の先のホテルではないですか005.gif

すぐに旅行社に電話して状況を訊いたら、現地は特に大きな混乱もなく、
バンコク行きのツアーも普通に催行され続けているというので、
・・・じゃあ、大丈夫なのかな?と。 
両方の親に、カンボジアに行く、とだけ言っておいてよかった、
バンコクに寄ることは特に言わないで行こう・・・余計な心配をさせちゃうから002.gif
と、実は私自身もちょっと心配しつつ、なバンコク行きでした。

バンコクに着くと、シェムリアップから飛行機で一時間もかからないのに
その差はすごい!とあらためて驚くほどの大都会。知っていたけれど。

空港に迎えに来てくれたガイドさんはとてもフレンドリーで親切なタイの方で、
ホテルまでの(大渋滞の)道々、ものすごく率直な滞在のご注意の数々。

タクシーは安いけど、旅行者はたいていイヤな思いするんですよ、ぼられたり。
あ、トゥクトゥクも本当に危ないからね。
どっちも、このお寺まで、って言って乗っても、
そのお寺は今日閉ってるから、とか言って遠くまで連れて行かれたりする。
お寺にお休みはないからね、気を付けて下さいね。
いい運転手さんもいるけど、すごく少ない。タクシーが安すぎるからいけないんですね、きっと。
あと、スリとかひったくりも多いです。気を付けて下さいね・・・etc.

シェムリアップで、みんないい人012.gif と、のーんびり旅行していた私たちですが、
きゅっと身が引き締まる思い。そうだわ、ここは外国なのだもの、と。

ガイドさんは例の爆発のとき、ちょうどお客さんをホテルに送ったあとで、
すぐそばを歩いていたそうです。
046.gif「耳が痛いぐらいの音で、ズズズン・・!って。しゃがみ込んだ。」

現場の脇を通ったとき、ほらあそこですよ、あそこ、と教えてもらいましたが
本当に泊まるホテルのすぐそばでビックリ・・・
エラワン祠 といって、
ヒンズー教の神様が祀られたバンコク有数の霊験あらたかなパワースポットだそうで、
そんなところが狙われたとは・・・ ショックもより大きいようです。
a0157174_2053124.jpg
そのときはまだ犯人も捕まっていなくて、
「その後は何の情報も出てません。政府が隠してるのかも。」って言ってたけど
その後、逮捕されたので、ガイドさんもホッとしてるかな・・・

夕方バンコクに着いて、ホテルまで送ってもらって、ロビーで
翌日をどう過ごそうか、ガイドさんとご相談。
a0157174_2172849.png
翌日の夜10時の便で帰国なので、ほぼ丸一日、
そうとなったら観光もしたいし、お買い物もしたいし・・・ で、
ここバンコクでも車とガイドさんに朝の3時間だけ付いてもらうことにしました。

・・・もちろん別料金ですが、時は金なり、効率的に回るにはそれが一番。
しかも、バンコクも暑いので042.gif 結果的に、大正解♪

その夜は疲れていたので、お出かけせずにホテルのレストランでイタリアン。
最後の一日に備えて、早めにぐーっすりと眠りました014.gif



                     にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2015-09-10 21:38 | お泊まり | Comments(0)