キラキラのバンコク巡り

また旅行記の続き、バンコクへ舞い戻り・・・

最終日の観光、3時間でどこをどう見て回ろうかと前夜ガイドさんとご相談して、
まずは一番の定番である「王宮と王宮寺院周辺」を挙げたのですが
例の事件以来、そこに入るためのセキュリティーチェックがとても厳しくて
観光客の長蛇の列ができているそう。
そこでの時間が読めないから避けた方がいいのでは、というご意見。
それで、定番どころの二番手、三番手辺りに行くことにしました。

朝8時半にお迎えに来てもらって、まず向かったのは・・船着き場です。
ホテルとは、市内を流れるチャオプラヤー川を隔てた向こう側にある
ワット・アルン(暁の寺) に行くためです。

ディープな感じの屋台の立ち並ぶ・・
a0157174_14372931.jpg
a0157174_14403814.jpg
その奥に・・
a0157174_1441710.jpg
船着き場。
a0157174_14455174.jpg
この川は、地元の人たちの交通の要所であり、
水上生活する人たちの生活の場でもあるそうです。
a0157174_14511773.jpg
さすがはガイドさんのご提案、このコース、良かったです。
東南アジアっぽい異国情緒、観光気分が一気に高まりました。
そしてすぐ対岸にワット・アルン。
a0157174_14585466.jpg
残念ながら改装中ではありますが。
a0157174_1533752.jpg
お手入れの終わったところも垣間見えます。
a0157174_158513.png
派手ー!華やかー!きらきらー!
a0157174_1511764.jpg
シェムリアップ帰りの私には、どこもかしこも目のくらむような眩さ。
そして、また船で戻って対岸にある ワット・ポー 黄金の大涅槃像で有名なお寺です。
a0157174_1557167.jpg
大仏様。
a0157174_1540646.png
a0157174_15422294.jpg
このお像はもともと屋外にあって、後に風雨を避けるべくお堂を作ったそうですが
ガイドさん曰く、
「ほら、見て、頭の上のあそこ。当たって穴空いてるの。」
a0157174_15522121.png
「ちゃんと測らないで作ったんですねー。タイの人、そういうところあるの。」って037.gif

そのほかのお像もすべて金ピカ。きらきら。
a0157174_1643046.png
a0157174_1644976.jpg
a0157174_1674492.png
マルコ・ポーロさん、
a0157174_1611942.png
「黄金の国」は絶対にこっちですよ。タイ。

そして、ここ ワット・ポー は タイ古式マッサージ発祥の地ということで、
昔は病院の役目も果たしていたそうです。

なので、ツボの解説の壁画や
a0157174_16151732.jpg
a0157174_161844100.jpg
ヨガのポーズを教える像なんかもあって
a0157174_16202519.jpg
a0157174_16204181.jpg
とても興味深いお寺でした043.gif

バンコクは道が混んで移動に時間がかかるので、三時間の観光はこれが精いっぱい。
でも、いかにも「らしい」ところが見られたのではないかしら。

またタイに行くことがあったら、次回はぜひもっと古いところ、
例えばアユタヤなどにも行ってみたいな・・・ と思いつつ、バンコク観光を終えました。



                     にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2015-09-12 16:29 | お泊まり | Comments(0)