終わり良ければ総て良し、素敵な最終日。

そして最終日。
朝から、今思い出しても気持ちがワクワクするような青空でした。

この日は、最後の朝食をいただいてから
a0157174_1313481.jpg
観光バスに乗りこんで、
奥入瀬、十和田湖、と南下して最後に盛岡から新幹線、という道程でした。

この日、我々のツアーに付いてくれたバスガイドの女の子がほんとう~に可愛くて012.gif
若くてキャピキャピと明るいのに、話し始めたらベテランの趣漂う語り口。
お茶目なクスクストークあり、感心して聞き入るような名調子あり、
そして彼女もまた、故郷の北東北をたっぷり楽しんで欲しい!という熱意が感じられて
とてもとても好印象、楽しい半日を過ごさせていただきました。

この日の奥入瀬散策は、旅程表に
「道路等混雑時には車窓見学のみになります」とあったので
前日のタクシーの運転手さんにそのことを話すと
「大丈夫。明日はそれほど混まないよ。ひどいのは今日まで。
だいたい、奥入瀬を歩かないでどうするのよ。そんなのないよね~。」
と言ってもらっていたのですが、
慎重派(?)の添乗員さんのこと、果たして歩かせてもらえるかなぁ・・・ と一抹の不安。
夫と私は10年ほど前に家族で奥入瀬を歩いたことがあるのですが、
友人夫妻は初青森だったので、ぜひ楽しんで欲しかったのです。

やはりさすがは運転手さんのお言葉通り、奥入瀬までの道は混雑なく順調な流れ。
これなら歩かせてもらえるかなあ、どうなるかなあ、と思っていたら、
バスガイドさんがバスの運転手さんにくるっと向き直って、マイクをはずして、
「良かった!空いてるからOKですね?最長の40分コース、歩いてもらえますね?ね?」 と。

もう少し先まで行ってから・・とかなんとか、運転手さんが答えたらしく、
また少し進んだら
「大丈夫ですね?空いてるもん。OKですね?ね?」と確認して、
「皆さま、この先から3~40分ほどの散策をしていただけます!」と。

外は陽光が水面にきらきらしてとても美しかったので、みんなでワーッと喜んで外に出て
a0157174_13253450.jpg
a0157174_13283385.jpg
ガイドちゃんの楽しくも詳しい説明を聞きながら、奥入瀬の空気をゆっくり味わいました。
a0157174_13235229.jpg
1キロちょっとの道のりでしたがほんとうに清々しくて、降りて歩けて良かった~  
・・・れおも連れてきたかった~

そしてまたバスに乗り、次は十和田湖の「子ノ口」から遊覧船に。
a0157174_13351472.jpg
美しい景色でした~
a0157174_13411810.jpg
a0157174_13402412.jpg
小一時間で、かの有名な「乙女の像」のある
a0157174_13431478.jpg
「休屋」に着いて、
a0157174_13461968.jpg
そこからまたバスで、十和田プリンスホテルへ。
a0157174_1349198.jpg
ここでお昼をいただいたのですが、
このホテルの、湖に面したお庭が素晴らしくて。
a0157174_13511514.jpg
a0157174_13542964.jpg
こういうところだったら、何のアクティビティーがなくても
日がな一日ずーっとここに座っていられたなぁ~、と私が思っていたら、隣で友人(妻)が
a0157174_1354756.jpg
「あー、このお庭に座って景色を見ながらビールを飲んだら美味しそう~068.gif」って。
その直前のランチで、二杯も飲んでたのにね006.gif

ここにはまたぜひ来たい!あのタクシーの運転手さんを予約して、
八甲田ホテルと、十和田プリンスとの二泊で・・・ と、早くも次を夢想してしまいました012.gif

ここから盛岡への道道も、ガイドちゃんの楽しいお話は続いて
なんてことない田舎道でも、地元の人目線で説明してもらうと思わぬ発見があったりして
最後の一日は、ツアー参加の醍醐味をたっぷり味わえたと思います。

こうして我々の「30年も良くもったわね記念旅行」は終わり。
次は何周年記念かしら。金婚式じゃあ遠すぎるわよね、35年?40年?
などと話しながら帰ってきました。

ちょこちょこ計算違いもあったけれど、お天気にはばっちり恵まれたし、
友人たちとの時間は文句なしに楽しかったし、素晴らしい出会いもあったし、
やっぱり旅は道連れ世は情け。素敵な思い出深い三日間でした001.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2015-09-30 14:29 | お泊まり | Comments(0)