れおの身をもって教えてもらったこと

おかげさまで、れおはその後吐くこともなく、元気も食欲も旺盛で、
すっかり回復してくれたようです。

今度のこと、犬がチョコレートを食べることの「害」について、
私は今までも「知ってる」つもりではいました。
カカオに含まれるテオブロミンが犬には中毒をもたらすこと。
また一方で、板チョコを何枚も何枚も食べるようなことが無ければ
それほど大げさに考えなくて良い、という説があるのも知っていました。

でも、高脂肪ゆえの危険性、むしろその方が怖いことなどは全く知らなくて。
高脂肪といったら、チョコに限ったことではないですもの。

例えばそれらのものを食べさせて、
「症状」として表に何も起こらないから「良し」なのではなくて、
カカオ(テオブロミン)や高脂肪による悪影響は素早く確実にれおの内臓に及んでいて、
その修復、回復のために大きな負担がかかる、ということが良くわかりました。

これからもっともっとれおの食べるものには慎重にならなくては。
れおは可愛い可愛い末っ子だけど、やっぱり内臓は「犬」なのだから・・・

で、思い出したのですが。
長女が赤ちゃんのとき。8カ月検診ぐらいだったかしら。
長女は生まれたときも大きかったし、その後もすくすく大きくなっていったので

「今は、これぐらいの量を食べさせていいですか?
欲しがるし、お腹も壊さないし、身体も大きくて一歳近いコみたいですしね。」

と、保健婦さんに言ったら、

「お母さん。身体は一歳近くても、内臓はまだ8カ月なんですよ。」と言われたこと。

あのとき、目から鱗で考えをキュッと改めたはずだったのに・・

子供の手の届くところに危ないものは置かない、ように、
れおの口の届くところに危ない食べ物は置かない。

今一度、家族できちんと確認し合って行こうと思います。
a0157174_22122782.jpg
しょぼーん・・・

いつまでも元気で楽しい日々を過ごしていくためだからね043.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-03-18 07:04 | れお・体のこと | Comments(2)

Commented by jeepooji at 2016-03-18 18:33 x
れおくん、おめでと❣
あっと言う間に災難を切り抜け
スーパーマンみたい
きちんと体ができている証ですね
Commented by mamimi-loves-leo at 2016-03-18 23:27
jeepoojiママさん。
えーっ!スーパーマンだなんてー(*^^)v
日頃から一食たりともおろそかにせず
食べまくってきた賜物かしらん。
快気祝い(?)の春遊び、近々ぜひご一緒したいです♪