日本平へ・・教えられたこと

元・次女の仲良しちゃんたちのママである、現・私の大切な仲良しご近所友達と4人で、
静岡の日本平ホテルにお泊りをしてきました。
a0157174_2111886.jpg
昨日は午前中からあいにくの小雨まじり。
小山のてっぺんに建つホテルから見下ろす景色は、
広がる青空、キラキラ輝く相模湾、そしてそびえ立つ富士の雄姿・・ 
というわけにはいかなかったのですが、
それでもじゅうぶん心が解き放たれるような開放感、爽快感たっぷりで
a0157174_21193754.jpg
館内のロビー、レストラン、そしてもちろん客室も光がたっぷり、清々しさに満ちていて、
ホテルマン、ホテルウーマンたちはホスピタリティーに溢れていて、お食事も美味しくて、
必ずまたすぐにでもリピートしたいぐらい、大のお気に入りホテルとなりました。

昨日は、ホテルに着いてチェックインまで少し時間があったので、
小雨ではあったけれど「日本平ロープウェイ」の乗り場までの送迎をお願いして、
徳川家康公が眠るという「久能山東照宮」を参拝することにしました。
a0157174_21501425.png
ロープウェイを降りて、傘をお借りして歩き出したのに、その途端に不思議なほどさっと雨が上がり、
しっとりした雨上がりの、しんと静かな山の中の神社をゆっくりとお参りできました。
a0157174_2205412.png
「人の一生は重荷を負て遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
 不自由を常と思へば不足なし。心に望みおこらば、困窮したる時を思ひ出すべし。
 堪忍は無事長久の基。怒りは敵と思へ。
 勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば、害その身に到る。
 おのれを責めて、人を責むるな。及ばざるは過ぎたるよりまされり」

御廟の前に書かれていた家康公の遺訓ですが、
この空気の中で読むと、また一段と心に染み入ってきて・・・ 反省することばかり。
この静かな場所に呼ばれて、家康公直々に教えられたような気持ち。
煩悩のいくつかを消していただいたような素直な気持ちに・・・なることができました。

年回りなのか、悩ましいことが次々積もる日々の中、
この旅では、さらに教え励まされるような不思議な体験もありました。
もう一度、確かに受けたメッセージを心に刻み直して
4月新学期を明るく前を向いて歩きはじめようと思います。心から感謝。

・・・続きます。



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-04-02 22:52 | お泊まり | Comments(0)