そっちだったか!悩みは深まるばかり・・

「次の一手」を探しに、早速行ってきました。

とても優しくてお話ししやすい良い先生だったのですが、
「アロペシアXは、命にも健康にも全く影響のないもの。見てくれだけ。
本犬は痛くも痒くもない、全く気にしてない。気にしてるのは飼い主だけ。
それに対して、多少なりともリスクを伴う投薬や、ましてホルモン治療だなんて。
おやめなさい。」 と。
急速に悪くなった甲状腺ホルモンの数字も、成長ホルモンのせいだとおっしゃいます。
まずそこから元に戻して、それから本当の「健康」にだけ留意していきましょうと。

う~~ん・・正論です・・が、
アロペシア治療のヒントがほしかったんだけどなぁ・・007.gif
いろんなお話を伺って、訊きたいことも全部訊けて、
聴診したり触診したり、今までの検査結果も見ていただいて、
「(甲状腺ホルモン以外では)満点ですよ!本当に健康な良い子!」
と褒めていただけたのは嬉しかったけれど・・

さらなる病院ジプシーになると悩みが深まるだけだから、
ここで一旦自分なりの答えを出さねば・・と、どっぷり悩んでおります・・
a0157174_18462122.jpg
モフモフれおにこだわるのは、やっぱりママのエゴなのかなあ。。。



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-02-15 18:55 | れお・体のこと | Comments(0)