迷いがないわけじゃないけれど

先日受けた、6th(7th?)オピニオンは、
実は夫と長女からもずっと言われていたことで・・・
「一時的に期間限定で足りないものを足すだけならいいけれど、
一生注射を打ち続けて維持する、っていうのはいかがなものか。」
「命にかかわる病気じゃなくて良かった、と思おう。
自然に健康でいられるならそれだけでいいじゃない。」などなど。

それだけに、あらためて獣医さんからそういうことを言われると、
さすがに私も立ち止まらずを得ない気持ちになり・・

一か月ぶりの通院日だった今日、N先生に、
家族で話し合ったたこととして、
このまま注射を打たずに様子を見たい旨、お話ししました。

先生は、とてもよくわかってくださって、
血液検査や尿検査で、真の「健康」にはしっかり留意しつつ
特別なことはせずに様子を見ていきましょう、
もしまた希望するときはいつでも注射をしてあげますよ、
と言ってくださってホッ012.gif

いちばんホッとしたのはれおかな。
a0157174_21144027.jpg
チックンされなくて良かったわね。
ごめんね、れお。



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-02-24 21:23 | れお・体のこと | Comments(0)