フィー子ちゃん、大きな山を見事に越える!

末っ子倶楽部のフィー子ちゃん、
実は最近、とても大きな出来事がありました。

GWが終わるころ、
いつもよりおしっこの量が多いとか、いつも飛び乗っていたソファーに乗らなくなったとか、
いくつかの変化が気になって、
お休み明けに病院で診ていただくと、血液検査でも気になる点が見られ、
エコー、レントゲン、CT、と、詳細な検査を重ねた結果、
脾臓の中に、4センチぐらいの「何か」があることがわかって。

脾臓というのは血液の溜まっているところで、
良性であっても、もっと大きくなってもし破裂をしたら
腹腔内で大出血になってとても危険だし、
事前に針生検すること(針を刺すこと)自体にも大きなリスクがあるので
まずは摘出してみてから良性か悪性かを調べる、ということで、
最初の診察から一週間ぐらいのうちに、あれよあれよと摘出手術を受けることが決まったのです。

その経過を、もちろん逐一報告してもらっていましたが、
フィー子ちゃんはれおより年上なのに白髪の一本もなく、動きはあくまで俊敏で疲れ知らずだし
眼の輝き、毛艶、どれをとっても若々しさに溢れているので
絶対大丈夫!きっとスルッと乗り越えてくれる!と確信しつつも、
あの小さな体から4センチもの「何か」を摘出するというのは大変なこと、
心配で胸がつぶれそうなママの気持ちも本当によくわかって・・ 
とにかくお祈りし続ける数日間。

そして、5月17日、その「何か」は摘出されました。

手術は無事成功、麻酔からも順調に醒めて、ホッとひと山超えたけれど、
さすがに術後は・・・ こんなにぐったり小さく丸まっちゃって・・
a0157174_20592298.jpg
涙涙のママをラインで励ましながらも、この写真を見たときは私も・・

それでもさすがはフィー子ちゃん、まさに日一日、少しずつ、でもめきめきと回復して、
たった二日で 祝!ご退院!
見て!この眼力!


先生方も見たことのない不思議な「腫瘤」だったそうですが、
その後の組織検査の結果、診断名は「結節性過形成」、
種々の細胞成分が混在するも、

「いずれの細胞にも単一な細胞増殖や細胞異型、分裂頻度の上昇といった悪性所見は確認されない」

つまり、完全にシロ!!172.png バンザーイ!!

今日、術後初めて、フィー子ちゃんに会うことができました。
元気元気、フィー子完全に元通り!というか、若返った??

ルルちゃんの前でお写真撮ろうとしたら、目線用のおやつが欲しくてビヨ~~ンと伸びちゃって037.gif
a0157174_21270507.jpg
まだお腹にうっすらとキズが残っているのにー
a0157174_21341762.jpg
相変わらずのキュートな元気ガールぶり、本当に嬉しかったですよー♡

大はしゃぎで走り回って、最後はママに捕まっちゃって♪
a0157174_21392750.jpg
きっと剃ったお腹の毛も、すぐにれおよりフサフサに戻るんだろうな~105.png

次に会うのが今からとても楽しみです♪
・・その日までに、れおももっとモフッておけますように!



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-06-04 22:06 | 今日のできごと | Comments(2)

Commented by フィー子ママ at 2017-06-05 23:40 x
今回、フィー子の病気発覚から手術、そして術後まで、末っ子倶楽部の2人がいなかったら、絶対乗り越えられませんでした。どれほど心強く、勇気づけられたことか。
感謝してもしきれません。本当にありがとう!
これからもずっとよろしくね!
Commented by mamimi-loves-leo at 2017-06-07 06:46
フィー子ママ。
二本足でも四本足でも、子育ては一人ではできないわね。
私も本当に良い友に恵まれて幸せだと思っています。
これからもお互いにいろいろあるだろうけれど
知恵を出し合って助け合っていきましょうね!
フィー子ちゃん本当に良かった、おめでとうございます!