本当に嬉しい幸せなバースデーイブ

今日は家にいよう、と思ったけれど、そうもいかず。
実は我が家、
来週半ばに長女の渡米を控えてしっちゃかめっちゃかに落ち着かない日々を送っているのです。

肝心の長女が先週まで、研究室(大学院)での仕事がびっちり続いていた上に、
夜毎あっちこっちの皆様に「歓送会」を開いていただいて夜遅い→朝起きない、で
準備が一向に進まず
はたで見ている私はヤキモキしっぱなし。
数日前にやっと少し体が空いたので、いよいよあれこれ動き始めたところなのです。

今日は私、昨日の漢方薬が効いたのかとても調子が良かったので
お昼頃から長女を連れて新宿に行って、あれこれ買い出しをして、
夕方から用事があるという長女と現地で別れて一人帰宅して、
あーやれやれ、少しはかどった、ひと休みしよう~・・と思っているところへ

れおの新しい「かかりつけ」A先生の病院の看護師さんから
「血液検査(甲状腺ホルモン値)の結果が出ました」とのお電話!
はやっ!!二日で?! と思いながら、
「お薬の量が変わりますか?」と伺うと、もしかしたら、とのこと。

数字が思ったほど増えてなくてもお薬は増やさない、っておっしゃっていたのに・・!
よっぽどのことなのだろうか・・!!

と、猛烈な胸騒ぎがして、とにかくA先生のお話を伺おうと、即、
れおを連れて病院へとテクテク急いで行きました。
a0157174_20180706.jpg
名前を呼ばれてどきどきしながら診察室に入ると、
A先生はにこにこ、「ずいぶん増えてますよ、ほら。」と。
えっ!? 増えてますか??

3月末の検査時は、今と同じく甲状腺H薬200㎎を飲ませていても
TSH(甲状腺Hが足りないから出せと脳が命じる量)が
参考値(0.08~0.32)を大きく上回る1.91も出ているのに
肝心の血中ホルモン値は
T4(1.1~3.6)が1.7FT4(0.9~2.6)が1.0 と、
「甲状腺機能低下症」と言わざるを得ない数値だったのですが

なんと今回は TSH0.11T43.5FT43.0 !!激増!

漢方のH先生が昨日も「薬を減らしていいと思うよ。心配?大丈夫だと思うよ。」
とおっしゃっていたので、
「実は漢方の先生に減薬を勧められていて・・」とお話したら

「僕も全く同意見。すぐ明日から減らしてください。
そしてひと月後にまた調べますが、本当は『真の低下症』じゃなくて
薬は無くてもいいってことになることも考えられますね。」って005.gif

やっぱり昨年末からの急激な甲状腺H値の変動は、
成長H投与の影響である公算が強い、のか、
あるいは漢方H先生の言うように漢方薬ですべてのバランスが整ってきたおかげなのか、
あるいはその両方なのか。

いずれにせよ、
お薬が増えていくことに戦々恐々とおっかなびっくり過ごしていたのに
まさかの減薬、ましてやもしかしたら無罪放免かもしれないなんて
本当~~に嬉しい~~!!!

明日はれおのお誕生日なのに、我が家のドタバタの真っ最中なので
予定していたお泊りもキャンセル、特別のお出かけもしてあげられなくて
ああ、なんてことでしょう~134.png と思っていたのに
7歳の最後の最後にれおの方からこんな嬉しいプレゼントをもらえるなんて~
れお、ありがとう~103.png

病院の帰り、もうお夕飯を作る時間なしということで
立ち寄ったコロッケ屋さんの外で

ニコニコ待っててくれてるれおを見て
a0157174_21041073.jpg
泣きそうになっちゃった。

れおがママにくれているものすごくたくさんの幸せに
ママはどうやったらお返しができるのかなあ・・



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-06-09 21:16 | れお・体のこと | Comments(0)