笑顔さえ見られれば・・と思っていたいけど

昨日のお出かけ、ポカポカの晴天に恵まれて、
ぱるちゃんの一挙手一投足に驚いたり笑ったり目尻をだらりんと下げたり、
カイヌシ同士のおしゃべりも絶え間なく面白いし、どのワンコも可愛いし、
ほんとにいつもながらお開きになるのが残念~な楽しさだったのですが

私としては、さらに!とても嬉しかったのですよ。うちの坊やのこと。

前の日に書いたように、
家では元気いっぱいに楽しそうに暮らしているれおですが
ここ最近、みんなとのお出かけで、引っ込み思案すぎたり尻込みしたり、
ふとした写真にも笑顔が少ないのが・・・気になっていて。

もしかしたら、
成長ホルモンの影響が抜けてもまだ甲状腺ホルモンが安定していなくて、
ということはかなり重症の「甲状腺機能低下症」で
その症状の一つである「悲劇様顔貌」(顔がむくんで悲しげな顔つきになる)なのでは。
そうだとしたらさらにお薬が増えて、そして一生飲み続けるのね、と
今月末に受ける血液検査の結果を絶望的な気持ちで予測していたのですが。

昨日は顔つきが明るかった~
a0157174_2152299.jpg
相変わらずほかのワンコの迫力にはすぐタジタジと負けてしまうのですが
私だけと遊んでいるときは元気いっぱいで
a0157174_217795.jpg
いつも口角を挙げて楽しそうで
a0157174_2181418.jpg
全然「悲劇様顔貌」じゃ無~い003.gif って嬉しくて。
a0157174_219261.jpg

成長ホルモン治療を最後に受けてから三か月。
先生のお言葉通り、
成長ホルモンのおかげで生えてきた部分の毛は早くも抜け始め
あ~増えた~♡ という喜びはあっけなく終息に向かっていますが
体調がよくて機嫌がよくてれおが楽しそうなら・・・それだけで。

・・・と、まだかろうじて毛が残っているから今は思えるけれど、
いよいよ本当に胴体と尻尾が無毛!ということになっても
私はそう思っていられるかなあ・・・


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-03-13 21:22 | れお・体のこと | Comments(0)