思い溢れる「ノートルダムの鐘」

昨日の観劇会は、次女の中高時代の部活「ダンス部」のママたちの同窓会でもありました。

同じ学年の部員は11人。
年一度の学園祭のステージへ向けての準備には、物心両面でのママたちのサポートが不可欠で、
娘たちをサポートすることで、母親たち自身も部活気分を少し味わえたりもして、
11人のママたちはただの同級生ママというよりプラスαなシンパシーを共有できる存在になりました。

卒業後は、母たちが会う機会を持つのはだんだん難しくなるだろうと思われましたが、
去年の「成人を祝う会」のときに全員再会し、弾む話に花が咲く中、
「二年に一度ぐらいはこうしてみんなで集まりましょうね」とお約束し合い、
ぜひぜひ細くでも長く御縁を保ちたいなあと思っていたところ・・・

昨年十月のこと、
劇団四季の「ノートルダムの鐘」の公演が今年六月までの期間限定で行われるということで、
いつもすごく頑張って四季の切符を手配してくださる仲良し友人ママが
「今回はダンス部ママ全員にお声がけしてみましょうよ、
春ごろのチケットなら今なら十枚以上でも取れるから」と。

娘たちが高校一年のとき、出演者として参加する最後の文化祭(高二は制作側になります)の
思い出深い公演の演目が「ノートルダムの鐘」だったのです。

それで、11人のグループラインで「半年先のことですが・・」とお誘いしたところ、
即刻全員から「ぜひ!」というお返事。
そして昨日、みんな揃っての観劇&お食事会という運びとなったのでした。

学園祭では、当時高一だった娘たちが主要キャストを演じたので、
カジモドはYちゃん、エスメラルダはMちゃん、
フロローはKちゃん、そしてフィーバスはうちのR・・等々と、
ステージ上での彼女たちの姿がみんなの脳裏にしっかりと焼き付いて残っているだけに、
四季の皆さんの素晴らしい熱演に上乗せしてさらに、
当時の娘たちのひたむきだった姿が重なって、
もう母親たちは・・・本当に感動、感激、感無量。

今回は一年ちょっとでの再会になりましたが、次回はたぶん二年後。
そのときは娘たちのほとんどが就職しているだろうなんて、今は全くピンと来ない話ですが、
母たちはこの日と何も変わらない姿で再会を果たせますようにと乾杯♡
a0157174_16460376.jpg
子供の数だけ倍々して、私もたくさんの御縁、友人を得ることができて
本当にありがたいことです・・・



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-04-17 17:39 | お出かけ | Comments(0)