見つけたものは

そして昨日の午後のこと。

ソファーに横になっているれおを、ペタペタ撫ぜまくっていたら
「・・・!?」
見つけてしまったのです、尻尾の付け根にポチっとニキビのようなデキモノを・・・

ドキッとした、なんていう生易しいものではなくて、
お腹の底の方から内臓をギューッと絞られたような苦しくなるようなショック。
・・・ヒマンサイボウシュ?!
午後の診察開始時間を目掛けて、予約なしで診てくださるご近所の獣医さんに駆け込みました。

その先生は公園ワン友の間でとても評判の良い先生で、
れおも二回ぐらい診ていただいたことがあるのですが、とにかく親切で良心的。
腕も良くて素晴らしい先生だけど、予約制じゃないので待つのだけが唯一の玉にキズ、
と、一緒に待っている飼い主さんもおっしゃっていました。
a0157174_21100390.jpg
先客三組を一時間以上待って、いよいよれおの番。
「せ、せんせい・・・!」と、アワアワしながられおを診察台の上にあげて、
尻尾を持ち上げてみたら、
あら?さっきより平らになってるような?

でも赤味の残っているところを先生はじっくりと見て、
「皮脂腺の上なので、その炎症のように見えますね。
今直ちに細胞診を、とは思いません。
でも、気を付けて見ていて、少しでも大きくなるようだったらすぐに来てください。」と。

私は根掘り葉掘り質問して、先生は丁寧に答えてくださって、
話はやがて、必然的にアロペシアのことにまで。
癒し系でした~、今まで診ていただいた獣医さんの中で多分一番。
強い否定を一切なさらずに、受け入れつつご意見を言ってくださる。
今回の件はまだ経過観察中で気は抜けないけれど、
必要以上に悲しくならないで済んだのは先生のお人柄ゆえだと思います。感謝。

今日はちょうどシャンプーの予約をしていたので、マイクロバブルも追加でお願いしました。
皮脂腺の炎症なら特に清潔第一だと思って。
a0157174_21561362.jpg
帰ってきて見たら、もう赤味もひいてほとんどわからなくなっていました。
どうぞこのまま終わってくれますように・・・

「アロペシアは病気じゃないんだよ。れおは痛くも痒くもない。
命に関わることも全くないんだから、そのことを一番に考えなくちゃ。」
と、H先生のおっしゃったことや、
昨日の先生も
「(毛のことが)気になるのも良くわかるけど、
れおには何の苦痛も、今もこれからも与えるものじゃないから。」
と言っていただいたこと、
今回ばかりは身に染みてわからせられました。

身体に良いということだけをずっと心がけていよう、
・・・で、結果的に毛も生え揃ってくれたらいいな・・・

ダメだ~、やっぱりまだ諦められてない!私ったら~130.png



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2017-04-21 22:11 | れお・体のこと | Comments(0)