犬と暮らせば

小さいころから猫ばっかり飼っていた。
もらってきたり、拾ってきたり、いわゆるネコ。

ネコってなんてかわいいんだろう!
まるーくなって寝ている姿、大あくびしながら長ーくのびをして。
「おでかけするから出して」のニャー。
帰ってきて「入れて」のアーン。
大人になっても変わることなく、ただ寝姿の直径だけがふえていく。

犬も赤ちゃんのときはかわいいけど、どんどん鼻がのびてくるからね・・・
わかりやすく大人になっちゃうからね・・・

と思っていた。ついこの間まで。


うちに犬を、という話がもちあがり、どんどん現実味をおびてきた。
なぜだか私の中ですでに犬種は決まっていた。
シェットランド・シープドッグ。
犬ならこれ、と、ずーっと思っていた。飼うつもりもないころから。
家族も大賛成。

それからいろいろ調べた。
シュミレーションしたり、家の周りの犬事情をリサーチしたり。
そのなかで、あの長い鼻のことを「マズル」というと知った。

そしてれおが来た。

それから半年、今ではマズルのない生活なんて考えられない。
マズル、マズル、マズル、連呼する毎日。
「いや~ん、マズルでつんつんされちゃった~a0157174_15122136.jpg
「見て~、私の手にマズルのっけてる~
「危ない!マズルがぶつかっちゃうわよ~

大好きなものが増えた。
人生がまた少し楽しくなった。

by mamimi-loves-leo | 2010-01-17 15:22 | れお | Comments(0)