カテゴリ:れお・体のこと( 80 )

必勝!勝負のシャンプー

今朝は雨の降らないうちに、と、7時前に公園へ。
涼しくてよかったけれど、閑散とし過ぎててつまらなかったれお。

だれか来ないかな~
a0157174_20193916.jpg
そしたら、ラッキーにもエルちゃん登場043.gif
a0157174_20204929.jpg
童心に帰って、ちょっかい出したり出されたり。良かったわね~012.gif


このあと・・・れお、久ーしぶりに、サロンでシャンプーをしてもらいました。

もうずっと長いこと、
シャンプーは私が自分でそーっとそーっと、撫ぜるようにしていたのですが、
昨日の診察時に先生が、
古い皮膚が早く剥がれ落ちていくために、マイクロバブルなどの刺激も良いかもしれませんね、
浮いてきている角質もあるから、一度しっかり洗ってもらって落としてみては?
と提案して下さったからです。

近所の、事情を良く知ってくれているサロンに、詳しく説明をしてお預けして、
ドキドキしながら待つこと、二時間半・・・
やっぱりプロってすごい・・・ 少ないなりに、フワッフワに仕上がっていました043.gif
a0157174_21121220.jpg
だけど・・・脱毛箇所、
抜け毛も毛のうち、と、なるべく取らずにいたホワホワのほつれ毛がずいぶん無くなって、
さらに脱毛がはっきりわかるようになってて025.gif・・・その部分の写真はナシです007.gif

でも!これで「ひと皮むけて」、
新しい皮膚から新しい良い毛がどんどん生えてくると信じて、待っていようと思います。

れお自身はなんにも気付いていないのだから、ママが悲しそうにしていたら申し訳ないもの。
a0157174_21472564.jpg
焦らない焦らない。長ーい目で見守るるように・・・努めようと思います042.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-06-22 22:09 | れお・体のこと | Comments(0)

脱・薄毛!新しい治療を始めています

私の腰、
今日、水泳に行って、手足を伸ばして全身ストレッチを心掛けながらたくさん泳いで、
もう完全に大丈夫049.gif 全治三日、ホッとしました♪

土曜日の朝に ピキッ!!とやっちゃったとき、まず頭に浮かんだのは、
とにかくなんとかして火曜日(今日)の午後には治っていないと!!ということ。

実は先々週の火曜日から、れおは新しい病院で治療を始めていて、
そのためにしばらく火曜日ごとにその病院に通うことになっているのです。
治療を始めてからまだちょうど二週間ですが、
早くも、少-し、良い兆しが見えている(ような気がする)ので、
絶対に私のぎっくり腰なんかでリズムを壊したくなくて。
本当に良かった、今日も連れて行くことができました043.gif

悩んだけれど、思いきって新しい病院で診ていただいて本当に良かったと思っています。
初めての治療法云々ももちろんですが、それより何より、
今回初めてこの病気の何たるか、何をどう目指せばいいのかがわかった気がするのです。

嬉しくてお礼を言う私に、先生は
「喜ぶのは治ってから、御礼の言葉は毛が生えてからにしてください。」と。
確かにまだ始めてたったの二週間で、何もかもこれからというところなのですが、
わけもわからず手探りで進むのと、この道と方向を定めて進むのとでは気持ちの上で大違い。

れおが明らかに治ったら、先生に許可をいただいてもっと詳しく書きますが、
一つ、わかったこととして、
毛が生えないのは毛根や皮膚が死んだのではなくて、
皮膚のターンオーバーが止まってしまっているから。死んだのではなくて止まってるだけ。

なので、内側からと外側から刺激して古い皮膚を剥がし新しい皮膚に変わるようにしないと
毛は生えてこないということ。

そして、少-し・・・変わってきた気がするのですよ。

去年の一月に、れおの尻尾の毛が少なくなってきたことで、
尻尾の付け根のちょっと下辺り(外側)の地肌が見えるようになったら、
そこに真っ黒くべっとりと、ケロイド状のものが盛り上がっていて005.gif もちろんそこは無毛。
4人の先生に見せて、口々に
「(日に当たるところだから)メラニンの固まりでしょう。悪いものではないです。」と言われても、
それから一年半、ずーっと変わらずに黒々とあって、心配でたまらなかったのです。

(今年5月)
a0157174_21411923.jpg

それが、最初の治療の二日後(6/9)、ちょっと形が変わってきた気がして(左)、
a0157174_21472059.png
そして右が今日。写真じゃわかりにくいですが、色がすごく薄くなってるんです。


もちろん、これが全部消えて、一面に毛が生えるのがゴールなので、
まだまだ先の長い話ではありますが
希望の光が・・・ちょっと・・・見えた気がしています012.gif

とりあえず二か月、7月いっぱいはこの治療を続ける予定です。
その頃までに、なんらかのはっきりした効果が出るかが一つの目安だそうです。
アロペシアX、でググると、このブログも出てくる今日この頃。
同じく悩み戦っている方たちに、良いお知らせができますように。
とにかくターンオーバーを促すべく、いろいろ自分でも試みてみようと思っています。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-06-21 22:15 | れお・体のこと | Comments(0)

悩んでいます・・・

れおはとっても元気なのだけれど、
毛の生え戻り状況は・・・ はかばかしくありません。

今日お散歩から戻って、あまりに汚れていたので思いきってシャンプーして、
あらためて・・・ああ、可哀相だなあ・・と思っちゃって。

また治療のヒントを求めてあれこれと検索していたら、
一つ、病院を見つけたのですよ。通える範囲内に。
選択肢に上がるあれこれとは違う、独自の治療をして下さるそうです。

どうしようかなぁ・・ 連れて行くべきか、行かざるべきか。
このまま経過に任せておいたら、二度と地肌の見えないれおに会えない気もするし、
でも健康は健康なのだから、服を着せ続けていれば済むこととも思うし。

連れて行って、怖い思いや痛い思いをさせて、結局治らないかもしれないし、
でも今日見つけたブログのワンコは、五年ぐらいあれこれ試してダメで諦めかけてたのに、
その病院でひと月経たずに生え始めて、あっという間に治療終了していたし。

あー、悩みます。本当に悩む。
本ワンはこのままでも痛くもかゆくもなくて、全然気にしていない様子だからね。
a0157174_2291449.jpg
でも、治るものならもう一度、
びっしり毛だらけのれおにも会ってみたいなあ・・・



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-04-27 22:13 | れお・体のこと | Comments(5)

れおの身をもって教えてもらったこと

おかげさまで、れおはその後吐くこともなく、元気も食欲も旺盛で、
すっかり回復してくれたようです。

今度のこと、犬がチョコレートを食べることの「害」について、
私は今までも「知ってる」つもりではいました。
カカオに含まれるテオブロミンが犬には中毒をもたらすこと。
また一方で、板チョコを何枚も何枚も食べるようなことが無ければ
それほど大げさに考えなくて良い、という説があるのも知っていました。

でも、高脂肪ゆえの危険性、むしろその方が怖いことなどは全く知らなくて。
高脂肪といったら、チョコに限ったことではないですもの。

例えばそれらのものを食べさせて、
「症状」として表に何も起こらないから「良し」なのではなくて、
カカオ(テオブロミン)や高脂肪による悪影響は素早く確実にれおの内臓に及んでいて、
その修復、回復のために大きな負担がかかる、ということが良くわかりました。

これからもっともっとれおの食べるものには慎重にならなくては。
れおは可愛い可愛い末っ子だけど、やっぱり内臓は「犬」なのだから・・・

で、思い出したのですが。
長女が赤ちゃんのとき。8カ月検診ぐらいだったかしら。
長女は生まれたときも大きかったし、その後もすくすく大きくなっていったので

「今は、これぐらいの量を食べさせていいですか?
欲しがるし、お腹も壊さないし、身体も大きくて一歳近いコみたいですしね。」

と、保健婦さんに言ったら、

「お母さん。身体は一歳近くても、内臓はまだ8カ月なんですよ。」と言われたこと。

あのとき、目から鱗で考えをキュッと改めたはずだったのに・・

子供の手の届くところに危ないものは置かない、ように、
れおの口の届くところに危ない食べ物は置かない。

今一度、家族できちんと確認し合って行こうと思います。
a0157174_22122782.jpg
しょぼーん・・・

いつまでも元気で楽しい日々を過ごしていくためだからね043.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-03-18 07:04 | れお・体のこと | Comments(2)

猛省と感謝・チョコレート顛末記

昨日のお昼過ぎのことです。

いつものように水泳を終えて、車を運転して家に向かっているときに
LINEの着信音が鳴りました。
運転中なので見られないな、あと10分で家だから着いてから見よう、と思い、
さあ、家に着いた、というときに、もう一度着信音。

次女からの、
れおを連れて病院に向かっている、今着いた、というLINE・・!

遡って見ると、50分前、私がまだシャワーを使っているときに
「れおがチョコを食べちゃったので、代々木の病院に歩いて連れて行きます。
ママも来れるようになったら来て」とあるではありませんか!

そのLINEに気付かず、家まで帰って来ちゃった!!病院のすぐ近くにいたのに!!!
と、開けかけたガレージのシャッターをまた閉めて代々木にとんぼ返りです。

病院に着くと、れおがまさに注射によって吐かされているところ。
チョコレート臭のプンプンする茶色いものを、たくさん吐き終わったところでした。
ゲーゲー吐かされた直後なのに、私が来たのを見て大喜びするれお・・・

次女の部屋の床に置いてあったリュックに首を突っ込んで、れおが板チョコを食べたと。
66%の高濃度のチョコを、50g食べた、と。
(後で落ち着いて残量を計ったら、食べたのは30g程度でした)

先生によると、量としては、れおの体重だと中毒になるかどうかのボーダーぐらい。
一時間以内に吐かせたので、その心配は少ないでしょうと。
でも、むしろ怖いのはそのあと。
チョコの高脂肪によって、急性膵炎を起こすのが一番怖いと・・・

血液検査の結果から見ても、いつもれおは30台の中性脂肪が(基準値30-133)
なんと500もあるし、脱水の数字も出ているし、
胃が炎症を起こしたためとみられる、白血球や炎症反応の数字も大きいし、
先生は、
「入院して夜まで膵炎の防止薬を入れた輸液剤を点滴して、明日の朝も輸液しましょう」と。

でも・・・ 
病院は夜には無人になるのだし、れおのストレスを考えたらデメリットの方が大きいと思い、
私は夜、迎えに来て、明日また連れて来ますから、と食い下がって了承してもらいました。

とりあえず、悲しい顔のれおを置いて病院を後にして、
帰り道の車の中で、次女に猛省を促しまくったのは言うまでもありません。
あなたは毒餌を部屋の床に置いておいたのと同じことなのよ!と。

でも、彼女も家から歩いて40分以上の道のりを、
れおをほぼずっと抱っこして慌てて病院に連れて行ったのですから
事の重大さはよーくわかっているでしょうし
こんな事態を招くようなルーズな空気が家の中にあって、それは私の責任だと思うと
れおに申し訳なくて可哀相で・・・ 自己嫌悪でたまらない気持ち。

脱毛と闘い中なのに、噛まれて痛かったり、吐かされて苦しかったり、
れお、ごめんね、次から次からこんな目に合わせてごめんね、と、
本当に辛くて悲しい、何も手につかないようなお迎えまでの5時間・・・

そして夜7時、れおを引き取って帰ってきました。
そのときには、チョコの量も思ったより少なかったことや、いろいろググって見た結果、
これだけ輸液しておけばまず大丈夫だろう、と希望的観測も持てましたが
やはり疲れ果てたれおを見れば心配で切なくて。
でも、親孝行なれおは、家に帰ったらちゃんとごはんごはんと催促してくれて、
れおのいない間におろおろしながらも
消化良くなるように、お大根やかぼちゃ、鮭、鶏ひきなどを煮込んで
レンコンのすりおろしでとろみをつけておいたごはんを平らげてくれて、
のびのびと四肢を伸ばして熟睡してくれて。

昨日は一枚も写真無し。本当にそれどころじゃない、半泣きで、
心配で胃が痛くて胃薬飲みつつ、れおと一緒に寝るべくリビングにお布団を敷いて寝ました。

そして今朝、いつも通り6時からごはんごはんと催促してくれるれお。
それで、昨日作ったとろとろごはんの残りを食べさせたのですが、
つい、足りないと可哀相だと思って、解凍してあった砂肝を3カケ、乗っけてあげちゃったら・・
すごい勢いで吸い込むように食べたれお、砂肝が引っ掛かったのか、
食べて終わって10分ほどしたら、ケッケッ・・と、全部吐いてしまい。

吐き気はその一回だけだから単に引っ掛かっただけ、大丈夫!と思いながらも、
急性膵炎の症状の一つ、「吐く」というのが頭の中をグルグルしてきて、
またしても、病院の開くまでの数時間、おろおろと過ごし・・・

少し早めに出て、代々木公園を歩いていたらすぐに、素晴らしい作品の提出!
膵炎の症状の「下痢」が完全否定されて、ここでやっと私も深く息が吸えて、
やっと写真を撮る余裕・・・
a0157174_1553879.jpg
病院に着いて、もう一度採血です。
昨日500だった中性脂肪が無事に順調に下がっているか、
そしてそれを下げるために膵臓が働き過ぎてアミラーゼ等が高くなっていないか、
白血球や炎症反応の値もちゃんと下がっているか、などを確認するためです。
a0157174_15561925.jpg
さがってるといいなあ・・・


もし数字が思わしくなければ、また日帰り入院で点滴、となるところ、
本当にドキドキと結果を待ちましたが、

「素晴らしい回復力ですね!」 と。

中性脂肪は500から56へ、多めだった白血球(基準値60-170)は161から108へ。
その他、脱水も解消され、炎症反応も収まり、晴れて無罪放免となりました。

ごめんね、れお、お疲れさま。ゆっくり寝んねしてね・・
a0157174_15455010.jpg
以上、恥ずべき、猛省すべき失格飼い主の記録です。
昨日、一時は極限まで心配でただただれおに申し訳なくて
ブログに書くことなど怖ろしくて考えられませんでした。

今日、有難いことにれおをこの手に無事戻していただけても、
本当に恥ずかしくて、書こうか書くまいかしばらく考えたのですが
やはり、自分への戒めとしてもしっかり書かなければと。
書けることになった感謝と共に。

誓い。もう二度と、不注意でれおを苦しめることがないように。
そして、願い。次に病院に行くのはずーっと先のことでありますように・・・



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-03-16 16:10 | れお・体のこと | Comments(8)

止まない雨はない、はず。

今朝、パパとの朝んぽをしたあと、家族それぞれ用事で外出したので
ずっとお留守番だったれお。

午後、私が帰ってきたときには、外はもうザーザー降りで、
れおは退屈しきっているのにお出かけはできず、
せめてベランダで遊びたいよ―、と、サッシをがりがり掻いてアピールして、
開けてもらって、雨なのを見て諦める、というのを何回も繰り返して
とにかく不満そう。

その上、夕ごはんも少なめだったので、さらに不満は募るれお。
a0157174_19465856.jpg
実は、先週から試している新しいサプリメントが、
朝と、夜寝る前との二回服用なので、
夕食を少し減らして、残りを寝る前にサプリメントを混ぜ込んで食べてもらっているのです。

これで何種類目のトライかなぁ。
お薬は三種類試して、全く効果なし。副作用の方が強くて可哀相なものもありました。

サプリメントも、今度こそ、今度こそは、と願いながら・・・何種類も試しましたが、
気は心にも効いたとは思えなくて、数か月単位で諦めてチェンジ、の繰り返し。
本当に今度こそは良い兆しが見えて、〇〇が効きましたよ!とブログに書きたいです・・
a0157174_204431.jpg
諦めて寝ちゃったれお。
あと二時間ぐらいしたら、一度起きて美味しいものあげるからね。
明日は晴れるって。
楽しいお出かけに行って、たくさんきれいな空気の中で歩けるから
今日はゆっくり休んでね。




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-02-20 20:13 | れお・体のこと | Comments(3)

アロペシア(脱毛症)X のこと

今日の傷跡。
a0157174_1715746.jpg
傷は順調に直っているのですが、毛が・・・ ほとんど生えてきていません。
剃ってから3週間も経つのですから、本来ならもっともっと生え戻っているはずなのに。

これこそが、れおが直面している「アロペシアX」(アロペシア=英語で『脱毛症』、X=謎)
その名の通り、原因もメカニズムもわかっていない、
従って治療法も定まっていないし治る保証もない謎の脱毛症の症状なのです。

アロペシアX
発症する犬の8割以上がポメラニアンなので、別名ポメラニアンハゲとも呼ばれます。
もしれおがポメラニアンだったら、
いくつかの検査のあとすぐにこの診断が下っていたと思うのですが
シェルティーも好発犬種に入ってはいるのですが、とても少ないらしくて
診ていただいた先生は全員首を傾げ、なんだろう?見たことない・・と。
いろいろとオソロシイ仮説なども立てられたし(心臓が弱っている、とか)
数種類のお薬を試したりもしたけれど、全て効果なし。

やはり、いちばん最初に私が疑っていた「アロペシアX」で間違いないだろう、
ということになりました。

最初に異変に気付いたのが一昨年の秋。
肩の辺りのアンダーが無くなっていて、ハーネスで擦れちゃったんだ、と思ったのですが
実はこれもとても良くある最初の気付き、複数のポメちゃんブログの方が、
やはり「最初は首輪のせいかと思った」と書いていらっしゃいます。

それから、気付いたら尻尾の毛が無くなって中身が見えていた、とか
尻尾を持ち上げてみたらオシリの周りから腿のうしろにかけてはげていた、とか
まったくれおの経過と同じポメちゃん多数。

原因不明ながら、きっかけの多くは
サマーカットやバリカンの刺激をキッカケに毛周期が停止してしまい、
毛が抜けても新しい毛が生えてこない、伸びてこなくなる、という、
(それがあったので、傷を負わせたこと、治療のため剃らざるを得なかったことは
本当に本当にショックで辛かったです・・)
ところがなぜか、頭と四肢だけは影響を受けない、というのが特徴です。

れおの場合はやはり、一昨年の秋に三回行ってしまったサロンで
あまりにも大量にアンダーコートを取られ過ぎたのがきっかけでは、と思っています。

最近になって、ポメハゲのトイプーちゃんとかパピヨンちゃんのブログも見つけたのですが
シェルティーは発見できていません。

もし後に、こういうことになるシェルティーちゃんが現れたときに
やはりちゃんと書いておいた方が少しでも助けになるかもしれないし
(私も数々のポメハゲちゃんブログにとても助けられているし)
この症状はもし何かのきっかけで治ったとしても再発することも多いらしいので
自分自身への記録としても・・・
直視するのが辛い現実でもあり、こう見えてかなり凹んでもいるのですが
そろそろきちんと書いておいた方がいいのではないかな、と。

とは言え、
このアロペシアX、特筆すべきこととして
健康上は全く問題が無くて、完全に見てくれだけの問題だ、ということ。
(ニンゲンの若ハゲと一緒、などと言う記述もあります(;_:))
なので、もう受け入れてお洋服をいろいろ楽しむことにした、という飼い主さんも。

だからそんなに気に病まなくていいじゃない、と家族にも言われるけれど、
そんなぁ・・・ 受け入れられません、まだ007.gif

治ると信じてのあれやこれやなど、できれば前向きな感じで
ときどき、少しずつ、書いていこう、かな、と思っています。

そんなわけで、れおはとても元気です。
角度によっては驚くぐらい毛が無くて、心配されてばかりなのだけれど
a0157174_1928268.jpg
安心してください!健康ですよ006.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-02-19 19:35 | れお・体のこと | Comments(2)

抜糸はしたけれど・・

予定通りに抜糸していただいたけれど、なんだかまだ痛々しい・・・
a0157174_1813845.jpg
でもれおは、引き攣れて気になっていたところがスッキリして晴れ晴れ。
a0157174_18185086.jpg
今日は凍るような冷たい風でしたが、
病院のあと、がるちゃんが応援に来てくれたので、一緒にたくさんたくさん歩けて
れおは本当に嬉しくて楽しくて

最後にいつものお約束・・「かえりません」をしている様子は
がるちゃんのブログで見てきてくださいね037.gif

これでいちおう「治療終了」ということなのですが、
傷跡はしっかりと残ってしまうみたいで、完治とはとても言い難い気持ち。

本来のれおだったら、アンダーコート、オーバーコートにみっしりと覆われて
傷跡なんて全然気にならなくなるのでしょうけれど。
次はやっぱり、れおの薄毛問題としっかりと向き合っていかねばと思っています。

たくさんの方にご心配いただいて、心を寄せていただいて、
本当にどうもありがとうございました040.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-02-10 19:01 | れお・体のこと | Comments(0)

カサブタがっ!!

傷が治ってきて痒いのか、
縫った糸が引き攣れて気になるのか、
れおがしきりに傷の辺りを掻いたり舐めたりしたがるので気を付けていたのですが、

場所がちょうど微妙に掻きにくく舐めにくい場所なのでなんとか大丈夫かな、と。
れおも少しトライしては諦めてくれていたので。

ところが今日、ふと見ると、傷の辺りの毛がびしょびしょ。
ちょっとやそっとじゃなくて、ぐっしょり。

ええーっ! ついにやっちゃった?! 届いちゃった?!
と思って見てみたら・・・  ない!!005.gif
a0157174_21391980.jpg
直前まで真っ黒く貼り付いていた
a0157174_21413764.jpg
カサブタがない!!


れお・・・ 食べちゃった?!
a0157174_21481874.jpg
傷が開いていなくて良かった~
明日、抜糸に行ってまいります・・・



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-02-09 21:52 | れお・体のこと | Comments(0)

傷は順調に回復しています

今朝、件の手紙はさらに長女に添削されて・・

「背中の噛み跡の位置を見て、
応戦せずに逃げようとする犬の後方から噛みついたもので、
遊びなどではなく大変攻撃的であるとのことです。
今までに咬傷事故は起こしていないのでしょうか。」

この部分がばっさりカットされました。
「遊びだった云々と言ってきたら、そのときにこれを言えばいい」とのこと。
うちには赤ペン先生が多過ぎです。

私の怒りの部分は全てカット。
家族は誰もあの場にいなくて
あの飼い主の様子を見ていないから私の気持ちがわからないのよね・・015.gif


その最終稿を持って、代々木のかかりつけ医のところに行って
まずは傷の治り具合のチェックをしていただきました。
皮膚の赤みももずいぶん治まって、傷は全てちゃんとカサブタになっていて、
これらがポロリと取れれば終わり、だそうです。良かった~012.gif
a0157174_17472188.jpg
あとは来週の抜糸を待つばかり。

そして、手紙の中に病院名と電話番号を書くことのお許しをいただきました。
万一先方から問い合わせがあったら、ちゃんと説明して下さるとのことでした。感謝・・・

診察を終えて・・ ホッとしたれお。
a0157174_17574115.jpg
このあと、またがるちゃんにお散歩を付き合ってもらって
a0157174_17592826.jpg
れおも私も気持ち良く気分転換できました。
a0157174_1822259.jpg

・・・去年の秋から、次から次から気掛かりなことや不本意なことの重なること重なること。
もうこれで最後にしてほしい~ 一つ一つ解決して、晴れ晴れとしたした気分になりたい~

今日は節分。立春が元旦なら、節分はお大晦日だそうです。
明日からは新しい春。私も気分を切り替えて、負のスパイラルからするっと抜け出さなくては。
今夜は誰も夕食に帰ってこないけれど、
れおとふたりで「鬼はー外!」と、お豆を撒いてみようと思います。



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-02-03 18:16 | れお・体のこと | Comments(8)