カテゴリ:れお( 440 )

まだ静養中・・・

犬が仰向けになってお腹を見せるというのは
「私はなんの敵意も持っていません」つまり服従を意味するらしい。
無防備ですものねー。

これがマイワンコとなると、そのポーズは超リラックス、超のほほ~んポーズとして
こちらの「かわいい~❤」中枢を直接強く刺激する力を持つ。
そのまま熟睡していた日には        
                          ❤ほら❤
a0157174_10564297.jpg

                          ❤ほら❤
a0157174_1131064.jpg

これを業界用語では「へそ天」と呼ぶらしいのですが、我が家では「ポンポン」と呼んでいる。
ポンポンして、れおちゃん。あ、あんなところでポンポンしてくれてる!等々
これをれおからの嬉しいサービスとして有り難ーく甘受している。
さらに、「ポンポン」というとお腹を見せるように教えたりもしている。
 (そんなことよりいつでもお座り・待てができるようにするのが先、という説もあるが…)

その結果、疲れた時、落ち込んだ時、ポンポンサービスのひとが来て励ましてくれるようになった。
あー癒される~ 本当に癒される~~
a0157174_11162817.jpg
          ママ元気出して。お風邪も足も治るよ。ぼくがそばにいるからね。

by mamimi-loves-leo | 2010-02-19 11:25 | れお | Comments(2)

症例報告 パタパタノイローゼ

れおが(半ば強引気味に)耳セットをはずして10日経ちました。

a0157174_10351485.jpgこれが直後のれお。
耳は付け根近くから垂れていますね。
特に見ていただきたいのは
このブルーっぷり!
これはまだ直後ですが、この後本格的に
パタパタノイローゼに突入します。
狂ったように頭を振って耳を掻きまくり
家族一同なすすべなく暗くなる・・・

a0157174_1037587.jpgそのうちクレートに飛び込んで
出てこなくなります。
休んでいるならいいわ、と思うと
中から激しく「パタパタパタ…」音。
ずーっとずーっと続きます。
心配でたまらなくてクレートのふたを取って
そっと見てみると・・・
辛そうですね。悩んでいますね。
何が起きたかわからずに・・・


a0157174_1054110.jpgこれが翌日。楽しいはずの
雪でもこの表情。
帰宅後はもちろん
クレート直行。a0157174_1058259.jpg






さらに翌日です…
クレートからは少し出てくるようになりましたが
じゃれたり誘いにきたりはまったくしません。
性格が変わってしまったのか… 
私たちに心を閉ざした…!?
暗いままの一家。一家そろってパタパタノイローゼか…

このあとぐらいから、少しずつれおらしさが戻ってきました。
全治4日でしょうか。書いてしまうと短いけど、本当に長く心配な日々でした。
ブリーダーのOさんに伺うと「一週間経ったら上を向いた写真を」とのこと。
上を向いたときに後ろに倒れてはいけないそうです。ドキドキ・・・

a0157174_11153926.jpgそして一週間後。a0157174_11203985.jpg
上を向いて、れお。
もっともっと上を見て。
この写真をOさんにお送りして
お返事を待ちました。

「もう大丈夫でしょう。」嬉しいお返事をいただきました。
良かった・・・脱力・・・
それでも心配症の私と娘たちは、折にふれれおの耳をギュッと折っています。
でもれおは全然平気。耳を触られても知らん顔。良かった・・・
なのでこれから耳セットをはずす皆さん、パタパタノイローゼは治ります。
れおでさえ全治4日でした。さらに
性格も笑顔も完全に戻ります。ご安心を(^^)v

by mamimi-loves-leo | 2010-02-11 11:36 | れお | Comments(6)

飾りじゃないのよ 耳セットは 完結編(ですように)

2月1日、半年ぶりにブリーダー・Oさんのお宅に伺った。
一番の目的はれおの耳セットの状態をチェックしていただくこと。
でも他にも楽しみなことがあった。

一つは赤ちゃんたち!今Oさん宅は赤ちゃんラッシュで、一カ月ちゃんたち二カ月ちゃんたち合わせて…?数えなかったけど13匹?もっと?とにかく見たくてたまらなかったのだ。
発作的に「もう一匹ください!」とかと口走ったらどうしようかと思うぐらい。
かわいかったー❤ 
二カ月ちゃんはちょうどれおがうちに来たときの大きさ。こんなに小さかったのねー。
赤ちゃんをたっぷり見つめたあとれおに視線を転ずると・・・かわいい~❤❤
もはやお人形的かわいさでなくて、心が通じた、そうお腹を痛めて産んだ子感覚。

もう一つはママや兄弟ワンちゃんにれおを会わせること。
とにかくたくさんのシェルティーとれおを触れ合わせること。
れおは覚えているのかいないのか、「来たよー」って感じで小走りにOさん宅に上がりこみ、迎えてくれた2頭のブルーマールちゃんたちとご挨拶。終始リラックス。楽しそう!
そしてお庭に出してもらって嬉しくて嬉しくて大はしゃぎ。
Oさんが犬舎からママとお姉さんを連れてきてくださって御対面!驚いたのは私の方でした。
そっくりなのです。姿も雰囲気も。絶対他人(他犬?)じゃない感じ。
特にお姉さんは所作ふるまいが全くれお。視線の端に入っているぐらいだとれおかと思うぐらい。

そして肝心の耳セット。実はちょうどOさん宅のエーテルがなくなっったところで、私も頼りきりで持っても来なかったので、その場ではずして見ていただくことはできなかった。
けれども、一度帰宅後にはずして様子をみてみることに!
はずした直後はよくても、2~3日後に立ってしまうことが多いというので、
戻る兆しがあれば即貼り直し、そうでなければ写真をOさんに送るということになった。
そうなると心配なのは耳パタノイローゼ。
Oさんにお話ししたけど「みんな慣れるまではねー」ってにこやかにおっしゃるのみ。
はい、例によって私の心配し過ぎなのですね・・・

でもやっぱりひどかったです。ノイローゼ。最初の一昼夜は殆どクレートに引きこもり。
特に翌日のお昼ごろまでは熟睡もできないようで終始パタパタ・・・辛そうでした。

a0157174_13131686.jpgそして今日。まだ少し気になるようで
お散歩から帰ったらまたクレートin…
今朝のお耳はこんな感じです。
どうでしょう。どうなるでしょう。
・・・やり直しかしら。

耳セットやり直しということは
耳パタノイローゼもやり直すということ…

あーそれにしても耳セット。
たかが耳セット。されど耳セット。

by mamimi-loves-leo | 2010-02-03 13:29 | れお | Comments(8)

飾りじゃないのよ 耳セットは ③

一夜明けて、東京はピカピカの晴天。
雪は早くもどんどん溶けていて、雪の上を走りまわるれお、は叶わず。

耳セット話、どんだけ長いのか自分でもわからなくて怖い。
なのでどんどん進めます。
大渋滞に巻き込まれながらも到着したブリーダーさん(Oさん)宅。
Oさんはこうおっしゃった。
「エーテルがないとむずかしいですね。他のものだと時間がかかってどんどんいやがります。」
・・・はい、そのとおりです・・・
「それから、暴れたときに力をゆるめたり放したりしては絶対にだめです。耳セットに限らず、暴れればやめてもらえる、と思ってしまうから。強く抱いて押さえていれば、必ずあきらめます。それからすばやくやって、終わったときに盛大にほめます。」
・・・えー?あきらめる?れおに限って、まさか・・・

「では抱っこしておさえて下さいね。」夫がれおをつかまえてむんずと抱き寄せる。
除光液では取りきれなかったべとべとを取るべく、Oさんがエーテルのしみた綿を近づけると暴れまくるれお。ほらこのパワー。Oさんも驚いているはず。
「あーーっ」思わずひるみそうになる夫。
「だめよ!ぎゅっと!」口だけなら何とでも言える私。
「れおくん、きれいにしようね。おりこうねー。」冷静なOさん。
ガウー。ばたばたがりがり。キュイーン。
その時奇跡が起きた。本当に突然、れおがピタッと全ての抵抗をやめたのだ。

「諦めましたね。いい子ねーれおくん。さあ、進めましょう。」
そのあとはお人形のようにされるがままのれお。耳をひっくり返して拭かれても、はみ出た毛をちょきちょき切られても、テープをぎゅっと押さえつけられても。
あまりにあっけなく作業は終わり、れおはみんなに大絶賛されおやつももらった。
「続けると決めたら迷わないで。れおくんにもわかります。」
本当にその通りです。中途半端でした。
翌月曜、朝一で薬局に行ってエーテルを注文したのは言うまでもない。

それから6カ月、ざっと数えて月2回×6、それにシャンプーしたら取れちゃった、うまく付いてなくてずれちゃった、等、17,8回は貼りなおしているはず。そのうち、想定どおりに事が運んでハッピーに終了したのはせいぜい5,6回だろうか。

まずエーテル。匂いがきつい。私たちでもきついのだから、鼻のいいれお、体の小さいれおにはもっときついはず。そのうえ揮発性が強くて、ついついたくさん使ってしまう。
終わった後小走りにクレートに逃げ込むれお。そのまま出てこない。ごはんも食べない。
気持ち悪いの?ラリッたの?大丈夫~…?心配で心配で一気に暗くなる一家。
「エーテル付けすぎ」「時間かかりすぎ」暗ーい反省会。
忘れもしない11月、その週末私は念願の友人たちとの九州旅行、いない間に耳セットを留守番3人でしてくれるという。ラッキー!ありがとうみんな。
由布院散策中に携帯が鳴った。
「ママ、れおが閉じこもったまま。なにも食べない。お水も飲まない。いつもよりひどい・・・」
がーん、、、由布院の喧騒が聞こえなくなった。目の前の景色はかすみ、苦しむれおが見えてくる。
一緒にいる友人たちに気取られないよう、あっちのすみこっちのかげで電話。夜になってやっと回復のきざし。その間の観光の記憶は曖昧。
それで、うちは思い切ってエーテルを止めた。かわりにオレンジX。ネットで情報を得て、早速手に入れて使ってみたらなんとかできた!ただし時間はかかります。オレンジXには油分があるから、ていねいにお湯でゆすぎ拭きしてさらに乾かす時間も。
この匂いなられおも大好き!とは全然言えないけど、エーテルよりはいいはず。

でもここにきてエーテルよりもっとれおをノイローゼ状態にすることができた。なんと、耳がフリーな状態。耳セットをはずしたり、あるいははずれていたりして耳がフリーだと、ちょっとの頭の動きにも耳がパタパタ動く。このパタパタがもはやれおには耐えられないの。ずっと耳をきっちり固定されたまま育ったれお。パタパタと音を立ててはためく耳が超~うっとおしい!!
オレンジXをゆすいで乾かしているあいだ、れおは狂ったように頭を振り暴走しやっぱりクレートに飛び込んで出てこない。う~ん、どっちがましだろうか・・・

すったもんだの末ながら時間は流れ、れおも来週耳セット終了のいちおうの目安といわれた8か月にはいる。それで、久々にOさん宅にうかがって様子をみていただくことにした。そして懸案の耳パタ問題もお話しなくては。このままではれおは一生耳セットのまま生きていくことになっちゃう。


a0157174_13461584.jpg 2月1日、娘2人とれおを乗せて、Oさん宅に向かった。
そう、そこでの話と今の様子を書きたくて、
前ふりのつもりで始めた耳セット話。
実力不足でこんなに長くなりました。
よみがえる記憶、こみあげる感情を抑えきれず。
Oさんのお見立ては?れおの耳パタ問題は?
次からやっと現在の話です。
呆れないでね。

by mamimi-loves-leo | 2010-02-02 14:00 | れお | Comments(6)

飾りじゃないのよ 耳セットは ②

東京は今シーズン初めての雪らしい雪です。夜になってつもり始めました。
明日の朝れおに見せるのが楽しみ!

さて耳セットを続けるぞ!と意気込んで帰った私たち家族。
そのために絶対必要なものが二つあった。

a0157174_22484231.jpg  一つは粘着力の強い絆創膏「ユートクバン」
  これはブリーダーさんが下さったのでOK。
  それで耳を二つに折って貼りつけるパーツと
  折った耳を寄せて止めるパーツを作る。
  親切なブリーダーさんは
  サンプルを作って持たせて下さったし
  ビデオも写真も撮ってきたから問題なーし。

もう一つがジエチルエーテル。シンナーのようなもの。
貼り替える際にユートクバンの強力なべとべとを取るために必要。
ただこれが厄介そのⅠ。普通に薬局で売っていないものなのです。
取り寄せを頼んで手に入れる。当然時間がかかる。
でも付け替えまで2週間もあるんだもの、あわてることないわ。
・・・と思っていたら、トイレトレーニングに明け暮れているうちにあっという間に経った。
えーっっ、頼むの忘れてた~!!この週末に付け替えなのに~!
除光液でいいんじゃない?そうよそうよ、やってみましょう。

意気込んだわりに詰めが甘い私たちは、さっそくれおを抱え込んだ。
ところが厄介そのⅡ。予想をはるかに上回るれおのパワーアップ。
抱え込まれたれおは暴れる暴れる。四肢の爪全部使って逃げようとする。
え~っっ!?
ブリーダーさんのところではおとなしく耳の周りの毛まで切りそろえられていたのに!?
必死なれおが可哀相になってくるが、心を鬼に、鬼に、なりきれない~、、、
しかも除光液じゃやっぱりうまくいかないし~、、、
なんとかはがし終えたけど、まだ信頼関係もおぼつかない私たちへの不信感はどれほどのものだろう。きっとすごくすごく嫌われた・・・これ以上あの抵抗を抑え込んで貼り治せない・・・

作業続行を断念して、ブリーダーさんにメールをした。要約すると「助けて~」という内容の。
「どうぞ明日にでも来てください。」すぐにお返事をいただけて心底ホッとした。
翌日は日曜日。一家4人+れおはブリーダーさんの家に向かう。
普通なら4,50分の距離が、折悪しく高速1000円の影響かなんと片道2時間以上!
それでも助けてもらいたい一心で、れおをあやしあやし向かった。
たった2週間前に、時々はメールで近況を知らせてね、はい、ありがとうございます、写真を送らせていただきます、とお別れしたばかり、まさかこんなにすぐにお訪ねすることになるとは・・・

でもそれが正解だった。あの日伺っていなかったら、絶対れおの耳セットは終わっていた・・・

by mamimi-loves-leo | 2010-02-01 23:27 | れお | Comments(0)

飾りじゃないのよ 耳セットは ①

飼うならシェルティー!と決めていたけれども、私はシェルティーのことを何も知っているわけではなかった。話が具体化する中でいろいろ調べて、始めて知ったことがたくさんある。

その一つが「耳セット」
シェルティーのスタンダードとしては耳が先の方だけ折れている、というふうに決まっていて、そのために成犬になるまで耳を絆創膏で固定して立ち耳にならないようにする。
スタンダードというのはあくまでいわゆる「品評会」での評価基準なので、おうちで可愛がる分には耳が立っていようが寝ていようが全然関係ない。実際立ち耳のままの可愛いシェルティーちゃんもたくさん見た。
れおも品評会に出そうなどとは全く考えていない。のに何故耳セットをしているのか。

去年の8月8日、れおをいただきにブリーダーさんのお宅に伺った。そこで心配なことや注意すべきことなどをお聞きしているとき、私はネットで見た「耳セット」についても質問してみた。
「飼う方のお考え次第なんですよ。してみますか?お顔がやわらかくはなります。」
「ええ、ちょっとしてみてもいいかと…」
ブリーダーさんは超慣れた手つきでれおをあやしながらささっと付けてくださった。

a0157174_2042527.jpg「可愛い~~!!」
れおの顔がさらに十倍ぐらい可愛くなったのだ。
たしかに一層やわらかくあどけなくなったのだ。
「続けます。いつごろまでですか?」
「8か月ぐらいまで。2週間に一度貼り替えてね。」
「わかりました。頑張ります!頑張ろうね、れお。」
 
 …な~んのなんの、ちょちょいのちょいよ。
  可愛いれおのためだもの、頑張りますわよ。

この耳セットがこの後毎回どれだけの騒動を引き起こすか、このときは知る由もなかった…

by mamimi-loves-leo | 2010-01-31 20:53 | れお | Comments(2)

The Reader

私の家は都心のど真ん中にあるのだが、ありがたいことに徒歩10~20分の範囲にけっこう野趣あふれるすてきな公園がいくつかある。

そのうちの歩いて15分ほどの公園に、ウィークデイはほぼ毎日れおとお散歩に行く。
公園までの道はお行儀練習用のチョークカラーという首輪にリードできちんと歩かせるが、公園についたらハーネス(胴輪)に伸び縮みするロングリードををつけて、少し楽しんでもらう。

なにしろやんちゃ盛りの男の子、池の飛び石をぴょんぴょん渡ったり、階段を駆け上がったり、枯葉の山に突っ込んでいったり、ひとしきりはしゃぎまわる。

a0157174_20535164.jpgでも、いちばん熱中するのは・・・匂い嗅ぎ。
この道と決めたかのように、
地面に鼻をくっつけっぱなしでクンクン、
一歩進んでまだクンクン、
頭を下げたままゆーっくり嗅ぎ続ける。
犬は匂いで情報を得る、とは知っている。
前にマーキングしていった犬の大きさや強さがわかるとか。
でもれおを見ていると、そういうことだけではないような気がしてくる。
この熱中。話しかけても夢中で耳に入らないようす。
そうだわ!読書!この子は本を読んでいるんだ!

The Reader(愛を読む人) ご覧になったでしょうか。
教育をうけられず、字を読めないまま大人になったゆえに歴史の渦にからめとられ長く刑務所に入るはめになった女性(ケイト・ウィンスレット)
彼女はかつて愛し合った年下のドイツ人エリートが送ってくれた朗読テープを頼りに刑務所の中で必死で字を勉強する。
自分の人生のために。

a0157174_2057820.jpgれおを見ていてケイトを思い出した。
れおも今勉強中なのだわ。
立派な犬になるために、
必要な情報を必死で読みとっているのだ。
偉いわ、れお。頑張って。

そんなことを考えているから、
お散歩の1時間ぐらいはすぐにたっちゃう。明日も天気になーれ。

by mamimi-loves-leo | 2010-01-21 21:01 | れお | Comments(0)

犬と暮らせば

小さいころから猫ばっかり飼っていた。
もらってきたり、拾ってきたり、いわゆるネコ。

ネコってなんてかわいいんだろう!
まるーくなって寝ている姿、大あくびしながら長ーくのびをして。
「おでかけするから出して」のニャー。
帰ってきて「入れて」のアーン。
大人になっても変わることなく、ただ寝姿の直径だけがふえていく。

犬も赤ちゃんのときはかわいいけど、どんどん鼻がのびてくるからね・・・
わかりやすく大人になっちゃうからね・・・

と思っていた。ついこの間まで。


うちに犬を、という話がもちあがり、どんどん現実味をおびてきた。
なぜだか私の中ですでに犬種は決まっていた。
シェットランド・シープドッグ。
犬ならこれ、と、ずーっと思っていた。飼うつもりもないころから。
家族も大賛成。

それからいろいろ調べた。
シュミレーションしたり、家の周りの犬事情をリサーチしたり。
そのなかで、あの長い鼻のことを「マズル」というと知った。

そしてれおが来た。

それから半年、今ではマズルのない生活なんて考えられない。
マズル、マズル、マズル、連呼する毎日。
「いや~ん、マズルでつんつんされちゃった~a0157174_15122136.jpg
「見て~、私の手にマズルのっけてる~
「危ない!マズルがぶつかっちゃうわよ~

大好きなものが増えた。
人生がまた少し楽しくなった。

by mamimi-loves-leo | 2010-01-17 15:22 | れお | Comments(0)

大きくなったね

a0157174_2240371.jpg
れおは6月10日生まれ。
なので明日からは7カ月の仔です。

6か月ぐらいまでは体の成長がすごかった。
朝起きて見るたびに・・・大きくなってる!・・・と驚くぐらい。
リビングのローテーブルの上はあっという間にとどくようになり、
ここなら安全、と思っていたダイニングテーブルの上も
ふちからだんだんと彼の縄張りになりつつあります。

その後大きさ的成長スピードが落ち着いてきて、
いよいよ第二次性徴が始まるわけです。
なので反抗期+思春期、むずかしいお年頃であたりまえですね。
でもここでしっかり根気よくしつけて
どこへでも連れて行ける息子にしないと。
a0157174_2244887.jpg

by mamimi-loves-leo | 2010-01-09 22:46 | れお | Comments(2)

この道はいつかきた道

昨日もちらっと書いたけど、犬にも反抗期があるなんて知らなかった。

れおは私にとって初めての犬。
子供たちの強い希望で考え始めて2年、ブリーダーさんに会いに行ってからさらに1年経って昨年8月、やっと我が家にやってきた。
おトイレは、1ヶ月後には完ぺきだった。混合ワクチンをきちんと打って、狂犬病も打って、区に登録した。
さあいよいよお散歩解禁。
はじめはホンの10分、おっかなびっくり。そして20分、でもびびるのでそのうち半分は抱っこで。
それもまた1ヶ月後にはずいぶん慣れた。

信号待ちでは「おすわり。」
私の顔を見上げて、・・・これでいいの?というふうにちょこんとすわる。
かわいーーー!
公園の階段の前でちょっと躊躇。
「大丈夫よ。」、・・・ぴょこん、ぴょこん、ぴょこん、
かわいーーー!

ところがある日、おすわりをしなくなった。腰をぎゅーっと押して座らせる。
「もう帰るわよ。」というとくるっと回れ右、降りてきた階段を駆け上がろうとする。
「だめー!」っと引っ張るとぺたっと腹這い。ふんばるふんばる。

ああっ、これは!まさしく反抗期。
15年前の記憶がデジャブのようにひろがる。
長女と同じ・・・!
その長女がいま私にパソコンを教えてくれている。
デジカメのメモリーカードはこうよ、ママのデータはこのUSBにいれるから。
まだまだ頼りないけど、ママの気持ちを慮ってくれるようになっている。

れお、一緒に頑張って通りぬけましょう、反抗期。
こうしてどんどん絆が強くなるのよ。
14年も間があいての子育て、新たな試行錯誤、一喜一憂の連続だけど、
でもいたずらの限りを尽くして疲れ果てて突然眠ってしまうなんて。
かわいーーー!

by mamimi-loves-leo | 2010-01-07 23:00 | れお | Comments(3)