カテゴリ:考えたこと( 372 )

やっぱり旅行が好き

旅行が大好きな私。
20代のころからもちろん好きだったけど、出産子育てによる飢餓的熱望期を経て
もっと好きになり、さらにせっかく行ける一回一回がとてもとても大切になった。

いつまでも あると思うな 親と金。
またすぐに 行けると思うな 旅の宿。

だから計画を建てるときのパッションはすごいですよ。
常日頃、収集しておいた情報・リストを見据えて
口コミサイトや「行ってきました」ブログ、旅行雑誌など、調べまくる。
交通の手配、宿泊予約、観光の予備知識、食事の計画。
実際に行くことが前提のこの作業の楽しいこと!あー幸せ。
口コミはもちろん鵜呑みにはできないけど、複数似た意見があれば大いに参考になるし
ブログはそれ以前のその人の感想と自分の感想が近ければもっとも信頼できる情報源になる。

それでも「なぜ?」と思うような失敗もある。
ある旅館、ほとんどが絶賛意見ばかり
(食事だけは疑問の意見もあった。でも上回る魅力ありの様子だった)
なので大船のつもりで行ったら、部屋が最悪。
確かに誉めているのは新しくなった部屋に泊まった人ばかりだったけど、
それより一人一万以上高いから間違いないと思ったのに。
由緒というよりただ古くて寒くて、
おまけに部屋付き露天風呂のはずが部屋を出て廊下の向い側だったこと。
凍えるほど寒い、よその人も通る廊下の。
そのことを書いておくか、予約の時に知らせるべきだと思う。

でも数々のネガティブ意見がありながらも(有名どころなら必ず批判も多いのです)
「ここ!」と決めて行って
「思った通り、いいえ、それ以上だわ!!」と思えたときの嬉しさ。
家族が、友人が、喜んでくれた時の安堵感。

嬉しいことに珍しいことに、三月四月五月と旅行の予定がたくさんある。
本当にたまたま、いろんなことが重なって嬉しい悲鳴(悲鳴なんてあげてないけど(^^)v)
しかも、子供ができて以来初めて子供を置いて夫と二人で
友人夫婦たちと一緒の旅行が二回もある。
これは画期的!

時は流れるのだなあ、と感無量。
生活の、家族のカタチは
a0157174_201582.jpg流動的なものなのだ。
嬉しいことも、悲しいことも、
寂しいことも、流れの中。

さあ、今年最初の
旅行の支度をしましょう。
たとえ短くても近くても、
旅行はいいわ~。
やっぱり大好き。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-10 20:02 | 考えたこと | Comments(4)

私の秘密兵器

やっと晴れた!
 (犬飼いでない方は、なーんで天気のことばっかり!とお思いでしょう。私もそうでした。
  でも今や、天気、特に朝の天気は重要事項なのです。
  朝しっかりお散歩してストレス解消、お腹もスッキリ。
  これが穏やかで落ち着いた日を過ごすポイントなのです。
    ・・・あっ!!私がじゃないですよ!! れおが、です。もちろん、、、   

a0157174_12193590.jpgお医者様のOKもでたことだし、
いつもの公園でたっぷり1時間跳ねまわる。
ほかのワンたちともしっかりご挨拶。
子犬同士は追いかけっこ。
(リードからみまくり。)
そのあとさらに町を歩いて
車に吠えない練習。
(一勝九敗ぐらい…トホホ)          
                         まぶちいよ・・

機嫌良く帰宅(^^)v 私はまだまだ元気。
なぜなら夕べ、キューピーコーワゴールドをのんだから!
父が内科医だったから、子供のころから薬は父からもらうもので
薬局で買うものではないと思っていたし
売薬、特に滋養強壮系は気休めだと思っていた。
ところが長女出産後、お産の疲れが癒える間もなく授乳、授乳、授乳・・・
昼夜の境もなく、誰かお願い、私を2時間続けて眠らせて~!と泣きたかったとき
薬局で渡されたキューピーコーワゴールドのサンプルがあるのを思い出した。
まさに「溺れる者は」、ワラと思ってダメ元でのんでみたら!
翌朝、いつもながらの途切れ途切れ睡眠にもかかわらず、スッキリ起きたのだ。
心なしか母乳の出も良いような。

以来私はキューピーコーワゴールド常備。単純にもすっかり信者。
でもたいして疲れてないときにのんでもなんの効果も感じないので
まさにここ一番!あるいはお願い助けて~!の時まで、我慢して我慢していざありがたくのむ。
気のせいでもなんでもいいの。そういうものがあると安心~
 ・・・でも!当時のうたい文句『胎盤エキス入り』が今見たら無い!
    動物は出産後体力回復のために胎盤を食べる、と聞いて、
    私も食べれば良かった~、と真剣に思っていたから
    それが効くんだ!と思っていたのに。。。  
見なかったことにしよう。。。

a0157174_1315241.jpg
  





ボクはちょっと寝れば
もとどおり元気だよ   

by mamimi-loves-leo | 2010-03-08 13:23 | 考えたこと | Comments(0)

四月からの時間割

もうすぐ今学期の英語のクラスが終わるので、
学期初めからのノートをもう一度見直してみた。ら!

全然覚えてないじゃない。。。
あんなに緻密にノートに書いてあるのに
すごーく新鮮なのはナゼ・・?

復習しなかったから。はい。知ってました。
予習はなんとか頑張ってするんだけど(授業中に恥をかかないため)
帰ってきたらそのまんま。
これじゃあダメなのよ。
スポンジのように知識を吸い込む年頃じゃあるまいし。
アイロンアップリケでもくっつかないから、ちくちく縫いつけなくちゃいけないのに。

今学期はまさにれおと始まった。
朝みんなを送り出したあとが私のゴールデンタイムだったけど
今はその時間の長散歩がルーティンになったし。
生活を少し組み替えないといけないかな。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-04 22:30 | 考えたこと | Comments(2)

二世・三世の時代

オリンピックを見てもつくづく思うけど、スポーツ界には二世三世がたくさんいる。
「親も、祖父母も日本代表」とかだと目立つけど、
そこまでではなくても「親も選手」ぐらいの人はたーくさんいるんだと思う。

私の音大時代の友人で、今母校で教えている人はたくさんいるけど、
彼ら曰く音高・音大生も二世だらけだそうな。
「一級上の〇〇さんの息子」とか、「三級下の△△さんの娘」だらけで、
私たちのころにはけっこういた「親は楽譜も読めない」みたいな人は
本当に少ないそうだ。
生まれたときから家にグランドピアノがあったり、子供サイズのバイオリンがおもちゃだったり。

水泳の友人と話していたら
お嬢さんが大学の社交ダンス部で試合等でも活躍したけど、卒業後は続けるのは無理だと言う。
「プロになるような人は殆ど親もプロで、自宅にスタジオがあったり教室持ってたり。
 太刀打ちできないのよー。」
とのこと。
ここでもそうなのね。

このままいくと、すごいことになるかも!
だって・・・

れおはシェットランド・シープドッグ。
シープドッグには共通する習性があって、動くものを吠えて追いかけちゃう。
お散歩中に追い抜いていく車とかバイクも。
これは危ないので、「NO!」と引っ張るとキュッとあごの下にひっかかる首輪とかで
気長にしつけていかないといけない。
実際に羊を追っていたのなんて、れおの何十代も前のはずなのに
未だにDNAはしっかりと伝え続けている。

と、友人に話したら、そこの家はゴールデン・レトリーバーを飼っていて、
レトリーバー(回収する人)の習性もバリバリ伝わっていると。
飼い主の撃ち落とした獲物を「回収」するDNAゆえに、
何かを投げてもらって「取ってこい」と言われるのがだーい好きだって。きりがない、って。

才能が遺伝する、環境が整っている、だけでなく
DNAにすりこまれていくのかも。何代もかけて。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-02 19:41 | 考えたこと | Comments(0)

明日は朝から晴れてほしい

今日で2月は終わり。
2月はただでさえ短いのに、今月はいろいろあって
サーッととりとめなく終わってしまった・・・

でもずっと懸案だったれおの手術が無事終わったことで良しとしよう。
終わり良ければすべて良し。

春以降の予定を立て始めている。
予定を立てるときは、新しいノートを広げるときのようにワクワクする。
1月2月はどこにも旅行しなかったけど、
行きますよ!3月からは。
その予定をエネルギーにして、明日から頑張って活動しよう!

by mamimi-loves-leo | 2010-02-28 23:01 | 考えたこと | Comments(0)

私がランチに行きたくなかったワケ

昨日集まった彼女たちとは、夜に会うことが多い。
ピアノのEは独身でバリバリ演奏に指導に活躍している人で
しかも年の半分はパリに住んでて(羨ましい…憧れのライフスタイル…)とっても美食家。
 (でもEは“まみみが羨ましい!”って言うのよ。
   家庭を持って子供もいて自分の楽しみのためだけにバイオリン弾いているから、って)
そのEが美味しいお店を見つけてきては招集をかけてくれるので、食べて飲んで、の会が多くなる。

でも今回は、もう一人の現役バリバリのCちゃんがずっと猛烈に忙しくて、
この日の昼間ならちょっと時間がとれるー!と言うので
彼女のテリトリーに近いタマタカのASOに集まってサクッとランチをすることになったわけ。

でも、これが初めてではない。
ちょうど二年前のこの時期にも、全く同じ理由で全く同じ場所に集まったのだ。
そしてその時、私は人生の中で多分5本の指に入る苦しい体験をしたのだ・・・

二年前のその日、私は少し早めに行って、
日ごろほとんど来ることのないデパートを物珍しく歩き回り
地下で夕食のものをしっかり仕込み
「さあ!時間の限りたっぷりしゃべるぞー!」と張り切ってランチに臨んだ。
車だから飲みはしないけど、食べてしゃべってもちろん楽しかった。
場所をかえてさらに会は続く。
アイスティーを飲み終わって、もう一杯何か…と思うあたりから…
胃が焼けるように痛くなってきた。気持ちも悪い。苦しい。
せっかく会って盛り上がっているみんなに気付かれないように
ちょっと、とトイレに行ってガードルを脱いだ(!)。少しマシかなぁ。
席に戻って話に加わったけど、どうにも耐えられなくなってきた。
せいいっぱいさりげなく、ごめんね、お先に、と席を立った。
車に戻るや否やブラジャーのホックもはずし、
とにかく早く帰ろう!と車を出した。

ところが走り出して間もなく、猛烈な吐き気!
走りながら食料品をレジ袋から全部出して、
袋を重ねてシンナー中毒みたいに(古い?)口に押し当て
信号待ちのたびにもどす。もどす。
でもそう都合よく信号にかからないから、こみ上げる吐き気を我慢・・・
涙ポロポロ、だめだ、次の信号までもたないかも、
あー間にあった、あ、もう青だ…

道はあの広い246。走っているのはいちばん中央線寄り。
車線変更繰り返して左に寄って止める余裕もない。
それに早く帰りたい。ひたすら走る。吐く。
よくぞ事故らなかったと思う。辛かった~~・・・

ノロウィルスだった。突然発症するとは。前触れなし。

今回のお誘いの時、ちらっと思い出したけど、その時は元気だったから気にしなかった。
でもその後長ーい風邪。さらに捻挫。
十日以上半径1㌔以内で暮らしていたら気持ちも内向的になっちゃって
・・・またあんなことになったら・・・方角が悪いのかも・・・
行きたくない。行かないほうがいいかも。その日の朝まで思っていた。

でも結果は昨日書いたとおり。
あえて二年前と同じに早く行って地下で食料品も買い込んだ。
でももちろん何も起こらず、たっぷりしゃべってむしろ元気になって帰ってきた。
タマタカの呪縛は解けたわ。

今回の教訓・・・案ずるより産むがやすし。苦手意識は早くやっつけた方が得策。

by mamimi-loves-leo | 2010-02-24 21:57 | 考えたこと | Comments(2)

全快したことにした

長ーい一週間だった・・・

予定をすべてキャンセルして“静養”に努めた一週間。
だけど静養静養といったって入院しているわけでもないし
熱がないから寝込むのも…ねえ、となると
結局うろうろごそごそ動くことになる。

れおのお散歩も一日休んだだけで、
腫れと痛みが少し治まったら(モーラステープというのがすごーく効いたみたい)
平地を選んでよろよろ連れて歩いたし。

風邪も足も全快とは言い難いけど、でも静養は終わり!
明日からはパワー全開で過ごします。
ここまできたら「病は気から」。
治ったことに決めました(^O^)/

by mamimi-loves-leo | 2010-02-21 21:48 | 考えたこと | Comments(0)

お散歩

いつもの公園に行くのには二通りのルートがある。
どちらが近いのかしら。
あるいはもっと良い道があったりして。
Google Mapでルート検索してみた。

a0157174_2051393.jpgなんとどちらも同じ。900メートル。
ということは!

私は毎朝2キロのウォーキングをしているの?!
しかもかなりの早歩きで。
忙しい日は早起きしてまで。

私ひとりでは絶対ありえないこと。
ありがとう、れお

by mamimi-loves-leo | 2010-02-16 20:13 | 考えたこと | Comments(0)

食べ物連鎖

水曜日に作った雲片肉。火にかけておくだけなのにとっても美味しく見栄えのいい一品に!
a0157174_12294195.jpg

さらにお得なことに、この豚の茹で汁が実に良いスープとして残ります。
今回私はこれをこう使ってみました。
a0157174_12341256.jpg
おでんです。茹で汁+白だしです。昆布だしのときとはまた少し違って、こっくりとこくが深い感じ。
左下方に並んでいるのはちくわではありません。きりたんぽです。
我が家はこの冬きりたんぽブーム。この〈こっくりスープ〉に良く合う!
これが木曜日のメインディッシュでした。

そして金曜日、残ったおでんを汁もの代わりにして、お肉でも焼いて・・・
と思っていたのですが急遽焼鳥屋さんにGO!ってことで

今朝、残ったおでんにおだしを足して、残りごはんを入れて弱火でぐつぐつ。おじや風。
あったか朝ごはん!ふーふーとみんなで食べました。
写真はなし。夫の前では撮りません。ブログのこと話していないから(^^ゞ

そしてお伝えしたかったのは 桃屋のラー油美味しい! ということです。おでんにも合う!
ひと匙、もうひと匙、と、家族のあいだをぐるぐる。減っていく減っていく~~!

a0157174_1352377.jpg大丈夫。こんなことだろうと買いだめしておきましたよ。

さらに今日の夕食は「そぼろ丼温玉のせ」の予定。
そぼろの味付けには残っている雲片肉のたれ利用。
冷蔵庫の中でニンニクがどんどんお醤油になじんで
い~い感じになっていると確信しています。

おうちのごはんはこうしてどんどん続いていくのです・・・

by mamimi-loves-leo | 2010-02-13 13:22 | 考えたこと | Comments(4)

幼なじみ

昨日書いた小説教室を私がやめたあと、入れ違うように私の友人が入ったらしい。
らしい、というのは、彼女とは小学1年生からの友人で高校からは違う学校になったけれども
つかず離れず、今でも付き合いは続いているのだが、
その中に何度かある疎遠期のできごとだったから。

「まみみが通っていた教室に私も入りました」という年賀状をもらって知った。
それを見てピン!ときた。彼女ならやってくれる。
私が爪あと一つ残せずにフェードアウト消えしたあの教室に、彼女が一矢報いてくれる、と。

純文学とエンターテイメントとの違いさえわからなかった私と違って
彼女は根っからの本当の文学少女。
小説、戯曲、詩、全てに興味を持ち精通し、大学は文学部、
その後も言葉を使う仕事をずっとしている。
そのうえ彼女の人生そのものがまさにドラマティック。
しばらくぶりで会うとそのたびにビックリするような経験をしている。
どういう星の下に生まれたのだろう、といつも思っていた。
たくさんの引き出しにたっぷり素材が詰まっているはず。

そのころ私は子供を産んだばかりで、
人生史上初の「5分たりとも自由にならない」期に突入していたので
連絡はとらなかったのだと思う。
だけどその日から私は新聞の文化欄の「〇〇新人賞受賞者」記事を
かかさずチェックしていた。
あの教室にいた、あともう一歩、もう指先に触ってる、みたいな人たちがどんなに多いか
私は知っていたけれど、でも確信してチェックしていた。何年も。
そしてついに、やっぱり見つけた。

彼女はペンネームを使っていたけれど、付き合いの長い私にはすぐわかった。
「好きだ」と言っていた漢字が使ってあったから。
本当に本当に嬉しかった。江戸の敵を長崎、じゃないけれど
中途半端だった私の自分探しを彼女が結実させてくれた気がした。

「おめでとー!!」のカードをきっかけに5年を超えた最長疎遠期は終わった。
今ではもっぱらメールのやりとり中心だが、彼女は相変わらずドラマティックだ。
受賞後の険しい道、書きたいことと書かせたいことのズレ、
家族間に巻き起こった騒動、思いがけない悲しい別れ。

明日、久々に彼女に会う。
彼女が話してくれるであろうドラマに比べて私の話は・・・
いいのいいの、それでいい。
彼女のような素敵な友人がいることも私のドラマの一つ。

by mamimi-loves-leo | 2010-02-09 13:24 | 考えたこと | Comments(2)