カテゴリ:家族( 96 )

箱根旅行をプレゼント(^^)

夫の両親は二人とも80歳を過ぎているのだけれど、ありがたいことにとても元気。
それも「おじいさん、、おばあさん、、おーげーんーきーでーすーかーー。」
という元気じゃなくて、ふつうにシャキシャキと元気。
父は歩くのが速くて追いつけないほどだし、母はヒラッと自転車に乗っちゃうぐらい。
いつも前向きで、こちらが滅入るようなことは全く言わない。

ところがこの2,3年、毎年夏から暮れにかけて母の体調が少し悪くなる。
夏の疲れ、と言うのだけれど、気力体力共に落ちて、少ーし鬱っぽくなってしまう。
夜眠れない、昼間はだるくて横になりがち、食欲もない。
父が心配してうちに電話をしてくるけど、そういうときは母は人が家にくるのもいやがるので
夫一人でちょっと様子を見てくる。もちろん夫もとても心配する。
でも暮れにかけて快方に向かい、お正月には元気なのでホッとして、そしてまた夏、の繰り返し。

先日の父の日に夫が会いに行ったら、今年は今のところとても元気だという。
それはチャンスじゃない? 善は急げじゃない?
一昨年の秋、皆で温泉に行くことにしていたのだけど、直前に父がキャンセルしてきた。
母のこの症状が始まったころ。
それ以来、遠出の計画は気持ちの負担になるのでやめていた。
でも本来楽しいことの好きな人たちだし、行けなかったことは残念がっていたし。
皆の予定を、とか言っていると先になるので、たまには夫と3人でさっと気楽に行ってくれば?
旅行の計画ならおまかせを! と、探してみたら、、、これいいんじゃない?!

箱根翡翠 小懐石プラン   一休で見つけました。
ここは会員制リゾート「ハーベストクラブ」の施設だけど、一般客用にも数部屋出している。
いろんな旅行ブログでの評価も高いし、特にお食事の評判がいい。
でも、旅館の食事が多過ぎて…と気にする人は多いし、現に両親もしきりに心配していたけど
このプランはまさにそういう人のための、美味しいものを少しずつプランだ。
7月いっぱいの設定だけど、運よく3日が一部屋空いていたので即予約を入れた。

a0157174_203726100.jpgロマンスカーを予約して、箱根フリーパスを添えてプレゼントした。
両親共にとても喜んでくれたみたい。
夫も張り切って、美術館めぐりや
遊覧船にも乗ったとか。
ちょうど箱根登山鉄道のあじさいが
真っ盛りで、混んでいたけど
見事だったらしい。
お食事も美味しくて、全部いただけたとか。よかったよかった~

途中雨にも降られたけど、充実して楽しくて、お宿もくつろげて、良い休日の二日間だった様子。
思い立ったが吉日作戦、大成功049.gif
a0157174_20501750.jpg

      ・・・そしてもう一つの目論見   いつも両親を心配している夫。
        両親喜ぶ = 夫、嬉しい → 安心して機嫌良くなる   ふふふ、これも大成功
037.gif

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2010-07-04 20:59 | 家族 | Comments(4)

ステテコを買いに

明後日は父の日。
パパにプレゼントするものは毎年娘たちも考えるのに苦労している。
夫はなんでも喜ぶだろうけど、娘たちはすごーく気に入ってもらえてすごーく愛用してもらえるものを送りたいから、二人で頭をひねっている。

今年は、次女のアンテナにかかったモノあり。
ステテコドットコム

私は初耳で、なんじゃそれはだったのだけど、今話題沸騰のリラクシングウェアだとか。
サイトで見たら、発色のきれいなポップで可愛いステテコ♪ 
パパの夏の休日をおしゃれにできる!と大乗り気で決定した。
ところがさっそくオンラインショップを見てみたらほとんど全て在庫なし。
ではお店で買わねば、と、今日次女は部活がないというので下校後学校の近くで車に乗せて、
二人で日本橋三越に行ってきた。
肌着売り場で発見。あったあった、これね、と物色していると、店員の男性がやってきて
「どこかでお聞きになりました?」と言う。
なんでもやはり聞きしに勝る大人気で、売り切れ続出らしい。
都内のデパートで選べるほど置いてあるのは三越と伊勢丹ぐらいだとか。
(この二店は今や提携して同系列下なので身びいきかもしれないけど)
なんとかいくつかの選択肢の中から色を合わせてステテコと上に着るかぶりのシャツをゲット。

帰宅して、さっと自分の部屋に隠す次女。
父の日なんて忘れたそぶりで、当日のサプライズにするらしい。
帰り道の車の中でも、
「パパはほんとは明るい色が好きなのに自分では選べないから絶対喜ぶ~!」
と、いいお買い物ができたことに大満足の様子。
塾から遅く帰ってくる長女に報告したくてうずうずしている。

a0157174_21411895.jpgこの次女の様子を
ビデオに撮って見せるのが、
一番のプレゼントになりそうだな、
と思うけど。
明後日の様子が楽しみ001.gif

          

      カードにはボクの名前も
              書いてね。




にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

by mamimi-loves-leo | 2010-06-18 21:52 | 家族 | Comments(4)

ハッピー・バースデー

今日は次女のお誕生日067.gif15歳になります。 ・・・えっっ!?15歳!?
あらためて「15歳」と思うと本当にびっくり。まだあんななのに・・・!

思えば15年前。彼女が産まれたときは嬉しかったー。
性別は聞いていなかったので、どっちかなー、とドキドキわくわくしていた。
上が女の子だったので、できればまた女の子がいいなぁ、二人で助け合って生きられるし、
と思いつつも、
男の子だったらどんななのかな、私は自分にも男兄弟がいないから、未知の世界で楽しいかも、
とも思い。

最後の関所をやっと抜けて、赤ちゃんがこの世にひっぱりだされてすぐに、
「おめでとうございまーす!女の子よ。妹ちゃんね。」と助産師さんの声。
・・・女の子・・・053.gif
すごーく嬉しかった。じわじわと幸せがひろがって、
あ、私やっぱりもう一人女の子が欲しかったんだ、とはっきりわかった。
あとで友人に
「思った通りになったわね!二人目のこと話してたときに、
 『退院した後パパがいてくれると助かるから、
  ゴールデンウィークの少し前に女の子を産みたい』って言ってたものねー。」
と言われて驚いた。
お腹が大きくなると、どちらでもとにかく元気なら、と祈っていたけれど
最初はそんなことを言ってたなんて全然覚えていなかったから。

次女が産まれたのを見届けて三か月後に父が急逝し
それからは我が人生最大の辛い苦しい日々が続いたけど
二人の娘がいたこと、分身が一人直前にふえてくれていたことが一番の支えだった。

15年ねえ・・・ あっという間だったとは言わないけど、でも早いなあ。
あと何年一緒に暮らせるかしら。
今彼女が元気で明るく幸せに私のそばにいることに感謝。

a0157174_22125587.jpg
お誕生日ディナーは

「かめ代さんレシピ」の
ホットプレートでささみフライ


ハムとレタスのピラフ
a0157174_22242477.jpg





              次女の好きなミネストローネ

a0157174_22304596.jpg





ローソク15本ぐるっと立てて


a0157174_22363362.jpg


       
          おめでとう! 
         いいことがたくさんある
         15歳ですように!

by mamimi-loves-leo | 2010-04-26 22:43 | 家族 | Comments(2)

サプライズプレゼント

私の使っているノートパソコンは次女と共有、ということになっている。
ユーザー名をクリックすると、それぞれのデスクトップが開かれる。

次女はさすがイマドキの子、誰に習うわけでもなく次々と開拓して
いろいろなソフトをダウンロードし、DVDを編集したりエクセルで表を作ったり、
自由に使いこなしていて驚くばかりだ。
もちろん壁紙もしょっちゅう取り換えていて楽しそうなので
私も素敵な映画を見たあと次女に頼んでその映画の壁紙を貼ってもらったりしていた。

一番最近は「NINE」。黒地に華やかな俳優・女優さんたち。
かっこいいけど早くもちょっと飽きてきた。。。

冬休み最終日の今日、次女がずーっとパソコンを独占状態。
やっと空いたので“ユーザー切り替え”してみたら・・・

a0157174_18294138.jpg

            こんなかわいい壁紙になっていた! ありがとう!

by mamimi-loves-leo | 2010-04-05 18:36 | 家族 | Comments(4)

私も努力します

次女は、母親が言うのもなんですが、けっこうしっかり者で人望もあり
私がイラッとしたりカチッときてたりすると「まあまあまあ…」と押さえてくれたりもして
なかなか頼りになる子なのだけれど
ときどきビックリするような言動で笑わせてくれる。
先日の「シバカリ」も驚いたけど、またやってくれました。

「鋭意努力します」の「えいい」

「えっ!!こういう字なの?」

(そうよ、知らなかった?・・・あなた、まさか・・・)

「えーい!がんばってやろうじゃないの!」のえーい!だと思ってた。
 どうして急にこんなくだけたこと言いだすのか、不思議だったのよ。」

(やっぱり・・・)

ありがとうさん。おかげで眉間のシワがのびました。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-27 22:00 | 家族 | Comments(2)

むかしむかしあるところに

次女(中2)が突然
「シバカリ、ってなに?」と訊く。
??! あぁ、おじいさんは山へシバカリに、ってあれ?
「そうそう。」

なので教えました。
「柴刈り」とは落ちてる枝や、細くて火が点きやすそうな枝を探して集めてくることよ。

「え、そうなの?芝刈りじゃないの?」
そうよね。そう思うわよね。
ママもなぜ自分が知ってるのか不思議よ。

「ずっと変だと思ってたのよー。
 おばあさんは川で洗濯、って生活のために頑張ってるのに
 どうしておじいさんはそんなボランティアみたいなことしてるのかなあ、って」

ボランティア?
「そう。村の広場の芝刈りとか」

訊いてくれてよかったわよ。
ボランティア、って、ありえないでしょう。
っていうか、もっと早く訊かんかい!
桃太郎を知って何年経つのよ。

by mamimi-loves-leo | 2010-03-05 22:31 | 家族 | Comments(2)