カテゴリ:お泊まり( 183 )

再び伊勢・・二千年の神秘の壁は高かった

今回の旅の主目的が、海から伊勢神宮に変わってきたとき、
我々にはそれぞれの友人から聞いて体験してみたいと思ったことが二つありました。

一つはお神楽をあげながら祈祷していただくこと、
そしてもう一つは、正式参拝。

前者は、ご祈祷をお願いするときにある決まった金額以上を御捧げすると
ご祈祷を受けた上にお神楽を舞っていただける、というもの。
これはHPにも書いてあって、比較的わかりやすかったのですが

わからなかったのは正式参拝。
以前私の友人から、これまたいくらかの献金をすると、
正堂参拝の時に、普通の人より一歩奥まで入れていただける、と聞いて、
その神聖な特別感はぜひ体験してみたいと思っていたのです。

今回出かけるにあたって調べたのですが、HPにそのような案内はありません。
行った方のブログなど読み漁り、
それは「御垣内参拝(みかきうちさんぱい)」とも呼ばれるもので、
ただ、神宮側に聞いても「そういうものはありません」と言われるとか。
あくまでも寄付のお礼として行われるとか、とても曖昧なものらしく、
そのわりに服装コードはとても厳しいと。
男性は黒か紺のスーツ、革靴、女性もそれに準じたもの、ということなのですが、
何しろHP上存在しないことなので明文化されたものがありません。

我々も最初は、地味目な服ならいいんじゃない?なんて言っていたのですが、
ブログ検索していろいろ読むと、ワンピースで断られた、上着がないとダメとか、
上下同じ素材じゃないとダメ、透けててダメとか、いろんな例がたくさんあって005.gif

出発の二日前ぐらいに我々は、現場で追い返されるぐらいなら
もう喪服!喪服で行きましょう!
そのあとそのまま喪服で歩き回ることが変でも不自然でもかまわない!!

という結論に達し、

二日目、チェックアウトしてそのまま伊勢神宮に向かおうとしている我々は
こんな服装。
a0157174_17334423.png
でもね、ここでハッキリ言いましょう!これで正解です!
伊勢神宮には、公然の秘密的な「正式参拝」をさせていただくべく、
こういう服装をした人がけっこう歩いているので全然浮きません。

かくして喪服に黒のパンプスを履きつつ、
その前後に歩き回るときの玉砂利対策として歩きやすい靴もちゃんと持って
万全の対策を取って「正式(御垣内)参拝」をさせていただくべく、
まず向かったのは、早朝に行かなかった外宮の方。

参拝の順番としては、外宮、そして内宮、というのが良いと言われていたし、
内宮については少し説明も受けたので、次は外宮を詳しく拝見したいとも思ったからです。

外宮に着いて、まずは門前の案内所でボランティア案内人さんを紹介していただきました。
この方が大ベテランらしく、自作のフリップを駆使して独特の印象深い語り口、
a0157174_19594614.jpg
すごく勉強になった~043.gif お願いして大正解!

またちょっと「受け売り」をば023.gif

内宮が天照大神をお祀りしているのに対し、
外宮は豊受大神(とようけおおかみ)をお祀りしています。
今から二千年前に天照大神が五十鈴川のほとりの内宮に居を定められた五百年後、
天照大神のお食事を司るためにこの地に遣わせられたのが豊受大神で、
全ての日本の国民が未来永劫、
毎日朝八時半と午後二時半の二回の食事がとれることの守り神でもあるそうです。

そして、外宮がこの地に定まった千五百年前から現在まで一日も欠かさずに朝と午後の二回、
半日かけて身を清めた神職に就く数名の男性たちの手によって
天照大神、豊受大神とその他の神々のためのお食事(神饌)が
「忌火屋殿(いみびやでん)」という建物の中で作られているとのこと。

私たちはちょうどその時間に当たったので、
その「神饌(しんせん)」がまた別の神職の方たちによって
「御饌殿(みけでん・神々のお食事場所)」へ運ばれる様子をちらりと拝見することができました。
a0157174_2037161.jpg
三人目の方の持っているのが御饌殿の鍵。
a0157174_20383455.jpg
垣の奥で、忌火屋殿から神饌を受け取って御饌殿へと運んでいきます。
a0157174_20531122.jpg
a0157174_20551090.jpg
千五百年間一日も欠かさず、って・・・すごい。


案内人さんの説明は全部で一時間半のコース。
伊勢神宮のことなら何でもご存じな感じで、
神話の内容からひも解いて教えてくださるのでとても興味深くてわかりやすくて良かったです。

でも。この方でさえ、正式参拝をしたいのですがどうすれば・・?と伺ったら、
はっきりしたお答えはいただけず。
「それは私は案内できないからご自分たちで行っていただかないと・・・」と、
どうやら、オフィシャルに説明できない感じなのです。

それでも、「神楽殿」という建物で献金をするらしいとわかったので、
a0157174_2112147.jpg
ここの窓口(?)に行くと、ご祈祷依頼書のような紙が。
住所名前など書いて、献金を添えてお渡しすると、
こちらでお待ちください、と、待合室に通されました。

履き慣れない黒のパンプスを脱いで待合室に上がり、ホッとしつつも、
・・・あら?服装チェックどころか、革靴限定なはずの靴も脱いじゃって?ここじゃないの??
との疑問がふつふつと。

すぐに神主さんが呼びにいらして、広間に通され、祝詞をあげていただき、
さらに・・・巫女さんたちや和楽器奏者たちも現れて、お神楽が。
おお、図らずも、これがもう一つの希望だったお神楽!
このあとで正式参拝もできる?なら、願いが一気に叶う?わけね・・・

と思ったのですが・・・
30分ぐらいでしょうか、板の間で正座して、恭しくお神楽を頂戴して・・・終わりでした。

これはこれで良かった、すごく良かった。
でも、御垣内参拝は?どうすれば?!

私たちは、最初に案内人さんを紹介していただいた門前の案内所に戻り、
かくかくしかじか、御垣内参拝は如何にすれば?と尋ねたのですが、
そこの方たちもご存じないのです。
「私もそれはしたことがないので・・・」などなどと。
何故なの~?そんなに謎の儀式なの~??

とりあえず、今度は内宮でチャレンジしてみようと向かったのですが、
時刻も夕方に近くなってきたのでこの日は参拝はあきらめて、

「ならば今日一日、何故に私たちは喪服を着て歩き回ったのかしら・・・」

という疑問や矛盾、釈然としない気持ちを振り切るべく、
「おはらい町」のお店を楽しくあちこち覗きながら
a0157174_21394863.jpg
この日のお宿へと向かうことにしたのでした・・・   喪服でね。
つづきます012.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-20 21:56 | お泊まり | Comments(0)

伊勢神宮・・始まりの朝は粛々と明けていった

「海を見に行こう」ということで始まった今回の旅の計画。

ところが、一泊目に泊まったホテル「タラサ志摩」に
「伊勢神宮早朝参拝付き」という魅力的なプランがあったことから、
計画の主軸がぐぐーっと変わっていきました043.gif

ルルママもフィー子ママも、そして私も伊勢神宮には行ったことがなくて、
それぞれみんな「行きたいな~」と思っていたところだったので、
ぜひそのプランで早朝参拝したいし、さらに内宮だけでなく外宮も、その周辺も、
伊勢神宮をくまなく見てみたい、そのパワーを体感してみたい!ということになったのです。
それぞれ、行ったことのある友人の話を聞いたり、本を読んだりサイトを見たり、
いろいろ事前情報をみんなでそれなりに仕込んで
(そしてすったもんだの話し合いが重ねられたのですが、そのことは追々・・)

まずは、二日目の朝の早朝参拝です。

前夜早寝して、翌朝5時過ぎに起きて、6時にホテルを出て伊勢神宮の内宮へ。
a0157174_18111755.jpg
ちょうど良い冷え込みぶりで、身がきりりと引き締まるような清清しさ。
私たち3人と、爽やかな若いカップルだけのツアーです。

人もまばらで静かな五十鈴川。お清めの川です。
a0157174_1814450.jpg
左の人が地元出身のホテルマンで、運転手兼ガイドとして丁寧に案内してくれました。

ではちょっと「受け売り」をば023.gif

「伊勢神宮」というのは、ここ「内宮」と、5キロほど離れた「外宮」と、
その他周囲に散在する大小合わせて125の宮社の総称です。

ここ内宮の敷地内にもいくつもの宮社があって、
ここは、鎌倉時代の元寇の時に神風を吹かせて日本を守ったとされる
風日祈宮(かざひのみのみや)
a0157174_18321412.jpg
二十年に一度の式年遷宮の際には、
本宮だけでなくて全てのお宮、さらにはいくつかある橋まで架け替えるそうで
a0157174_18345860.jpg
風日祈宮の隣にも、遷宮のためのスペースがありました。
a0157174_1836987.jpg
そのために、この神のエリアには二十年以上の時を経た建造物がない、
繰り返し再生して永遠に若さ美しさを保つ「常若(とこわか)」の思想を体現しているとともに、
次の世代の人へ知識や技術が確実に伝承されるために、
20年ごとに繰り返すというのは最適なスパンでもあるそうです。

そしてこの階段の上が、天照大神が祀られた
「正宮」
a0157174_1842645.jpg
もちろんお参りしましたが、写真はここまで。中は禁止です。


正宮は、天下国家の平穏や、生かされていることへの感謝のみを祈るところで、
個人的モロモロはそのお隣の 荒祭宮(あらまつりのみや) でお願いします。
a0157174_18473948.jpg
こんなふうにね006.gif
a0157174_1853655.jpg
地元の人ならではの、思い入れと愛に溢れた丁寧な説明を聞きながら
ゆっくりゆっくり一周して、
a0157174_19172.jpg
ホテルに戻りました。


そして、清清しく美味しく朝ごはん♪
a0157174_19104717.jpg
チェックアウトの11時までしばし休んで、
いよいよ私たち三人による「伊勢神宮満喫計画」が実行されたわけですが・・・

・・・さすがは二千年の歴史の重みか、そう簡単には満喫させていただけなかったのですよ・・・
つづきます042.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-18 19:32 | お泊まり | Comments(2)

鳥羽の海を見ながら

思い起こせば三年半前、
ゴールデンレトリーバーのルルちゃんのおかげで再会した私たち。
4本足の末っ子たちと共にいろんなところにお出かけして、
a0157174_12563427.jpg

末っ子たちの様子を一緒に眉尻下げっぱなしで見つめ合って
a0157174_12535014.jpg
20年近い年月を遡ったかのようにしょっちゅう会っては
助け合ったり慰め合ったりの活動(?)を続けてきた
元・長女の幼稚園の仲良しママ友であり、現・末っ子倶楽部の、ルルママとフィー子ママ。
a0157174_14273139.jpg


その後、だんだんお出かけをしたがらなくなったルルちゃんが心配で、
なるべく出かけない、用事があっても長い時間は家を空けない、
いつもいつもルルちゃんに寄り添っていたルルママですが
a0157174_13132795.jpg
ルルちゃんが天に召されて・・・今月八日に四十九日を終えて・・・

もうルルちゃんは自由になってどこにでも一緒に来られるのだから
ルルママ、久しぶりにどこかへ行きましょうよ、と。
そうしたらルルママが、海を見たいな、と。
それで、今回は紀伊半島、鳥羽の海辺のホテルにお泊りしてきました。

新幹線で名古屋まで、それから近鉄線に乗り換えて
「天むす弁当」を食べながら鳥羽まで一時間半。
a0157174_1351115.jpg
一泊目に泊まったのは、タラサ志摩
a0157174_13464297.png
その名も「フレンドリースリー」という三人部屋です。
a0157174_1357936.jpg
もちろん、海一望。
a0157174_13575731.jpg
このホテルには、大浴場や温泉はないのですが
売り物は海水を使ったプールやジャグジーなどのタラソテラピー施設。
なので、チェックインをして、海の見えるティールームでひと息ついた後は
a0157174_14204630.jpg
ここもまた海一望のプールで、私はひたすら泳ぎ、ジャグジーを楽しみ、
ルルママ、フィー子ママはマッサージも受け、移動の疲れを癒して、

それから、お夕食。
a0157174_1485626.jpg
あとはとにかくお部屋でのーんびりとおしゃべりしたり、珍しいポケモンを取ったり037.gif

(初!ギャロップ)
a0157174_14435755.png


でも、メインイベントが翌早朝に控えているので、
この日は早めに就寝することにしました・・・ つづきます♪


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-17 14:59 | お泊まり | Comments(3)

帰ってきました

今日の午後1時の伊勢神宮 内宮。
a0157174_22193610.jpg
昨日の早朝とは全く違って、多くの人で溢れかえっていましたが、
その人々の気持ち、エネルギーを受け止めてなお
静かに凛とした存在感を放つ佇まいに
さらに感動して帰ってきました。
a0157174_22354277.jpg


ルルママ、フィー子ママと、また必ず来ましょうね!とお約束。
思い出深い旅でした012.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-15 22:22 | お泊まり | Comments(0)

早朝参拝に始まって

今朝6時半の伊勢神宮 内宮。

a0157174_16035230.jpg

澄み渡る厳かな空気を胸一杯吸い込んで、
ゆっくりとお参りさせていただきました。

このあと、宿に戻って朝食。

チェックアウトのあと、今度は外宮へ、
そしてまた内宮へと、
お伊勢さんに浸りっぱなしの一日でした。

やっぱり日本人ねー、私たち043.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-14 22:16 | お泊まり | Comments(0)

ママ旅じゃない旅へ

ルルママとフィー子ママと3人で
海辺のホテルに泊まっています。
a0157174_20214688.jpg
ルルちゃんを看取って四十九日が過ぎて、
魂の自由を得たルルちゃんが いつも必ずママのそばにいてくれるということで
何年ぶりかでやっと安心して東京を離れられることになったルルママ。

3人でいつものごとくワイワイ話しながら、
ふと、気づきました。

あら、私たち、
子供たちも犬も連れずに旅行するのって
初めてじゃない?? って043.gif
a0157174_20214602.jpg

いつものみんなで「初めて旅」。
幸いお天気にも恵まれて素敵な旅になりそうです012.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-10-13 20:29 | お泊まり | Comments(0)

私も知らなかった群馬の話

群馬旅行二日目の朝、窓の外は真っ白に靄って何も見えない上に、叩きつけるような雨の音。
でも、10時ごろには雨が上がるという予報を信じて、朝風呂に入ったりお食事したりしているうちに
a0157174_15421395.jpg
本当に見事な青空に変わってくれて・・・大感激でした。

それで、チェックアウトより少し早めに旅館を出て、前日に断念した「榛名山頂」で眺望をたっぷり楽しんで、
a0157174_15564611.jpg
また伊香保に戻り、石段街を少し散策して、おしゃれなカフェ「楽水楽山」でひと休み。
a0157174_18100166.jpg
お茶もスイーツもとても美味しかった~
a0157174_17275112.jpg
このカフェは「千明仁泉亭」という旅館のカフェなのですが、
このカフェのセンスからするとこの旅館もかなりいいのではないかと。
今回GWに七人三部屋ということで大型旅館が取りやすかろうと、
あまり他を検討せずに聞いたことのあった福一を予約したのですが、福一も悪くはなかったのですが、
大型旅館はやっぱり大型旅館。それほどの感動はなかったかな。
次回伊香保に泊まることがあったら、今度は「千明仁泉亭」に泊まってみたいな・・023.gif

それから少し石段街を散策して、
a0157174_17284497.png
次はお昼をいただくべく、おうどんで有名な水沢に向かったのですが・・・びっくり
水沢に近づくにつれて車の交通量がどんどん増えて、両側にうどん屋の立ち並ぶ「うどんストリート」は大渋滞!
a0157174_17415214.jpg
知らなかった~、これほどの人気観光地とは005.gif

まずは「水沢観音」の脇になんとか車を停めて、ちょっと参拝してから
a0157174_17451507.jpg
a0157174_17460092.jpg
また車に戻ってうどんストリートをノロノロ走りながら停められるお店を探して、
やっと念願のおうどんにありつきました。
これも、事前にもっと調べておけばよかったかな・・と反省。
予想外の大混雑に慌てて入れるところに飛び込んだので、楽しみにしていたゴマダレが無くて・・ちょっと残念でした。

そして、二晩目のお宿、老神温泉の「仙郷」へ。沼田のこの辺りは、れおと何度も来たことのあるエリアです043.gif
このお宿は全20室のお宿。個人旅行にはやはりこういうところの方が落ち着く気がします。
客室は少なくても敷地はとても広くて、川のせせらぎの聞こえる遊歩道の散策も気持ち良かった~
a0157174_18111154.jpg
でも遊歩道、川、となったらやっぱり、あのコがいればなぁ・・と思ってしまうのは
母のサガですね012.gif・・つづく。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-05-07 18:17 | お泊まり | Comments(0)

れおの知らない群馬の話

旅先からちょこちょこUPしていたとおり、GW後半は群馬に旅行していました。

今年の家族七人旅行、行き先選びの条件は、なるべく近場で、でも今まで行ったことのない所。
さらに、三日に授業のある次女が夕方追いかけてきやすい所。ということで、
一泊目は伊香保温泉に泊まることにしました。

母にとっては車が一番楽なのですが、GWの渋滞を考えて新幹線で高崎まで。
そこで7人乗りの「ヴェルファイア」という車を借りたのですが、この車が広々快適で大正解043.gif
母も、上下する足置きを試したりしてとても喜んでくれました。

初日はどんより曇り空だったのですが、景色はダメ元で榛名湖へ。
やはり真っ白に靄って何も見えない中、湖畔のお店でお昼を食べて、
この日一番のお目当て、いろんな方のブログですごくお勧めされていた「榛名神社」に向かいました。

ここは本当にお勧め!確かなパワーを感じる素晴らしいところでした!
派手ではないけれど時の重みを感じさせる荘厳な山門。
a0157174_16290880.jpg
その奥に、意外なほど深くて美しい山が広がっています。
そこから清流に沿って
a0157174_18062505.jpg
長く長く続く参道の先に
a0157174_17543014.jpg
大きな岩に抱かれるような本殿への門が現れます。
a0157174_18090065.jpg
a0157174_18100014.jpg
訪ねてみて本当に良かった、確かに力をいただいた気がします012.gif
ワン連れもいましたよ。今度はれおも連れて来てあげたいな~

心静かに参拝のあとは、一路、伊香保温泉へと向かいました。
宿泊したのは「福一」 大型ホテルです。

次女は、今話題のバスタ新宿を16時発の「上州湯けむり号」に乗って
予定通り18時半に伊香保温泉石段下に到着。無事に合流できて、
みんな揃ってお夕食をいただくことができました003.gif
a0157174_18230485.jpg
この日はお天気が今一つでしたが、夜に降り始めた大雨が翌朝には上がるという予報を信じて
それぞれ温泉を楽しんだ後、ぐっすり眠ったのでした・・ つづく♪


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-05-06 18:31 | お泊まり | Comments(0)

青空の榛名富士

ニンゲンだけの旅行のときは、ワン連れのときほどお天気に左右されないとはいえ、
やはり抜けるような青空というのは本当に気持ち良くて心が弾むものですね。
昨日は辺り一面、真っ白に靄っていたので乗らなかったロープウェイに今日みんなで乗ってみました。
a0157174_16413995.jpg
富士は富士でも榛名富士です。
a0157174_16413937.jpg
残念ながら本家の富士山は雲で見えなかったけれど、
ぐるりと開けた美しい眺望をたっぷり楽しむことができました。
a0157174_16413917.jpg
あー今度はれおを連れてきてあげたいなぁ…
そして、次のれおとの旅行もぜひこんな青空であってほしいと
心から願うばかりです012.gif

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-05-04 17:30 | お泊まり | Comments(0)

ディスカバージャパン 今年も来られました

姉夫婦の帰国中の、毎年一度の家族7人旅行、
今年は群馬県に来ています。
a0157174_22233883.jpg
年々、またみんなで旅に来られた喜びは増すばかり。
a0157174_22233846.jpg
心配されたお天気もなんとか大丈夫そうなので、
今年もまた姉夫婦にしっかりと日本の楽しさ美しさを
目と心に焼き付けて帰ってもらおうと思っています。
a0157174_22233802.jpg
お留守番の末っ子ちゃんは今回もまたがるちゃんのおうちにお泊り。
a0157174_22235850.jpg
快く引き受けて下さったみぽこさんのおかげで何の心配も無く旅を続けています。
いつもいつも本当に、感謝です012.gif

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

by mamimi-loves-leo | 2016-05-03 22:24 | お泊まり | Comments(0)