ナノバブル初体験

さて。 日常に戻っての話。
れおを、シャンプートリミング・そしてナノバブルに初めて連れて行ってみた。
ここ3回ぐらいおうちシャンプーで、お手入れも上手にできないまま。
お耳は毛がボーボー、そして・・・首のまわりに硬い毛玉がいくつか・・・015.gif

どげんかせんといかん、と思っていたら、
まろんさんが荻窪の「ケンチェリー」さんを教えて下さった。
シェルティーのことを良くわかっていらっしゃるところでトリミングしてもらいたい、という
かねてからの願いも叶うし、ナノバブルも興味津々・・・早速予約した。

「あーあー、こんなに毛玉だらけにしちゃって~」とかって言われたらどうしよう・・・と
ビビりながら連れていったのだけど、とても優しい方たちで救われました042.gif
「毛量が多いですものね、慣れてないとできませんよね。」
「おうちではれおちゃんもじっとしてないでしょう?他人の手の方がやりやすいのよ。」
「ご心配なく。そのために私たちがいるんですから。」
ありがとうございます。。。

流れとしては、ブラッシング→一度洗い→ナノバブル→仕上げ洗い→ドライ&トリミングらしく、
ずっと見てもいたかったのだけど、途中で一つ予定が挟まっていたので
最初の40分ぐらい見てからおまかせして、2時間後に戻ることにした。

そうしたらなんと、最初の40分間、ずーっとブラッシング。しかも二人掛かりで。
a0157174_15134919.jpg
                 こんにちはー。なにして遊ぶの?

a0157174_15163987.jpg
                        ・・・え?       あのー・・・
a0157174_1520319.jpg

a0157174_152506.jpg

a0157174_15261292.jpg

トリマーさんの手が写らないぐらいに速く
とかし続ける。
首から胸にかけては、おそらくチョークカラーで
擦れたと思われる強力な塊りが・・・そうなんです・・・あまりに毛深くて最近知りました007.gif
a0157174_15341215.jpg

「今日徹底的にしておけば、
 後はやりやすいですからねー。」
毛束を一センチぐらいずつすくっては
根元を押さえて手のひらを添えて
何回も何回も梳かす。それの繰り返し。
a0157174_1539421.jpg


気付くとお二人とも途中でマスクを着用。
どれだけ死毛をつけていたのかしらー!
申し訳ないー。
それにしてもれおったら、
ボクはブラッシング嫌いでもないです、みたいな
涼しい顔で身を任せている。
家では30秒で逃げようとするのにー。

まだまだブラッシングの道半ばで、残念ながら退席した。次は全部見たいー。

開始から2時間半、終わりましたのご連絡で迎えに行くと・・・そこにはすっきり軽やかなれおが!

a0157174_15481139.jpg


BEFORE


a0157174_1551641.jpg







                 AFTER






懸案の耳はこんな感じ。              
a0157174_1671187.jpg耳本体から生えている毛も揃えられていますね。
ふむふむ。
a0157174_169184.jpg











すすすごい。体重を量りたいぐらいの見た目ボリュームダウン。さらさらストレートヘア。
シャンプーの匂いは全く残っていなくて、自然な仕上がりながら、
掴んでもスルッと逃げてしまいそうなサラサラぶり。風になびく柔らかいくび毛。
ナノバブルでノミが一匹だけ、浮かんできたそうです。
連れていく前に、体を掻いていたのでもしや、とは思っていました。
フロントラインのおかげで体についてもノミは死ぬそうですが、とれて良かった。
れおも絶対気持ち良いだろうし、手触りもさらっとして地肌にも良かったとしみじみ思う。

またしばらくしたら連れて行こう。それまでは見よう見まね、頑張って維持していきます058.gif





にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

# by mamimi-loves-leo | 2010-08-01 16:37 | れお | Comments(6)

「別邸 回」の朝ご飯

那須に行ったのはもうずいぶん昔の気がする・・・

「回」の朝ごはんはもちろん部屋食。8時半にお願いをした。
リビングでいただくので、お布団を早くに上げに来る心配がないので気が楽だ。
昨日と同じ部屋係の彼女が来たのは、8時25分ごろ。
明るくにこやかに入ってきて、笑顔で挨拶を交わす間にさりげなく素早く
テーブルを拭きクロスを広げた。本当に気持ちの良いテンポ。

お豆腐のサラダ。甘ーいみかん。          ご飯のお伴たち。とろろが嬉しい。
a0157174_21332615.jpga0157174_21361878.jpg









a0157174_21381662.jpga0157174_21392920.jpg
たまごは、
出し巻きか温泉卵。
夕食の後で効かれる。
私的には究極の選択・・・



a0157174_21453534.jpg

出し巻きにしました(^^)v

    卵豆腐の飛竜頭みたいなもの。
    ここのお出しは本当に美味しい♪
a0157174_2148244.jpg





ジュースか牛乳。
食後はチョコレートパウンドケーキ。
そしてコーヒーか紅茶。

夕食のときに友人とチェックアウト後の相談をしていたら
朝食のときに路線バスの時刻表とタクシー料金の目安表を持ってきてくれた。
チェックアウトして記念写真撮って、ちょうどのころ合いにタクシーを呼んでくれる。
たくさんのお気使いをどうもありがとう043.gif

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

# by mamimi-loves-leo | 2010-07-31 22:00 | お泊まり | Comments(0)

「別邸 回」の夕ご飯 

回でのお食事はお部屋でいただける。
(ただし5名で宿泊したときはお部屋食ではなくなるらしい)
私たちは6時半開始でお願いした。

お部屋食の場合、当然ながら部屋に仲居さんが出たり入ったりし続けるし
旅館によっては約束よりずっと早く一部のセットだけしにきてそのままだったり
あるいは自分たちで部屋も片付けてスタンバってるのになかなか誰も来なかったり
「これだったら約束の時間に自分でさくっと食事処に行った方が気が楽」と思うこともある。

ところが、ここは全く違った。部屋食ばんざい。
6時27分ごろ、部屋付きの明るくて可愛い係りの女性が外から声をかけてきて
「どうぞ」とお返事すると、すみやかにさりげなくお食事が始まった。
a0157174_15104233.jpg
最初のセッティングがこれだけなのも、スマートに食事が始められた理由かもしれない。
あれが並びこれが並び、と、期待は高まるものの
会話も途切れがちにセットが終わるのを待つのもときとして野暮ったくもある。

今回は彼女が入ってきて笑顔で二言三言、
あ、と気付くとまずお一つどうぞ、みたいにさりげなく小鉢が用意されていた。
いただきます、美味しそ~、と自然に始まる。  
温泉で骨が抜けてる私には有難い始まり。
                             
そして小鉢の中は・・・
先附 湯葉と生海苔の和え物 天豆 山葵
a0157174_15411713.jpg
これが美味しかった~。 わ、後が楽しみ!と思うぐらい。
下の透明のジュレが塩味のしっかりしたお出しで、生海苔や湯葉に程良くからんで強すぎない。
ぽちっとの山葵もちょうど。そらまめの甘さも引き立ちます。

前菜 黒豆 新順才の酢物
a0157174_16649.jpg
もろ胡瓜 田舎味噌 茗荷寿司 鮎の一夜干し 三元豚の干し肉 南瓜香り焼
a0157174_166534.jpg
ああ、日本料理の醍醐味、
いろんなものをちょびっとずつ。
黒豆はふっくらと甘く柔らかく。
一つ一つの味が全然似通っていなくて、次から次から楽しく美味しい。
南瓜の香り焼はなんとシナモン風味。
お~、そういう香りでしたか、と嬉しい意外性。
素材がわかるシンプル仕立てでありながら全部が当たり前でない嬉しさ。
工夫は気配りの賜物。

造り 牛刺 旬の鮮魚 アロエ
a0157174_20381960.png
これにはお醤油の小皿が二つ付いてくる。牛用とお魚用。
牛はA5ランクの那須牛。美味しい!
正直者の中学生たちは「お肉だ!美味しいお肉だ!」とシンプルに感動して
目を丸くする037.gif

煮物 加茂茄子 鶏 青味
a0157174_16402792.jpg
この私の写真で見ても美味しそうだとわかる!
お出しの加減がちょうど良いの。
鶏の出しで野菜が美味しくて野菜の出しで鶏が美味しい。
じゅるっと飲み干しちゃうお出し。

焼き物 岩魚の塩焼き 枝豆 レモン
a0157174_16495226.jpg
なんとかっていう、とても水のきれいなところの岩魚で、
川魚の臭みがない、と説明を受けた。本当だった! 
a0157174_16533814.jpg
私正直、今まで川魚を美味しい~っと思って食べたことなかったのですが
これは美味しかった。肉厚で身がたっぷり。

酢物 蒸し鮑とフルーツトマトの酢物 アスパラ
a0157174_1734155.jpg
酢が強すぎない。だから、鮑がちゃんと鮑の味。
フルーツトマトが甘いのは当たり前なので、甘くて美味しかった、とは言いたくないけど
・・・甘くて美味しかった~。

ここで初めて大掛かりなコンロが運ばれてきて、

鍋料理 那須黒毛和牛豆乳しゃぶしゃぶ  法蓮草 白美人 木の子
a0157174_17154651.jpg
a0157174_1727241.jpg
このところのリノベーション旅館では豆乳しゃぶしゃぶは
ブームというよりもはや定番。 またか、と思う方も多いでしょう。
私も、初めて食べたとは言いません。

でも、牛刺を食べたあたりからとてもとても楽しみになっていたのです。
あのお肉をたっぷり食べたいな~、さっとしゃぶしゃぶしてどんどん食べたい~
美味しいお肉はいろいろしてくれなくていい、生のままどっさり持ってきて欲しい~
a0157174_17352730.jpg
これは二人前。なのでテーブルの上にはこれが二つ。
写真よりお肉はもっとたっぷり感。
これをポン酢(ポンきつめ)にちょっとつけてパクパク食べる。
美味しい~ 牛肉って美味しい~
ポンきつめがアクセントになって止まらない。
白美人(長ネギ)も柔らかくて中はとろとろに溶けててやけどしそう。

たくさん食べたけど、まだ食べられるなー、こういうお肉なら。と思っていたら
なんとおかわりができるって・・・知らなかった・・・041.gif
a0157174_17482935.jpg
最初と同じ量、運ばれてくる。子どもたちはもちろん大喜び。
ここまででかなりたくさん食べたのに私たちも食べられちゃう。何故だろう?

それは。ここは特筆すべき、
声を大にして言いたいこと。


ここのお料理の出し方はテンポがいい。最高。
この旅館の対応すべてに言えることだけど
なんでこんなに心地よいのか、疲れないのか、その理由の一つはテンポ。
せかされない、ほっとかれない。
到着からチェックイン、部屋へ案内、ここから流れはあった。
食事の準備もしかり。
始まってからの流れ、飲み物の勧め方も、お皿が運ばれるのも、
全部「あちらの都合」ではなくて私たちのテンポで進められている。と感じる。
だから、待っている間に変にお腹いっぱいになることなく、次々と楽しく食べられる。

またちょうど良いころ合いで
牛蒡飯 留椀 香の物
a0157174_20482787.png
「少し軽めによそいますから、お肉たくさん召し上がってください」
と言っていただいたけれど、この牛蒡ご飯も美味しくてなんの問題もなく入っていった。
家で真似しよう~、このご飯。

そしてデザート 特製柚子プリン
a0157174_18153938.jpg
 このシンプルな姿が可憐で嬉しかった。 
ここでゴージャス盛り合わせはいらない。
シンプルなプリンの上に柚子のシロップ。柚子味が美味しいの。とても。

そしてさりげなく・・・
a0157174_18231479.jpg
お夜食が置かれる。可愛いお握り・・・
無理だ無理だと言いながら、夜が更けるにつれて、
一つ、また一つと消えていった・・・

旅館御飯の好みはいろいろだから、普通の番付にしたらどのぐらいの評価なのかは分からない。
正統派の旅館のお食事が好みの方は違うと思うでしょう。ここは懐石料理旅館じゃないから。
私は満足。美味しかった~ 次がどんどん楽しみだった。
凝りすぎてなんだかわからないものはなく、当たり前すぎて新鮮味がないものもない。

ただ、改めていろんな旅行ブログを見てみると同じお料理の写真が多い・・・
リピートしたらどうなるのかしら。またこの感動ができるのかしら。
それが知りたくて、でももう一度食べたい味も多くて
ぜひもう一度行きたいわ、と友人とも話している。
もう一度行きたい!と思う宿。いいところを選んで正解!と満足している003.gif



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

# by mamimi-loves-leo | 2010-07-30 18:46 | お泊まり | Comments(4)

那須山水閣 「別邸 回」

「贅沢な一泊」用にと選んだのは 那須高原の宿 山水閣・別邸 回
旅館MOOKや旅行ブログではお馴染みの旅館。
那須といえば、昨今の一番人気「二期倶楽部」というこれまた憧れの宿があるのですが
できれば4人で一つのお部屋希望とか、あるいはお値段とかお値段とか042.gif諸事情により
わりと早期にあっさり諦めて、そのほかにもいくつか気になるお宿はあったのですが、
例によって「一休」を眺めていて見つけたのが、やはりずっと気になっていたお宿である
「別邸 回」の「平日限定プラン3名以上」
90㎡以上あるお部屋が、小さい方のお部屋価格で泊まれるちょっとお得プラン。
友人に話してみたら、すぐに同意してくれた。こういうことはチャンスだからぜひ、と。

那須に着いたらがっかりするような暑さ。
ちょっと寄り道したけど、早々に切り上げてタクシーで向かった。
木々が茂る林の中に入り、本館の手前を右に折れて別邸へ。

玄関(ボケボケ、、)  と、それに続くウッドテラス
a0157174_12262454.jpg
a0157174_12271093.jpg
さすがに木立の中は高原らしい空気、風。 あー那須はこうでなくちゃ、と少しホッとする。
まずラウンジでお菓子と飲み物をいただきつつチェックイン
a0157174_12371964.jpg
古いものと新しいものがおもしろく混ざりあってユニークな、でも落ち着いたインテリアです。
TAXI運転手さん情報では、
「那須で5本の指に入る老舗。お湯は最高。
 今の社長の代になって、古いだけじゃなく手を入れたり、別邸を作ったり
 これが良くて大人気ですよ。」

通されたお部屋は、リビングルーム(お食事はここ)と
a0157174_1325917.jpg
ツインベッドルーム(写真失敗・・)、  さらに和室
a0157174_137147.jpg
冷蔵庫には、小さいビールやコーラ、ジュース。フリーです。
a0157174_14196100.jpg
さらにたっぷりの温かいソフトドリンクセット。
籠の中は、挽いたコーヒー粉など。
でも伝えたいのは何と言ってもお風呂!
a0157174_1311344.jpg
あー、伝わらない・・008.gif
 HPの写真を見てもらうしかないかしら・・
a0157174_13191735.jpg
左の細くなっている部分は浅くて
奥の方を頭にしてゆっくりと寝湯ができるのです。
この細い部分だけで160㎝の私がゆっくり寝られる長さ。
そしてもちろんコンコンと掛け流し。大きな湯船がいつもなみなみ。
真夏のせいか湯温は熱めですが
手前にある水の蛇口を全開にすると壁沿いのふちを伝って一番奥まで冷水が届き
あっという間に適温に!

本館にあるお風呂にももちろん入れます。
一度別邸玄関の外に出て本館の脇の入り口から入ります。
a0157174_14475021.jpg
本館ロビーにも、古さを逆手に取ったレトロな楽しい飾りが。
a0157174_14543534.jpg
これはちゃんと使える公衆電話。
a0157174_150249.jpg
本館には、大浴場と二つの貸切風呂。
貸切は予約ではなくて、空きの標識を裏返して入浴中にして入ります。(鍵もかかる)
a0157174_13321130.jpg
これは広い方。
脱衣所とガラス戸で仕切られた外に二つの浴槽。
左が熱め、右がぬるめ。(たまたまなのか? でも二日ともそうでした)

どうです、この広さ。片方に大人二人、足を延ばせます。
a0157174_13373245.jpg
脱衣所もきれいでゆったり。落ち着いて入れます。

こちらが小さい方。ガラス戸の手前に内湯、向こうに露天風呂。
a0157174_13411277.jpg
小さい方と言っても浴槽は深くてゆったり。大人二人ずつ、ゆっくり浸かれます。

暗く見えるのは木々が茂っているから。
浴槽から見上げればこの空、この緑!
a0157174_13483243.jpg
本館の部屋にもそれぞれ良いお風呂が付いているためか
貸切風呂は、大体いつでも入れました。

ふさがっていても、
廊下の奥のソファーや、近くの湯あがりラウンジに座って楽しく待てます。
a0157174_1435918.jpg
このラウンジには、ホットコーヒー、
冷たいお水とお茶、そして冷たい柚子酒(美味しい♪)が置いてあって
お風呂の合間合間に水分補給+クールダウン。

どのお風呂とも廊下越しに向かい合わせで近いので
出たり入ったりと半永久的にこのエリアにいられる気持ち・・・
a0157174_14364972.jpg
クラシックな建物にポップな色の、
でも派手すぎない座り心地の良いソファがたくさん。
静かに流れるクラシック音楽。ちょうど良い快適室温。くつろげます~045.gif

お湯は無色透明ですが濃いのがよくわかります。
どのお風呂場も清潔で換気も良いのでのぼせたり湯あたりせずに
ゆっくりと楽しめます。 効く効く~、沁みこむ~、という感じ。

ホスピタリティーもとても心地よくて、不思議な別世界感が骨休めにぴったり。
あとはお食事を待つばかり~

そして、お食事はほんとに私には大満足。ニコニコ顔が戻るヒマがないほどニコニコ。
思わず写真をたくさん撮ったので、明日頑張ってUPします。
あ~、伝わるといいんだけど~~012.gif


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

# by mamimi-loves-leo | 2010-07-29 15:14 | お泊まり | Comments(6)

もしもれおと行くのなら

那須から帰ってきました。

今回は私同様に旅行好きな友人母子との4人旅。
母も子も楽しい「中学最後の夏休み」エンジョイ旅行にしようと、
どこに泊まってどこをどう回ろうかと何カ月も前から相談し計画してきた。

そして一泊目は「×4では高すぎるけど(お互い4人家族)、×2なら・・・」と思う
憧れの旅館に泊まり
二泊目は家族連れウェルカムなリーズナブルホテル、ということにした。
そして私が「れおと行くための下見」と言ったのはこの二泊目のホテルのこと。

泊まったのは ホテルハーベスト那須
先日夫が両親と泊まった「箱根翡翠」と同じく、
東急の会員制リゾート「ハーベストクラブ」の施設で、一般客用にホテルとして出している部屋だ。
先週れおと行った「那須東急リゾート」も同じく東急系で、パンフレットには
那須ハーベストにもドッグラン併設のペット同伴用棟があると書いてあったこともあって
今回行ったらそのあたりをしっかり見てきて次回の参考にしようと思っていた。
(ちなみに翡翠にもペット可の部屋があるが、那須も翡翠もペットルームは会員用の部屋。
  でも見てきてすごく良かったら、どこかに伝手を探して泊まりたいと思っていた)

私の思う「良い」は、あくまでもやんちゃシェルティーれおにとって、ということで、
一般論ではありませんので悪しからず。


那須~のキャプションには「御用邸の森に隣接した森に~」とあったので、
イメージとして深い森の中にあるのかな、と想像していました。
確かに深ーい御用邸の森は隣で、ちょうど私たちと同じ日に天皇皇后がいらっしゃるということで
那須塩原駅は報道カメラマンがいっぱい、ホテルの周りの辻辻に警官が立っていた。
が、ハーベスト自体は森の中ではない。切り開いちゃったのね。
a0157174_21241266.jpg
奥の方には深い森が見えますが、ハーベストの敷地内は芝生が中心。
a0157174_21275065.jpg
コテージも数棟あるけれど、このように芝生の中。
もちろんきれいに整えてあってきれいだけれど、きちんとしてとても・・・人工的。
ということは、れおと自由に遊べる雰囲気はありません025.gif
a0157174_21355672.jpg
ここがペット同伴棟。生垣の中がドッグラン。
会員権を持っていらしてセカンドハウスとして
しょっちゅうここにいらっしゃる方たちにはとてもすてきな施設だと思います043.gif
a0157174_21405676.jpg
このときも大型犬が3頭で楽しそうに慣れた感じに遊んでいました。
那須での日常の暮らしなのでしょう。

でも・・・
れおを連れてくるとしたらそれはうちにとって超非日常の大イベント。
こういうきちんとした高級テラスハウスで、きれいな芝生の囲われたスペースで遊ぶんじゃ
わざわざ思いきって来る意味があまりじゅうぶんではない・・・と039.gif

そして、想像よりずっとここは暑い。
朝晩も、涼しい~、とはならない。エアコンがなくては無理。
炎天下、れおを芝生で遊ばせるのは無理。

もちろんホテルとしては、リーズナブルなのにお部屋は清潔だしご飯は美味しいし
室内プールもあるし温泉大浴場もあるし、小さい子のいる家族連れにはもってこい♪
うちの子たちも小さくはないけど、じゅうぶん満足してリラックスして過ごせました。
ただ、あくまでもれお目線で考えたら、ここは違うな、と思った、ということ。

順序が逆になったけど、一泊目の憧れ旅館は値段以上の大満足016.gif
明日はれお目線ではない、旅行大好きお泊り大好きな私の感想を・・・
a0157174_22152193.jpg
                   寂しくなんかなかったよー。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村   060.gif1歳を記念してランキングに参加しました。クリックしてくださいませ~060.gif
                 

# by mamimi-loves-leo | 2010-07-28 22:20 | お泊まり | Comments(8)