学生時代の思い出があるようなないような

私の通っていた音楽学校のある駅は、当時は各駅停車しか止まらなくて
畑もあれば空き地もたくさん、大したものの何もない所だったのですが
今や大きなスーパーやホームセンターもあれば
おしゃれなお店や美味しいもの屋さんのたくさんある
とてもとても便利で楽しい街になっている、ということは
当時のクラスメートの誘いでここ数年の間に何回か
その街に飲み食いしに行ったことから知ってはいたのですが

その何回かがいつも夜で暗かったから全貌がわからない、
一度明るいときに見てみたい~と言ったら、
音大の先生になって超多忙なクラスメートが
「春休み中なら昼間も付き合えるわよ。」と、
街&母校新校舎見学ツアー付きランチ会を企画してくれたので
今日、春の嵐一過の暖かい青空の下、街と校舎をゆっくりじっくり見て回ってきました。

すごいすごい、もう少し近かったら何度か通いたいぐらいおしゃれで楽しい街!

「こんな大きなおしゃれスーパーが!ここ、あの頃は何があった~?」
「しょぼいスーパーと大きい駐車場的空き地よ。」

「ここは?このコンクリ打ちっぱなしモダンエリアの一角には何があったっけ?」
「畑。」

あー、いいなー、今の学生。
あの頃こんなに素敵なお店がたくさんあれば楽しかったのにねー、と言ったら

「まみみ、そうだったら全然練習しないで遊んでたかもよ?」って。確かに。

ランチは友人が予約しておいてくれた
小ぢんまりしたとても可愛いフレンチレストランでいただきました。
a0157174_21165908.jpg
ああ~、学校のすぐそばで美味しいフレンチとは。
そもそも、あの街に
「一休レストラン」で予約できるお店が何軒もあるなんて。

まさに隔世の感。
昭和は遠くなりにけり、かな。

それでもいくつか当時のままのお店や建物もあったりして、
タイムスリップしたようなしないような、
懐かしいような懐かしくないような、それでもやっぱり懐かしい一日でした。

忙しい中、楽しいひとときをアレンジしてくれて付き合ってくれた級友たちに
心から感謝です 012.gif





by mamimi-loves-leo | 2018-03-01 21:32 | お出かけ | Comments(0)