お湯もお寺も・@別所温泉

別所温泉が「信州の鎌倉」と言われる所以たる、神社仏閣のことをちょっと。

私たちのお宿の裏隣りにあった「北向観音」は、すぐ近くに源泉があるので
お手水も温泉です。
a0157174_19563431.jpg
この日は晴れていたけれど、山の中らしく風は冷たかったので
柄杓ですくってまず左手にかけた水が本当に温かかったのにはホッ・・と。癒された~

そしてこれが、私たちの煩悩を朝の5時に消してくださった鐘。
a0157174_20013028.jpg
そして鐘撞堂の隣にあるのが「愛染かつら」
a0157174_20161288.jpg
作家の川口松太郎氏が、我々の泊った「かしわや」さんに泊まってこの木を見ながら
小説「愛染かつら」を執筆なさったそうですが・・
ウィキペディアによると「1937年から1938年まで雑誌『夫人倶楽部』に掲載された」とのこと、
何度か映画化もされた名作のようですが、
私の年代でギリギリ名前を聞いたことあるぐらい?さすがの私も内容は知りません(^^ゞ

この「北向観音」の本坊である常楽寺。
a0157174_20415355.jpg

境内の、北向観音様が出現したとされる場所にある「石造多宝塔」は国重要文化財。
HPからお借りしました)
a0157174_21153045.jpg

そして、長野県に五つしかない国宝建造物の一つ、
信州最古の禅寺、安楽寺の「八角三重塔」。
山の中にあるので、階段を登りながら木々の中にその姿が見えてくるとやはり感動的です。
a0157174_20324917.jpg
鎌倉末期に建立された、最古の禅宗様建築だそうです。


a0157174_20373176.jpg
安楽寺はお寺なので、三重塔も墓地の中に立っていて、
a0157174_20522632.jpg
そうですよね、ほんとに火気厳禁。
「お墓参りが終わったらお線香を消すこと!」という注意書きが何か所かにありました。

温泉地としても湯量が豊富で惜しみなくかけ流しを楽しめるし、
観光地としても清々しい山の中に国宝・重文クラスの寺社やお像などを拝観できるし、
別所温泉はちょっと骨休みにやってくるのにぴったりの落ち着いた良い所でした 045.gif

秋の紅葉のころが一番お勧めなのですって。その頃ぜひ、再訪したいわ~ 012.gif






by mamimi-loves-leo | 2018-05-07 21:37 | お泊まり | Comments(0)