きっと厄落とし・・肝臓が泣き所

実はれお、13歳になって早々に体調を崩しておりました・・

先週金曜日の夜10時に、その日の夕食をマルッと嘔吐。
嘔吐はそれ一度だけでお腹の調子は悪くなかったのに
翌日は義父の四十九日だったのですが、その朝、いつも通りにお散歩はしたのに
きっと厄落とし・・肝臓が泣き所_a0157174_18411920.jpg
帰宅後、超~久方ぶりに、食欲が無くって・・あわわ。
急きょその日の夕方に病院の予約を入れて法事に行ったのでした。

半日留守番させて法事から戻ったら、朝よりはずっと元気そうでしたが、
血液検査の結果、やはり思った通り、肝臓の数値が全部高くって、
なかでも ALT/GPT はれお史上最大値!
それに伴ってリパーゼやCRPも上がっていました。

すぐにエコーで肝臓、胆のう、十二指腸、膵臓辺りを念入りに診ていただいて、
何かができていたり、胆泥が詰まってたり酷い炎症が起きている所見もないので
胆のうの中を移動している胆泥が一時的に出口を塞いだのでは、ということで
抗炎症剤の注射と、電解質等の皮下点滴をしていただいて帰ってきました。

その後は変わりなく夕食も欲しがって、通常の三分の一ほどをあげたら平らげたので
安心して旅行ブログの最終回を書いて寝ました。

翌朝、れおはいつも通りに温かい飲み物を飲んで散歩に出たのですが
ワンブロック歩いたところで悪くない作品を提出して、そのままくるっと踵を返して帰宅。
やっぱり本調子なわけないわよね、ゆっくり様子を観ましょう、と思い、
ごはんも半量にしたらそれは完食。

ところがそれから1時間ほど経ったら、
私のところへ走ってきてキュンキュンワンワンと何かを訴え続けて
最初はいつものおねだりかと思って薄く切ったスイカを差し出しても見向きもせず
ひたすらうろたえたようにキュンキュンワンワン言い続け。
これは変だ!と私も娘たちも青ざめて、すぐに病院に電話をして連れて行きました。

日曜だったのでいつもの主治医ではなかったのですが、優しい女医さんが診て下さって
熱はないし、昨日の今日なので、お腹が空いたようで食べてみたら痛くなっちゃったのかしらね、
また抗炎症剤の注射と皮下点滴と、痛み止めも打っておきますね、と。
30分ほどで効いてきて、もしかしたら昏々と寝ちゃうかもしれないけれど、
それはお薬のせいなので心配せずにね、と。

病院へは徒歩3分ですがこの日はさすがにカートに乗せてで、
れおとの楽しいお出かけの幅を広げようと思って買ったカートなのに
すぐにこんなことに使うなんて・・と悲し~い気持ち・・

帰宅後も少しキュンキュン言っていましたが、小一時間で落ち着いて、
それからは静かにお気に入りの場所で寝たり起きたり。
良かった、お薬が効いてきた、と心からホッとしました。
きっと厄落とし・・肝臓が泣き所_a0157174_18463039.jpg
北側のトイレの冷たいタイルの上が大好きなの(^-^;


翌月曜朝は少し食欲が戻り、少しだけ食べさせて、また病院に連れて行き、
再度血液検査をしたら、先生も驚くほど「下がっていますね!」と。
まだ正常値ではないものの、二日前からはぐーっと下がっていて、
ダメ押しに抗炎症剤と、もう一度皮下点滴を入れていただきました。
急性でグッと上がったものは、早く手当てしてグッと下がればそれで元通りですよ、
と嬉しい言葉をかけていただいて涙が出そうでした。

その後、昨日、今日と目に見えての回復で、昨夜からはワンワンごはん催促で、
ちょっと私が何か食べてたら調べに来る「ちょうだいれお」完全復活。
きっと厄落とし・・肝臓が泣き所_a0157174_18433982.jpg
今日は幼馴染みのサルコーちゃんのお宅にお呼ばれで、
曇って涼しいので1キロぐらいの道をれおとゆっくり歩いて行って、
いつものご近所仲良し3ワン揃ってワンワンおねだりする声を聞きながらランチをいただいて

揃って13歳になれたなんて本当に幸せなことですね、
これからは元気に居てくれるだけでご褒美ものですね、と。

13歳最初に厄落とししたと思って、
これからもちょっとおかしかったらすぐに病院に行こう!と肝に銘じて
今回の顛末を記録しておきます。

今のれおは完全に元通り。元気いっぱい。
きっと厄落とし・・肝臓が泣き所_a0157174_19435996.jpg
神様ありがとうございます。心から心から感謝です。


by mamimi-loves-leo | 2022-06-22 19:48 | れお・体のこと | Comments(0)